井上哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
井上哲也
いのうえ てつや
生年月日 (1957-01-30) 1957年1月30日(61歳)
出身校 和歌山大学経済学部
前職 吹田市議会議員
大阪府議会議員
大阪府吹田市長
所属政党日本社会党→)
自由民主党→)
大阪維新の会→)
無所属
称号 経済学士
公式サイト 井上哲也 公式ホームページ

当選回数 1回
在任期間 2011年6月 - 2015年5月13日

選挙区 吹田市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2003年 - 2011年

Flag of Suita, Osaka.svg 吹田市議会議員
当選回数 4回
在任期間 1983年 - 1999年
テンプレートを表示

井上 哲也(いのうえ てつや、1957年 - )は、日本政治家大阪府吹田市長(第19代)、大阪維新の会顧問、大阪府議会議員(2期)、吹田市議会議長(第51代)、吹田市議会議員(4期)等を務めた。

来歴[編集]

1980年和歌山大学経済学部卒業。1983年、当時最年少で吹田市議会議員選挙に日本社会党から出馬し、初当選。以後4期務め、1996年には史上最年少で吹田市議会議長に就任。

2003年大阪府議会議員選挙に出馬し、当選。2007年の府議選でも再選を果たす。2010年橋下徹大阪府知事が結成した地域政党大阪維新の会」の結党に参加。なお、大阪維新の会に加わるまでは自由民主党に所属していた。

2011年吹田市長選挙に大阪維新の会公認で出馬。橋下知事に批判的であった現職の阪口善雄市長を破り、初当選。

2012年10月30日、大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長により大阪維新の会の顧問を解任され、10月31日に大阪維新の会を離党[1]

2015年、吹田市長選挙に無所属で出馬するも後藤圭二に敗れ落選。

人物[編集]

不祥事[編集]

  • 2011年5月、大阪府議時代に吹田市内の伊射奈岐神社に10万円を寄付、井上市長の名前入りの石碑が参道に設置されていた問題が発覚。井上はこれを受け寄付金の返還、石碑の撤去を神社側に要請した[2]
  • 2011年9月、大阪府議時代に代表を務めていた政治団体「自民党大阪吹田市第1支部」が、平成21年11月に在日韓国人の男性が代表を務める法人から3万円の献金を受けていた問題が発覚した[3]
  • 2012年、吹田市が市庁舎の屋上に太陽光パネルを設置する事業を、井上の後援会役員が社長を務める企業に約2,250万円で発注、随意契約を結んでいた事実が発覚した[4]。井上は、随意契約を行った企業が自身の後援企業だったことについて「まったく気付かなかった。職員への指示も一切ない」と釈明し陳謝したが、橋下徹大阪維新の会代表により、同党顧問を解任された[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]