イベルメクチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イベルメクチン
Ivermectin skeletal.svg
臨床データ
Drugs.com monograph (antiparasitic)
専門家向け情報(英語)
FDA Professional Drug Information
(rosacea)
MedlinePlus a607069
胎児危険度分類
法的規制
投与方法 経口・外用
薬物動態データ
血漿タンパク結合93%
代謝Liver (CYP450)
半減期18 時間
排泄糞中 ; <1% 尿中
識別
ATCコード P02CF01 (WHO) QP54AA01 (WHO) QS02QA03 (WHO)
KEGG D00804
化学的データ
化学式C48H74O14(22,23-dihydroavermectin B1a
C47H72O14(22,23-dihydroavermectin B1b
分子量[計算不可]
テンプレートを表示

イベルメクチンINN: ivermectin、: 伊維菌素)は、マクロライドに分類される抗寄生虫薬である[1]放線菌が生成するアベルメクチンの化学誘導体[1]米メルク製造の商品名はストロメクトール、日本の販売はマルホが行う[2][3]静岡県伊東市内のゴルフ場近くで採取した土壌から、大村智により発見された放線菌ストレプトマイセス・アベルミティリスが産生する物質を元に、米製薬メルク(MSD)が開発した[4][5]。最初の用途は、フィラリアアカリア症を予防および治療するための動物用医薬品だった[6]。1987年にヒトへの使用が承認され[7]、現在ではアタマジラミ疥癬、河川盲明症(オンコセルカ症)、腸管糞線虫症鞭虫症回虫症リンパ系フィラリア症などの寄生虫の治療に使用されている[8][9][6][10]。標的とする寄生虫を殺すために多くのメカニズムで作用し[8]経口投与、または外部寄生虫のために皮膚に適用できる[8][11]

ウィリアム・キャンベル大村智は、その発見と応用で2015年ノーベル生理学・医学賞を受賞した[12]世界保健機関(WHO)の必須医薬品リストに、腸管用駆虫薬、抗フィラリア薬、外部寄生虫感染症の治療薬として掲載されており[13]、日本では2002年に腸管糞線虫症、2006年に疥癬内服薬として承認された[14][15]後発医薬品が入手可能である[16][17]

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行初期に、in vitro(試験管内で)の研究によりCOVID-19の予防や治療に役割を果たす可能性が示唆された[18][19]。しかしヒトを対象とした研究は現在進行中であり[20][21]、適切に計画・実施された臨床試験では有効性を示せていないため[22][23]世界保健機関(WHO)やアメリカ国立衛生研究所(NIH)、欧州医薬品庁(EMA)など世界の主要な保健機関は、研究環境下の臨床試験に限定して使用するように勧告している[24][25][26]

歴史[編集]

1974年、微生物学者大村智が率いる研究チームは、静岡県伊東市川奈の土壌サンプルを採取し、新しい生理活性物質の供給源として微生物の特性を評価した[12][5]大村らは当時未知であった放線菌ストレプトマイセス・アベルミティリスを土壌から分離・培養し、外観や培養特性が珍しいと思われる他の約50株と一緒にメルク社のウィリアム・キャンベルに送った[5][27]北里研究所の研究者である大村は、留学先で知り合ったメルク社との間で、研究資金の提供を受ける一方、有望な微生物を見つけて提供し、メルクが薬を開発し特許を保持する権利を認め、薬が実用化された場合は売上に対する特許使用料の支払いを受ける契約を結んでいた[28][29]

寄生虫学を専門とするキャンベルは、メルク社のチームを率いて大村の放線菌を種々の培養液で培養し、1975年、その放線菌が産生する物質がマウスに寄生した寄生性線虫Nematospiroides dubiusに対して非常に有効であることを発見した[4]。1979年、彼らは培養物から活性化合物を単離し、化合物がマウスから虫を取り除く能力(ラテン語でa「なく」、vermis「虫」)を持つことから、それらを「アベルメクチン(Avermectin)」および放線菌Streptomyces avermitilisと名づけ、1979年に報告した[5][30]キャンベルのグループは、さまざまなアベルメクチンのうち、「アベルメクチンB1」という化合物が経口摂取した場合に最も強力であることを発見した[5]。彼らはアベルメクチンB1の薬物特性を改善するために改良型を合成し、最終的に少なくとも80%の22,23-ジヒドロアベルメクチンB1aと最大20%の22,23-ジヒドロアベルメクチンB1bの混合物を選び、その組み合わせを「イベルメクチン」と名付けた[5][31]。1981年、メルク社はイベルメクチンを動物用抗寄生虫薬として販売開始し[5]、1986年までに46カ国で使用登録され、1980年代後半にはイベルメクチンは世界で最も売れた動物用医薬品のひとつとなった[32]

ヒトのオンコセルカ症(河川盲目症)に対するイベルメクチンの安全性と有効性をテストするため、1981年、メルク社の科学者であるモハメド・アジズは、セネガルフランス臨床試験を実施した[7][27][33]。1982年以降、メルク社は世界保健機関(WHO)と協力し、ガーナリベリアなど4カ国の1200人に追加試験を行い、年に1回、1錠の薬で寄生虫がほとんど駆除できることを証明した[34]。1987年、ヒトへの使用が承認され、翌年にはオンコセルカ症の撲滅に必要なイベルメクチン(薬剤名:メクチザン)の無償提供が始まった[7]。1998年にはリンパ系フィラリア症の治療に使用されるイベルメクチンにも無償提供が拡大された[7][35]。この寄付プログラムには、メルク社、世界銀行世界保健機関(WHO)、カーターセンター、その他にも多くの機関が参加している[27]。2015年、ノーベル生理学・医学賞の半分が、アベルメクチンの発見を含む寄生虫感染症治療法の開発を評してウイリアム・キャンベル大村智に共同で授与され、残る半分はアルテミシニン発見を含むマラリアの治療法に関する発見をした屠呦呦に贈られた[12]

作用機序[編集]

イベルメクチンは、無脊椎動物の神経・筋細胞に存在するグルタミン酸作動性Clチャネルに特異的かつ高い親和性を持ち結合し、Clに対する細胞膜の透過性を上昇させる。これにより、Clが細胞内に流入するため神経細胞や筋細胞の過分極が生じ、寄生虫が麻痺を起こし死滅する[36][37][38]

動物用医薬品[編集]

ウシ・ヒツジの捻転胃虫(Haemonchus)、オステルターグ胃虫(Ostertagia)、 毛様線虫(Trichostrongylus)、クーペリアCooperia)、腸結節虫(Oesphagos-tomum)に対し駆虫性を有するほか、糞線虫属(Strongyloides)に感染したイヌ、ウマに対して駆虫性を有する。さらに、ウマにおける頸部糸状虫(Onchocerca cervicalis)のミクロフェラリアに対しても有効である。一方、牛用駆虫剤イベルメクチンを投与された後は、排出糞中に3週間程度検出され、ハエ(ノサシバエ、キタミドリイエバエ)の幼虫の死亡と蛹化率低下が報告されている。あわせて、畜舎周辺で捕獲されるハエ類の減少も報告されているが、ハエ類が減少しているため、糞分解活動も抑制される[39]

イヌでは、犬糸状虫症の予防のために使用される。犬糸状虫のミクロフィラリアが血中に存在しているイヌにイベルメクチンを投与すると、ミクロフィラリアが一度に死滅し、発熱ショックを引き起こす場合がある。したがって、イベルメクチンを予防薬として使用する際は、犬糸状虫の感染の有無を検査する必要がある。同効薬として、ミルベマイシンミルベマイシンオキシムマデュラマイシンがある。また、スピノサドと共用したり、コリー系に使用したりすることは、ミクロフィラリアが存在しなくても、上記のことを引き起こすことがあるため、イベルメクチンは使用禁止となっている。

流通肉に対する許容量[編集]

ウシの寄生虫駆除のため、イベルメクチンの投与が行われているが、牛肉に成分が残留するため、アメリカ合衆国や日本などの輸入国では、許容値が設けられている。2010年5月14日には、アメリカ合衆国農務省食品安全検査部は、ブラジル産牛肉から、許容量以上のイベルメクチンが検出されたとして輸入を停止、リコールを行った。その後、輸入は再開されたが、再び同年9月に許容量以上のイベルメクチンが検出されたとして2度目の輸入停止措置を行っている。

日本では、ウマに対する一日摂取許容量として0.001mg/kg体重/日が設定されている[40]

耐性の問題[編集]

イヌ、ネコに寄生するヒゼンダニの一部に、イベルメクチンに対し薬剤抵抗性を有した事例の報告がある[41]

ウマやヒツジの生産現場では、イベルメクチンに対し薬剤耐性を持つ寄生虫が問題になっている[42][43][44]。耐性寄生虫を増やさないために、従来の全ての個体に定期的に投与してきた方法を改め、糞便中の虫卵の数から必要な個体だけに投与する方法が提唱されすている[45][46]

ヒト用医薬品[編集]

日本では、腸管糞線虫症[47]、および疥癬[48][49]の治療薬として医療保険が適用され病院で処方されている[50]。腸管糞線虫症では体重1kg当たり0.2mgを2週間間隔で2回服用し[50]、疥癬では体重1kg当たり0.2mgを1回服用する(ヒゼンダニの卵は 3-5 日で孵化するが、イベルメクチンは卵に対しては効果がないため、2回投与が好ましい[51][52]。2回投与する場合は1週間空ける[50][53])。

アフリカなどの熱帯地域で発生している、フィラリアの一種で回旋糸状虫が原因であるオンコセルカ症の治療薬として、年に1 - 2回イベルメクチン150μg/kgの単回経口投与が行われている[54][55]。1回の投与でミクロフィラリアの大幅な減少が1年以上続き、推奨用量以上の投与は副作用の発生率が高く有害である可能性がある[56]。イベルメクチンは、冷蔵を必要とせず、服用量が少なく安全性が高いため、最小限の訓練を受けた地域の保健員によって広く投与されている[57][58]。この投与プログラムのイベルメクチンは、米製薬メルクが保健省や世界保健機関(WHO)などの非政府開発組織(NGDO)と協力し、「メクチザン寄付プログラム(MDP)」を通じて無償で提供している[58]

薬物動態[編集]

経口吸収は比較的速やかで、4-5時間で最高血中濃度に達する。皮膚への移行は内服後4-8時間後に最高に達し、その後10-20時間の半減期を経て12日間以上かけて消失する[50]。消化管から吸収されたイベルメクチンは皮脂腺から分泌され、頭部など皮脂腺の多い部位にはより高濃度に移行する。代謝のほとんどは肝臓のCYP3A4によるものであり[14]肝臓で代謝を受けたイベルメクチンは、ほぼすべてが糞中に排泄され尿中への排泄は投与量の1%未満である[59][50]

脳血管内皮に存在し薬剤を細胞外へ排出するトランスポーターP糖タンパク質(MDR1)の働きにより、イベルメクチンは血液脳関門をほとんど通過しない。しかし、これらのトランスポーターを阻害または誘導する薬剤との併用時、または血液脳関門が不完全な患者などでは注意が必要である[14]

安全性[編集]

用法用量は、有益性が危険性を上回るよう設定がされている[60][61]。イベルメクチンは、適応症である「腸管糞線虫症」「疥癬」の治療に服用量が少なくてすむため(0.2mg/kgを単回または1-2週間隔で2回)、肝臓などの負担が少ない[14]。しかし、適量投与時でも副作用が各頻度で起こりうる[50]。発疹や、むくみ、頭痛、めまい、昏睡、意識レベルの低下、意識変容状態等の意識障害が認められた場合には、投薬を中止し直ちに医師の診察を受ける[62][63]

副作用には、消化器症状(下痢、食欲不振、便秘、腹痛、吐き気)や 皮膚症状(痒み、発疹)などがある。重大な副作用に、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis: TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、肝機能障害(AST、ALT、総ビリルビン値、γ-GTP上昇)[64]血小板減少、意識障害(いずれも頻度不明)がある[50][65]。また重要な基本的注意として意識障害があらわれることがあるので、自動車の運転等、危険を伴う機械の操作に従事する際には注意をする[66]

高齢者(65歳以上)、小児(体重15㎏未満)の安全性は確立されていない[50][67]。妊婦には動物実験催奇性(胎児に障害が生じる)が報告されている。また母乳中に移行することが報告されているため、内服後は2週間ほど授乳は中止する[50][51]

脂溶性であり、脂肪の多い食事を摂取した直後に内服すると血中濃度が空腹時投与の約2.6倍に上がり、その場合の安全性は確かめられていない。添付文書どおり空腹時に水で内服することが望ましい[59][68]

抑制系神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸(GABA)の作用を増強する可能性があり、バルビツール酸系ベンゾジアゼピン系、バルプロ酸ナトリウムなど神経活動を抑制する薬剤との併用は、その作用が増強する可能性がある[69][70]

肝臓のCYP3A4という酵素で代謝されるが、CYP3A4を阻害する薬剤はP糖タンパク質の輸送も阻害することが多いため、CYP3A4阻害剤と一緒に投与すると、吸収が増加し血液脳関門を通過するリスクがある[71]。通過した場合、神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸(GABA)によって活性化される他のリガンド作動性Cl-チャネルと弱いながらも相互作用すると思われる[59]CYP3A4阻害剤には、スタチンHIVプロテアーゼ阻害剤、多くのカルシウム拮抗薬リドカインベンゾジアゼピン系、およびデキサメタゾンなどのグルココルチコイドがある[72]

規制区分は、劇薬処方せん医薬品である[50]処方せん医薬品とは、薬機法の規定により医師、歯科医師、または獣医師から処方箋の交付もしくは指示を受けた者以外の者に対して販売、授与することを禁止した医薬品である[73]劇薬とは、「原則として、動物に薬用量の10倍以下の長期連続投与で、機能又は組織に障害を認める」などに該当する薬が指定され、慎重な取り扱いが必要とされる[74]

過剰摂取(オーバードース)により、中枢神経系抑制[75]運動失調昏睡、さらには死亡[76][77]する可能性がある[78]。過量投与時は、胃洗浄や解毒処置をすることにより吸収を阻止できる[79]

耐性の問題[編集]

疥癬を引き起こすヒゼンダニは、イベルメクチンの長期使用で耐性化する可能性があり[80][81]、イベルメクチンに耐性をもったヒゼンダニの存在が報告されている[82][83][84]。現在、疥癬治療薬の種類は少なく[85]、治療抵抗性のヒゼンダニを出現させないため、長期連用を避けることが必要とされる[69][86]

ガーナではオンコセルカ症の治療薬として年に1 - 2回の投与が行われているが、薬剤耐性寄生虫の存在が示唆され、撲滅プログラムの持続可能性への懸念になっている[87][88]

COVID-19治療における使用[編集]

研究の限界と問題のある研究[編集]

COVID-19の流行初期、既存薬を転用するドラッグリポジショニングが試され[89][90]in vitro(試験管内での)研究でSARS-CoV-2を含む複数の一本鎖プラス鎖RNAウイルスに対して抗ウィルス効果を持つことが示された[91][92]。その後のin vitro研究では、サル腎臓細胞培養におけるSARS-CoV-2の複製をIC502.2 - 2.8 μMで阻害することが分かった[18][93]

しかし、この情報に基づいて、COVID-19の治療中に抗ウィルス効果を得るためには、ヒトでの使用について承認された、または安全に達成できる最大量をはるかに上回る用量が必要となる[94][95]。実用的な難しさは別として、このような高用量は現在のヒトへの使用承認の対象外であり、また抗ウィルス作用のメカニズムは、宿主細胞プロセスの抑制、特にインポーチンα/β1による核輸送の阻害を介していると考えられているので、有害となる可能性がある[96][97][98]インポーチンα/β1を治療用量で阻害する他のいくつかの薬剤は、全身毒性と狭い治療域のために臨床試験に失敗している[99]

その後のヒトを対象にした研究では、COVID-19に対するイベルメクチンの有用性を確認することはできず[100][101]、2021年には、有用性を示した研究の多くに科学的不正行為、データ詐欺、間違いがあることが明らかになっている[102][22]。しかし、誤りに気づいた時にはすでに遅く、有効性に関する誤った情報がソーシャルメディア上で広く拡散され、イベルメクチンは一部の人々にとって信仰の対象になっていた[23][103][104]。問題のある研究によってもたらされた損害は計り知れず、公共の政策立案や個人の意思決定をミスリードする一因となっている[23][103][105]

臨床ガイドライン[編集]

いくつかの組織は、イベルメクチンはCOVID-19の治療には認可または承認されていないと述べ、研究環境下の臨床試験に限定して使用するように勧告している[106]

  • 2021年2月、イベルメクチンの開発元である米メルク(MSD)は、イベルメクチンがCOVID-19に有効であるという科学的根拠はなく、承認された用法用量や適応症以外の使用は安全でない可能性があるとの声明を発表した[107][108]
  • アメリカ食品医薬品局(FDA)は、「COVID-19の治療や予防にイベルメクチンを使用すべきでない理由」というページをウェブサイトで公開している[109]
  • アメリカ国立衛生研究所(NIH)のCOVID-19治療ガイドラインは、イベルメクチンをCOVID-19に臨床試験以外で使うべきではない述べている[25][110]
  • 米国感染症学会(IDSA)のCOVID-19ガイドラインは、入院の有無を問わずイベルメクチンを使用しないことを推奨している[111][112]
  • 欧州臨床微生物感染症学会(ESCMID)は、COVID-19の治療にイベルメクチンを使用しないことを強く推奨している[113]
  • 欧州医薬品庁(EMA)は、適切に設計された臨床試験以外でCOVID-19の予防・治療としてイベルメクチンを使用しないよう勧告した[24]
  • 世界保健機関(WHO)は、イベルメクチンがCOVID-19に効果があるという証拠が非常に不確実とし、臨床試験以外では症状の内容や期間にかかわらず、いかなる患者にも使用すべきではないとの声明を発表した[114][26]
  • ブラジル保健規制庁、ブラジル感染症学会、ブラジル呼吸器学会は、COVID-19の予防または治療のためにイベルメクチンを使用しないように勧告した[115][116][117]
  • 厚生労働省は、『新型コロナウイルス感染症 診療の手引き8.0』で「COVID-19治療薬に対する有効性や安全性が確立していないため、臨床試験に登録の上で使用されるべきである」と述べている[118][119]

適応外使用[編集]

COVID-19に対してイベルメクチンを正式に承認した国はないが、いくつかの国では有効性のエビデンスが不確実にもかかわらず、誤った情報、死亡数の増加に対する絶望感、初期のワクチン不足[120]、すでに闇市場や動物用医薬品の不適切な剤形で薬が使用されていたこと等により、医師の管理下における適応外使用を許可していた[121][122]。一時的に公式の許可を与えた国には、チェコ共和国(後に撤回)[121][123]、スロバキア[124][122]、フィリピン(後に撤回)[125][126][127]、インド(後に撤回)[128][129]などがある。

ペルー(後に撤回)[130][131]、メキシコ(後に撤回)[132][133]など、いくつかのラテンアメリカ政府の保健機関は、査読前論文と事例証拠に基づいて、COVID-19の治療薬としてイベルメクチンを推奨した。根拠とされた研究は元データの捏造のため撤回されており[134][135][136]、これらの推奨事項は後に汎米保健機構により非難された[137][136]。2022年3月時点でラテンアメリカにおけるCOVID-19による死亡者は極めて多く、世界の死亡者の約28%を占める[138]。その要因には、不確かな情報の大量拡散、イベルメクチン等の有効性が証明されていない薬剤の使用により、誤った安心感を抱き、必要な感染対策をおろそかにしたことがあげられている[139][140]

南アフリカでは、「South Africa Has A Right To Ivermectin」と呼ばれる反ワクチングループが南アフリカ健康製品規制当局(SAHPRA)に対して訴訟を起こし、その結果、2021年1月にCOVID-19における例外的使用(コンパッショネート使用)が認められた[125]。使用には医師らの厳重な管理と報告を条件としている[125]SAHPRAはイベルメクチンを治療薬として使うには「科学的根拠が乏しい」との認識を示し、フェイクニュースや誤報に対する警告を繰り返している[141][142]。2022年5月、SAHPRAは「イベルメクチンの新型コロナへの治療的役割を裏付ける信頼できる証拠がないこと」を理由に、新型コロナへの例外的使用を終了した[143][144]

COVID-19への使用における安全性[編集]

イベルメクチンは寄生虫薬として、数十年にわたり比較的安全に使われてきたが、病態が異なるCOVID-19への使用が安全かは分からない[105][145]。COVID-19に対する安全性や有効性は未確認であり、用量・用法は定まっていないため、適応外で処方する医師は、薬の潜在的なリスクと有効性の証拠がないことについて患者からインフォームドコンセントを得ることが求められる[145][106]。臨床試験や適応外処方では寄生虫薬として承認された用量よりも多く使用される事が多いため、神経系の障害[146]、精神障害[147]などの有害事象も出現している[148][149]適応外使用をした場合や個人輸入で服用した場合、重篤な副作用を起こしても医薬品副作用被害救済制度は適用されない[150][151]

イベルメクチンは、in vitro(試験管内で)でSARS-CoV-2を阻害する能力があるが、in vitroで50%の阻害を達成するには推定7.0 mg/kgの経口投与が必要である[152]。これは疥癬の治療等で安全性が確認されている量(1kg当たり0.2mgを単回投与)の35倍であり[153]、イベルメクチン中毒とされるほど高い[154]。なお、イベルメクチンのLD50半数致死量)はマウス25mg/kg(経口)、イヌ80mg/kgであり、ヒト等価用量LD50範囲2.02 - 43.24mg/kgに相当する[154]

動物用医薬品のヒトへの使用[編集]

アメリカでは家畜用のイベルメクチンを服用し、過剰摂取により入院する人や、米国中毒相談センター(AAPCC)への電話相談が増加している[70][155]。2021年3月、アメリカ食品医薬品局(FDA)は家畜用のイベルメクチンについて「痙攣昏睡など深刻な被害を引き起こす可能性があるだけでなく、死に至ることもある」と注意を呼びかけたほか[77]、同年8月ツイッターに「あなたは馬でもなければ、牛でもありません。本気でやめてください」と投稿した[156][157][158]アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、家畜を対象とした用量または外用薬の摂取を禁止し、吐き気、嘔吐、下痢、低血圧、意識レベルの低下、混乱、目のかすみ、幻覚、バランスの喪失、発作、昏睡、死亡などの過剰摂取症状に関する警告を発した[159]

誤った情報と混乱[編集]

  • イベルメクチンの開発者であるウィリアム・キャンベルが、COVID-19治療薬としてイベルメクチンを推奨しているという捏造された引用文がTwitterで拡散された。キャンベルは、「ソーシャルメディア上で私に起因する発言を完全に軽蔑し、否定する」と述べ、私の専門分野はウイルス学ではないので、そのような方法でコメントすることは決してないと付け加えた[160][161]
  • ノーベル賞を共同受賞した大村智は、「新型コロナウイルスは人工的につくられたウイルス[162]」「イベルメクチンは新型コロナの特効薬[163][164]」「安価なイベルメクチンの効果を認めると、新薬を開発する製薬会社の利益を損なうので政府や国際機関は承認しない[165][166][167]」とコメントをした[168][169]。2021年7月、大村は反ワクチン団体の開催する国際オンライン会議「世界イベルメクチン・デー[170]」に出演した[171][172][173]。このイベントには、イベルメクチンを賞賛し誤報を広めたとして広く非難されている団体FLCCCの医師や、英国のイベルメクチン推奨開発(BIRD)他、関連する国際グループが参加している[174][175]。2021年12月、大村が編集した書籍『イベルメクチン : 新型コロナ治療の救世主になり得るのか』が出版され、全国学校図書館協議会選定図書に選ばれた[176][177]。帯の推薦文は尾崎治夫東京都医師会会長が書いている[176][178]
  • 2021年8月13日、尾崎治夫東京都医師会会長は、記者会見でイベルメクチンの有効性を示唆し、「使用許可を認めてもいい段階だと思う」と述べた[179]。この会見の後に日本の感染者が減少したため、「日本はイベルメクチンの使用でコロナを一掃した」というデマが広がった[180]。大手メディアはファクトチェックに追われ、「日本ではイベルメクチンをCOVID-19治療に使用することは承認されていない。イベルメクチンを推奨した医師は、東京都医師会(TMA)の会長であったが、TMAは政府機関ではないため、そのような命令を下す権限はない」とする記事を掲載した[181][129][182]
  • この会見で尾崎がイベルメクチンに効果があるとした根拠は「寄生虫疾患に対してイベルメクチンが定期的に予防投与されているアフリカ諸国では感染者や死亡者が少ない」とするものであった[181][183][184]。しかし住民への定期的な投与は年に1 - 2回であり、新型コロナの混乱で2020年から一時中断されていた[185][183]。また、アフリカ47カ国の実際の感染者数は報告数の71倍と推定されている[186]
  • インドウッタル・プラデーシュ州で2021年春からの感染流行期に、イベルメクチンの緊急使用が認められ、感染者や死者が減った」とする説が拡散された[187][188]。しかし、ウッタル・プラデーシュ州では2020年8月からイベルメクチンを使用しており、2021年春のCOVID-19の波を防げていない[129][187]。また州の人口の多い地域では流行により破綻し、数ヶ月にわたりコロナ以外の死亡者数も全くカウントされなくなっていた[187][188]。州のコロナ死亡者は43倍過小報告されており、自宅隔離での死者数もカウントされていない[189][190][191]。2021年9月、インドのガイドラインからイベルメクチンは削除された[192][129]
  • 「ペルーは、イベルメクチンの使用によりコロナの流行が収まった」とする説が拡散された[193][140]。しかしペルーがイベルメクチンをコロナの薬として承認したのは2020年春であり、2020年6月にはコロナによる死亡率が世界で最も高くなっていた[140]。また、イベルメクチン投与者の方が死亡率が1.44 - 1.68倍高かったが[194][195]、これは誤った安心感により感染対策が不十分になったことが要因とされている[140][138]
  • 「イベルメクチンが承認されないのは、ワクチンや新薬を売りたい製薬会社の陰謀である」とする説が拡散された[165][196]。しかし、イベルメクチンより安価なデキサメタゾンは、早くに臨床試験で有効性を示し、世界中で使われている[157][197][145]
  • 2022年7月8日に安倍元総理が暗殺されたのは「WEF(世界経済フォーラム)の命令に従わず、ワクチンを義務化せず、160万回分のワクチンを返品し、国民にイベルメクチンを配布したからだ」というデマが拡散された[206][207]ロイターなどメディアはファクトチェックを行い、「安倍元首相は2020年9月に退陣したため、ワクチン接種にはほとんど関与していない。日本はワクチン接種を義務づけていないが、2021年6月頃からの積極的なワクチン接種キャンペーンにより、人口の80%以上がワクチンを接種している。2021年8月にモデルナ社のワクチン163万本の使用を停止したのは一部のバイアルに汚染物質が混入したとの報告を受けための予防措置である。イベルメクチンは、日本政府や厚生労働省からCOVID治療薬として承認されたことはない」と否定をした[206][207][208]

アメリカ[編集]

  • 2020年12月8日、共和党の議員ロン・ジョンソンは、米国上院国土安全保障委員会の委員長の立場を利用して公聴会に証人を招いた[210]。証人はイベルメクチンを含むCOVID-19に関する境界科学や証明されていない治療法を宣伝し、ワクチンやマスクについての懐疑論を主張した[210][211]。証人の中にはFLCCCピエール・コリーもおり、イベルメクチンをCOVID-19の「奇跡的な効果」を持つ「驚異の薬」であると主張した[212][213]。公聴会の動画は拡散され、後にYouTubeは「不適切なコンテンツ[214]」としてこの動画を削除したが、2020年12月11日の時点で100万回以上再生されていた[215][216]
  • 米国では、COVID-19に対するイベルメクチンの使用は、「イベルメクチンを主流にするための世界的な運動」を推進する「Front Line COVID-19 Critical Care Alliance(FLCCC)」というピエール・コリー率いる小規模な組織によって支持されている[217]。 この活動はソーシャルメディアで流行し、COVID否定派、反ワクチン推進派、陰謀論者によって取り入れられた[215][217]。FLCCCメンバーによるイベルメクチンの有効性に関する総説は、Frontiers in Pharmacology誌に暫定的に受理されていたが、その後、「統計的有意性が不十分な研究に基づく裏付けのない主張」であり「COVID-19の治療おけるイベルメクチンの評価に対して、客観的(またはバランスのとれた)科学的貢献をしていない」として削除された[218]。2021年11月、Journal of Intensive Care Medicine誌は、コリーらが執筆した論文を撤回した[219]。この論文は、FLCCCのプロトコルでCOVID-19の治療を受けた人々の死亡率の数字を誤って報じ、有効に見せていることが判明した[220][221]。2022年2月、American Journal of Therapeutics誌は、コリーが筆頭著者であった2021年のシステマティックレビューに対して懸念の表明を行い、論文が依存していた基礎データについて疑惑があると述べた[222][223]。このレビューは、捏造で撤回された研究を含む以外にも多数の欠陥があることを指摘されている[105][224]デイヴィッド・ゴルスキーは、イベルメクチンがCOVID-19の「奇跡の治療薬」であるという物語は、「大手製薬企業が自らの利益のために薬の有効性に関するニュースを抑圧している」と考える、ヒドロキシクロロキンに関する同様の陰謀論の「転化」版であるとする[225][226]サイエンスコミュニケーション誌の編集長は、FLCCCのメッセージはワクチン接種を思いとどまらせ、それによってパンデミックを長引かせていると述べている[227]。2022年2月に、コリーは「COVID専門オンライン医療診療所」を設立し、主にCOVID-19後遺症やワクチン後遺症の治療のために相談料1650ドル(約22万5,000円)でイベルメクチンや高濃度ビタミンCを処方している[228][196]
  • アメリカではCOVID-19に対するイベルメクチンの処方が急増し、有効性の証拠がないにもかかわらず、公的・民間の医療保険が2021年に支払った額は1億2,970万ドル(約177億2000万円)であったと推定される[232][233]

知的財産と経済[編集]

  • イベルメクチンの特許が切れたため、ジェネリック医薬品メーカーは需要の急増による大幅な増収を達成した[234]。ブラジルの企業であるVitamedic Industria Farmaceuticaは、2020年にイベルメクチン販売による年間収益が5倍以上の8500万米ドル(約117億5,000万円)に増加した[234]
  • 個人輸入でイベルメクチンのジェネリック薬を買う人が現れ、政府や専門家は寄生虫薬として承認された用量を超える健康被害に注意を呼びかけている[235][236]。オンライン販売業者が販売する医薬品の品質や、安全性の評価はされていないため[213][237][21]、成分が足りないものや、危険な成分が含まれている可能性がある[238][106]

倫理的スキャンダル[編集]

  • 2022年1月、メキシコシティは、政府がCOVID-19治療薬としてイベルメクチンを広く配布し、観察された結果を研究論文としてSocArXivアーカイブに発表した[239][240][241]。この論文は、適切な同意なしに人々に対して行われた実験であり、非倫理的であるとの懸念から、その後アーカイブによって撤回された[242]SocArXiv運営委員会のPhilip N. Cohenは、「論文の質が非常に低いか、意図的に虚偽で誤解を招く」とし、公衆被害を防ぐためにその削除は正当化されると述べた[243]
  • 2022年1月、アーカンソー州の刑務所でCOVID-19に感染した受刑者に同意なくイベルメクチンを投与した医師ロバート・カラスが、アメリカ自由人権協会(ACLU)に訴えられた[244][245]。カラスは受刑者に対して虚偽の説明を行い、無断で適応外の投与を行った[245][240]。受刑者は、寄生虫駆除として承認されている用量の3.4 - 6.3倍のイベルメクチンを投与され、下痢・血便・胃けいれん・視覚異常などの副作用に苦しんだという[245][246]。カラスはFacebookや個人クリニックのブログで、「Front Line COVID-19 Critical Care Alliance(FLCCC)」が行った主張を引用している[240][247]。受刑者の1人は、「彼らは我々を家畜のように実験台にした」と語った[240][247]ACLUは「投獄されている者を含め、だまされて医学的実験の対象とされるに値する人間は存在しない」と声明で述べた[245][248]。この問題は、人種マイノリティに対して行われた非倫理的な人体実験「タスキギー梅毒実験」に重ねられている[249][240]

ファイザーの医薬品開発[編集]

  • インターネット上の陰謀論者は、ファイザーの抗COVID-19薬であるパクスロビドは、単に「再包装されたイベルメクチン」であると主張している[250]。彼らの主張は、ファイザーがイベルメクチンの真の利益を抑圧しているという物語に基づいており、薬物動態の誤解に依存している[250]。パクスロビドは、イベルメクチンとは全く関係のない2つの低分子抗ウイルス化合物(ニルマトレルビルリトナビル)の配合薬である[251][252]

余波[編集]

  • COVID-19に対するイベルメクチンの研究で見つかった広範な不正行為は、科学界内に内省を促した[23][253]。欠陥のある研究への信頼が、2021年12月の時点で、パンデミック中におそらくイベルメクチンが世界中で最も使用された薬であることにつながっており、悪質な研究が科学的言説や世間の知識を歪めてしまうような医学研究の評価方法について、根本的に見直すことが必要であるとされる[103][102]。また、専門家たちはパンデミックの緊急事態に際して、素早く行動し、何かをしなければならないというプレッシャーが「研究の科学的厳密さを犠牲にし、効果のない、あるいは有害なケア」につながる可能性があると指摘し、緊急性は不適切な研究や倫理的不正行為、人権侵害の言い訳にはならないとしている[105][254][105][145]
  • またイベルメクチンが、COVID-19治療薬としてソーシャルメディアで宣伝されたことは、医学・科学界に課題を与えた[255][256]。ソーシャルメディアプラットフォームが国民の大多数にとって主要な情報源である現在、人々に科学的な情報を届け、誤った情報から保護することは公衆衛生にとって重大な課題であるとする[257][258]。ソーシャルメディア企業や医師・薬剤師の規制当局は、誤情報や偽情報の拡散に対抗するために、方針を策定する必要に迫られた[256][214][259]

研究事例[編集]

海外[編集]

  • 2021年7月、コクランレビューは「現段階のエビデンス(科学的根拠)からは、COVID-19患者の入院・外来治療、およびハイリスク曝露後の感染予防に使用されるイベルメクチンの有効性と安全性については不確実」と結論付けた[272][273]
    2022年6月、コクランレビューが更新され、死亡率、病気、感染期間へのイベルメクチンの影響は全くないか、あるいは非常に小さいと結論づけた[274][275]。不正な論文等を除いた最新のRCTを含む11試験、3409人の参加者を対象に解析した結果、有益ではないとする結論の確実性が前回のレビューより強まった[274][276]
  • 2022年3月、腸管糞線虫症の有病率が高い地域で、イベルメクチンがCOVID-19による死亡率に影響を与えるという仮説を支持する研究が公開された[277]。COVID-19の重症例に投与されるステロイドの免疫抑制下で、寄生虫が爆発的に増加し過剰感染症候群を起こすことがあるが、イベルメクチンが寄生虫を駆除することでその重症化等を抑えられるというものである[277][21]。論文の結論は、体内に寄生虫が存在しない場合はイベルメクチンはCOVID-19による死亡率に影響を与えることはないとしている[277][21]

日本[編集]

  • 2020年9月、北里大学日本医療研究開発機構(AMED)から公的な研究費4億円を得て医師主導の第2相臨床試験を開始した[278][279]。当初の計画では2021年3月末までに240人を対象にした臨床試験を終えるとしていたが、2021年6月の時点で参加した患者は半数程度にとどまり、終了予定を2021年9月末に延期した後、参加者を214人に減らして2022年3月31日に延期した[151][278][280]。2021年9月からこの治験に岡山大学病院が協力し、10月末までに5人の治験結果を北里大学に送るとしていた[281][282]。研究計画書によると、治験は無症状または軽症者を対象に行い、1日目にイベルメクチンを体重1kg当たり0.2mgまたは偽薬を1回だけ投与し、投与の1、7、15日目の症状を確認する[278][281]主要評価項目は、PCR検査が陰性になるまでの日数を調査する[278][283]。被験者の募集およびデータ収集は2021年10月に終了し[280][284]、研究完了予定日の2022年3月31日からAMEDの成果報告期限の61日も過ぎたが[285][286]、結果は2022年7月現在も公表されていない[280][284]。この医師主導治験を含んだ「COVID-19対策北里プロジェクト[287]」は、マルホや複数の製薬企業からも約2億円の資金提供を受けて行われている[288][289]
  • 2021年9月16日、医薬品メーカーの興和は、軽症患者1000人を対象にした第3相臨床試験の臨床研究実施計画書(開発コード:K-237)を公開した[290]。この企業治験は、イベルメクチンの素となる放線菌の発見者である北里大学大村智興和に直接依頼し実現した[291][292][165]北里大学に加えて、興和本社の地元愛知県愛知医科大学東京都医師会も協力する[291][292]北里大学米メルクによる適応拡大を見込んでいるが、米メルクはCOVID-19に対して効果があるというエビデンスは今のところなく、安全性も分からないとしている[108]。このため、興和は米メルク以外からイベルメクチンを調達し、企業治験を通じて有効性や安全性を検証する[291]。治験は2021年度内に終え承認申請したいとし、実用化後の治療薬は興和が製造を担うとしている[291]。研究計画書によると、治験は発症から5日以内の軽症者を対象に行い、イベルメクチンを体重1kg当たり0.3-0.4mgまたは偽薬を1日1回3日間投与し、投与開始から168時間までの臨床症状が改善に至るまでの時間の違いを比較する[290][293]主要評価項目に、重症化予防効果は含まれていない[290][293]。同年11月中旬、東京都が治験の協力を開始し、都内の宿泊療養施設での1例目として患者本人の意思を確認した上で投与した[294]。同年12月1日、愛知県と名古屋市が治療の協力を発表し[295][296]、市内の宿泊療養施設で治験を始めた[297]。2022年3月、厚生労働省興和の治療薬開発に対し約8億円の補助金支給を決定した[298][299]。このCOVID-19治療薬の開発支援事業は今回が3回目の公募であり[300]、応募は興和の1件だった[301]。2022年4月22日、厚生労働省興和塩野義のCOVID-19治療薬開発に対し、緊急追加支援を実施すると発表した[302][303]。興和には約53億円、塩野義には約62億円を支援する[304]。興和の第3相臨床試験の研究完了予定日は、当初の2022年3月末から9月末に延期された後、12月31日に延期された[293][305]

出典[編集]

  1. ^ a b 池田 527頁
  2. ^ イベルメクチン内服剤の販売会社変更等の連絡 (PDF)”. マルホ (2006年3月1日). 2022年2月12日閲覧。
  3. ^ イベルメクチンをすべての患者により安全に届けるために (PDF)”. jstage (2020年11月22日). 2022年2月12日閲覧。
  4. ^ a b “History of avermectin and ivermectin, with notes on the history of other macrocyclic lactone antiparasitic agents”. Curr Pharm Biotechnol 13 (6): 853–65. (May 2012). doi:10.2174/138920112800399095. PMID 22039784. 
  5. ^ a b c d e f g “Ivermectin – Old Drug, New Tricks?”. Trends in Parasitology 33 (6): 463–72. (June 2017). doi:10.1016/j.pt.2017.02.004. PMC 5446326. PMID 28285851. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5446326/. 
  6. ^ a b Saunders Handbook of Veterinary Drugs: Small and Large Animal (4 ed.). Elsevier Health Sciences. (2015). p. 420. ISBN 978-0-323-24486-2. オリジナルのJanuary 31, 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160131142826/https://books.google.com/books?id=SJvmCgAAQBAJ&pg=PA420 
  7. ^ a b c d “Reflections on the Nobel Prize for Medicine 2015--The Public Health Legacy and Impact of Avermectin and Artemisinin”. Trends in Parasitology 31 (12): 605–607. (December 2015). doi:10.1016/j.pt.2015.10.008. PMID 26552892. 
  8. ^ a b c Ivermectin”. The American Society of Health-System Pharmacists. 2016年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月16日閲覧。
  9. ^ Drug Discovery a History. Chichester: John Wiley & Sons. (2005). p. 333. ISBN 978-0-470-01552-0. オリジナルのJune 15, 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200615002423/https://books.google.com/books?id=jglFsz5EJR8C&pg=PA333 2020年4月5日閲覧。 
  10. ^ U.S. Centers for Disease Control and Prevention (CDC) (2019年8月23日). “Ascariasis – Resources for Health Professionals”. U.S. Centers for Disease Control and Prevention (CDC). 2010年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月28日閲覧。
  11. ^ “The efficacy of topical and oral ivermectin in the treatment of human scabies”. Annals of Parasitology 61 (1): 11–16. (2015). PMID 25911032. オリジナルの2020年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200404213228/https://www.annals-parasitology.eu/go.live.php/download_default/D660/2015-61-1_11.pdf. 
  12. ^ a b c The Nobel Prize in Physiology or Medicine 2015 Press Release”. THE NOBEL PRIZE (2015年10月5日). 2022年2月12日閲覧。
  13. ^ World Health Organization model list of essential medicines: 21st list 2019. Geneva: World Health Organization. (2019). hdl:10665/325771. WHO/MVP/EMP/IAU/2019.06. License: CC BY-NC-SA 3.0 IGO 
  14. ^ a b c d 疥癬診療ガイドライン(第 2 版)2007年 (PDF)”. 日本皮膚科学会. 2021年9月25日閲覧。
  15. ^ イベルメクチン:「疥癬」に適応追加”. 日経メディカル (2016年10月19日). 2022年2月12日閲覧。
  16. ^ Ivermectin: FDA-Approved Drugs”. U.S. Food and Drug Administration (FDA). 2021年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月26日閲覧。
  17. ^ Ivermectin lotion: FDA-Approved Drugs”. U.S. Food and Drug Administration (FDA). 2021年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月25日閲覧。
  18. ^ a b c d “The FDA-approved drug ivermectin inhibits the replication of SARS-CoV-2 in vitro”. Antiviral Research 178: 104787. (June 2020). doi:10.1016/j.antiviral.2020.104787. PMC 7129059. PMID 32251768. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7129059/. 
  19. ^ 安価で副作用の少ないイベルメクチンが認可されないのはなぜか”. 講談社 (2022年4月6日). 2022年7月25日閲覧。
  20. ^ Ongoing Clinical Trials Will Decide Whether (or Not) Ivermectin Is Safe, Effective for COVID-19” (英語). FactCheck.org (2021年9月16日). 2021年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月4日閲覧。
  21. ^ a b c d e ‘You will not believe what I’ve just found.’ Inside the ivermectin saga: a hacked password, mysterious websites and faulty data.”. MarketWatch (2022年2月12日). 2022年7月26日閲覧。
  22. ^ a b c イベルメクチン、 誤った科学が生んだ新型ウイルス「特効薬」”. BBC (2021年10月9日). 2021年10月16日閲覧。
  23. ^ a b c d How bad research clouded our understanding of Covid-19”. Vox (2021年12月17日). 2022年7月20日閲覧。
  24. ^ a b EMA advises against use of ivermectin for the prevention or treatment of COVID-19 outside randomised clinical trials”. European Medicines Agency (2021年3月22日). 2021年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月12日閲覧。
  25. ^ a b Ivermectin”. アメリカ国立衛生研究所(NIH) (2022年4月29日). 2022年7月20日閲覧。
  26. ^ a b A living WHO guideline on drugs for covid-19”. WHO (2022年7月14日). 2022年7月20日閲覧。
  27. ^ a b c Ivermectin: A Refection on Simplicity (PDF)”. THE NOBEL PRIZE (2015年12月7日). 2022年2月12日閲覧。
  28. ^ イベルメクチン”. 2022年2月12日閲覧。
  29. ^ 日本学術会議171回総会 特別講演 大村智 (PDF)”. 日本学術会議. 2022年2月28日閲覧。
  30. ^ Burg, R. W.; Miller, B. M.; Baker, E. E.; Birnbaum, J.; Currie, S. A.; Hartman, R.; Kong, Y.-L.; Monaghan, R. L. et al. (1979). “Avermectins, New Family of Potent Anthelmintic Agents: Producing Organism and Fermentation”. Antimicrobial Agents and Chemotherapy 15 (3): 361–7. doi:10.1128/AAC.15.3.361. PMC 352666. PMID 464561. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC352666/. 
  31. ^ “Ivermectin: a potent new antiparasitic agent”. Science 221 (4613): 823–28. (August 1983). Bibcode1983Sci...221..823C. doi:10.1126/science.6308762. PMID 6308762. 
  32. ^ “The life and times of ivermectin - a success story”. Nature Reviews. Microbiology 2 (12): 984–9. (December 2004). doi:10.1038/nrmicro1048. PMID 15550944. 
  33. ^ History”. Merck & Co., Inc.. 2022年2月12日閲覧。
  34. ^ “The onchocerciasis chronicle: from the beginning to the end?”. Trends in Parasitology 28 (7): 280–8. (July 2012). doi:10.1016/j.pt.2012.04.005. PMID 22633470. 
  35. ^ Reflections on the Nobel Prize for Medicine 2015--The Public Health Legacy and Impact of Avermectin and Artemisinin”. PubMed (2015年11月6日). 2022年2月12日閲覧。
  36. ^ Cully, Doris F.; Vassilatis, Demetrios K.; Liu, Ken K.; Paress, Philip S.; Van Der Ploeg, Lex H. T.; Schaeffer, James M.; Arena, Joseph P. (1994). “Cloning of an avermectin-sensitive glutamate-gated chloride channel from Caenorhabditis elegans”. Nature 371 (6499): 707. Bibcode1994Natur.371..707C. doi:10.1038/371707a0. PMID 7935817. 
  37. ^ Bloomquist, Jeffrey R. (1996). “Ion Channels as Targets for Insecticides”. Annual Review of Entomology 41: 163-90. doi:10.1146/annurev.en.41.010196.001115. PMID 8546445. 
  38. ^ Bloomquist, Jeffrey R. (2003). “Chloride channels as tools for developing selective insecticides”. Archives of Insect Biochemistry and Physiology 54 (4): 145-56. doi:10.1002/arch.10112. PMID 14635176. 
  39. ^ 岩佐光、丸山真澄、中村絵理 ほか、「牛用駆虫剤イベルメクチンが牛糞に生息する標的および非標的糞食性ハエ類に及ぼす影響」『衞生動物』 56巻 3号 2005年 p.191-199, doi:10.7601/mez.56.191, NAID 110004048931
  40. ^ イベルメクチンおよびプラジクアンテルを有効成分とする馬の経口投与剤(エクイマックス) 食品安全委員会
  41. ^ 串田壽明, 串田尚隆, 「猫小穿孔疥癬虫の感染を認めイベルメクチン療法に抵抗を示した犬の1例」『獣医臨床皮膚科』 2008年 14巻 1号 p.13-16, doi:10.2736/jjvd.14.13, NAID 130004494277
  42. ^ これからの寄生虫対策 (PDF)”. JRA、馬の資料室 (2021年10月29日). 2022年7月22日閲覧。
  43. ^ 競走馬における寄生虫症について (PDF)”. 日本獣医師会. 2022年7月22日閲覧。
  44. ^ めん山羊の内部寄生虫 防除ハンドブック (PDF)”. 独立行政法人 家畜改良センター (2019年4月1日). 2022年7月23日閲覧。
  45. ^ 耐性寄生虫について –ターゲット・ワーミングの紹介- (PDF)”. JRA、馬の資料室No.89(2013年11月1日号). 2022年7月22日閲覧。
  46. ^ Targeted Worming (PDF)”. Liphook Equine Hospital. 2022年7月22日閲覧。
  47. ^ 齊藤厚、「イベルメクチンと沖縄のふん線虫症 (PDF) 」 モダンメディア 2016年8月号(第62巻8号)
  48. ^ 笹田昌宏、島田英幹, 【原著】「疥癬に対するイベルメクチンの食後投与における安全性と有効性の検討」『日本皮膚科学会雑誌』 117巻 6号 2007年 p.963-968, doi:10.14924/dermatol.117.963
  49. ^ 定平知江子 ほか, 【原著】「疥癬に対するイベルメクチン内服療法の臨床的検討」『日本皮膚科学会雑誌』 119巻 9号 2009年 p.1845-1850, doi:10.14924/dermatol.119.1845
  50. ^ a b c d e f g h i j 医薬品インタビューフォーム ストロメクトール錠3mg2021年10月(改訂第17版)”. マルホ. 2022年2月12日閲覧。
  51. ^ a b 疥癬はこわくない (PDF)”. 医学書院. 2021年9月24日閲覧。
  52. ^ 疥癬とイベルメクチン (PDF)”. 菊池中央病院 (2019年5月24日). 2021年9月24日閲覧。
  53. ^ ストロメクトール錠3mg 疥癬に使用する際の注意点 (PDF)”. マルホ (2014年8月1日). 2022年7月20日閲覧。
  54. ^ Onchocerciasis Fact sheet N°374”. World Health Oragnization (2014年3月). 2014年3月20日閲覧。
  55. ^ Mectizan Donation Program”. 2022年2月12日閲覧。
  56. ^ Resources for Health Professionals”. CDC (2021年11月10日). 2022年7月19日閲覧。
  57. ^ “Ivermectin and River Blindness”. American Scientist 98 (4): 294–303. (2010). オリジナルの2010-07-05時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100705115143/http://www.americanscientist.org/issues/feature/2010/4/ivermectin-and-river-blindness 2010年6月20日閲覧。. 
  58. ^ a b “Operational lessons from 20 years of the Mectizan Donation Program for the control of onchocerciasis”. Trop Med Int Health 13 (5): 689–96. (May 2008). doi:10.1111/j.1365-3156.2008.02049.x. PMID 18419585. 
  59. ^ a b c ストロメクトール錠3mg”. 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構. 2021年9月24日閲覧。
  60. ^ ストロメクトール錠3mgに関する資料_効能・効果、用法・用量、使用上の注意(案)及びその設定根拠 (PDF)”. 独立行政法人医薬品医療機器総合機構. 2021年9月28日閲覧。
  61. ^ 薬物の効力と安全性”. MSD マニュアル. 2021年9月28日閲覧。
  62. ^ 医療用医薬品 : ストロメクトール”. KEGG. 2021年9月28日閲覧。
  63. ^ イベルメクチンの重大な副作用に意識障害を追記 厚労省が「使用上の注意」改訂を指示”. CBnews (2021年10月13日). 2021年10月16日閲覧。
  64. ^ 副作用モニター情報〈467〉 イベルメクチンと薬物性肝障害”. 全日本民医連 (2016年10月18日). 2021年9月28日閲覧。
  65. ^ 副作用/有害事象 症例一覧”. 医薬品医療機器総合機構. 2021年9月24日閲覧。
  66. ^ イベルメクチンの「使用上の注意」の改訂について (PDF)”. 医薬品医療機器総合機構(PMDA) (2021年10月12日). 2021年10月16日閲覧。
  67. ^ 疥癬Q&A”. マルホ. 2022年7月20日閲覧。
  68. ^ 精神科病院で集団発生した疥癬 6 症例の イベルメクチンの有用性と使用上の留意点 (PDF)”. 医療薬学 Vol. 34,No. 10(2008). 2021年9月28日閲覧。
  69. ^ a b 疥癬診療ガイドライン(第 3 版)2015年 (PDF)”. 日本皮膚科学会. 2021年9月25日閲覧。
  70. ^ a b Rapid Increase in Ivermectin Prescriptions and Reports of Severe Illness Associated with Use of Products Containing Ivermectin to Prevent or Treat COVID-19”. CDC (2021年8月26日). 2021年9月28日閲覧。
  71. ^ Goodman & Gilman's The Pharmacological Basis of Therapeutics. (11th ed.). New York: McGraw-Hill. (2006). pp. 1084–87. ISBN 978-0-07-142280-2. OCLC 1037399847 
  72. ^ Brunton LL, Lazo JS, Paker KL (2006).. Goodman & Gilman's The Pharmacological Basis of Therapeutics (11th ed.). New York: McGraw-Hill. p. 1083-1087. ISBN 978-0-07-142280-2 
  73. ^ 薬局医薬品の取扱いについて (PDF)”. 厚生労働省 (2014年3月18日). 2021年9月25日閲覧。
  74. ^ 一般用医薬品及び劇薬について (PDF)”. 厚生労働省. 2021年9月25日閲覧。
  75. ^ “Ivermectin: An Anthelmintic, an Insecticide, and Much More”. Trends in Parasitology 37 (1): 48–64. (January 2021). doi:10.1016/j.pt.2020.10.005. PMC 7853155. PMID 33189582. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7853155/. ""Although relatively free from toxicity, ivermectin – when large overdoses are administered – may cross the blood–brain barrier, producing depressant effects on the CNS"" 
  76. ^ “Serious adverse reactions associated with ivermectin: A systematic pharmacovigilance study in sub-Saharan Africa and in the rest of the World”. PLOS Neglected Tropical Diseases 15 (4): e0009354. (April 2021). doi:10.1371/journal.pntd.0009354. PMC 8087035. PMID 33878105. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8087035/. ""Few hours after administration: nausea, vomiting, abdominal pain, salivation, tachycardia, hypotension, ataxia, pyramidal signs, binocular diplopia"" 
  77. ^ a b Office of the Commissioner (2021年3月12日). “Why You Should Not Use Ivermectin to Treat or Prevent COVID-19”. U.S. Food and Drug Administration (FDA). 2021年7月13日閲覧。 “"You can also overdose on ivermectin, which can cause nausea, vomiting, diarrhea, hypotension (low blood pressure), allergic reactions (itching and hives), dizziness, ataxia (problems with balance), seizures, coma and even death."”
  78. ^ “Avermectin Derivatives, Pharmacokinetics, Therapeutic and Toxic Dosages, Mechanism of Action, and Their Biological Effects”. Pharmaceuticals 13 (8): 196. (August 2020). doi:10.3390/ph13080196. PMC 7464486. PMID 32824399. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7464486/. ""Based on the reported neurotoxicity and metabolic pathway of IVM, caution should be taken to conduct clinical trial on its antiviral potentials. The GABA-gated chloride channels in the human nervous system might be a target for IVM, this is because the BBB in disease-patient might be a weakened as a result of inflammation and other destructive processes, allowing IVM to cross the BBB and gain access to the CNS where it can elicit its neurotoxic effect"" 
  79. ^ 急性中毒の標準治療”. 日本中毒学会. 2021年9月28日閲覧。
  80. ^ First documentation of in vivo and in vitro ivermectin resistance in Sarcoptes scabiei”. pubmed (2004年1月11日). 2021年9月28日閲覧。
  81. ^ 薬に対する2種類の耐性(Toleranceと Resistance)”. MSD マニュアル. 2021年9月28日閲覧。
  82. ^ アムステルダムの老人介護施設の内外で発生した疥癬の持続感染性について: リンデーンとイベルメクチンに対する耐性の徴候”. Y's Square (2008年11月27日). 2021年9月28日閲覧。
  83. ^ Scabies in the age of increasing drug resistance”. PLOS ONE (2017年11月30日). 2022年7月23日閲覧。
  84. ^ Longitudinal Evidence of Increasing In Vitro Tolerance of Scabies Mites to Ivermectin in Scabies-Endemic Communities”. JAMA Network (2009年7月1日). 2022年7月23日閲覧。
  85. ^ 疥癬の治療薬のラインナップ”. マルホ. 2022年2月12日閲覧。
  86. ^ Current therapeutic applications and pharmacokinetic modulations of ivermectin”. pubmed (2019年8月8日). 2021年9月28日閲覧。
  87. ^ “River blindness resistance fears”. BBC News. (2007年6月14日). オリジナルの2007年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070808233457/http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/6753003.stm 2007年6月15日閲覧。 
  88. ^ “Prevalence and intensity of Onchocerca volvulus infection and efficacy of ivermectin in endemic communities in Ghana: a two-phase epidemiological study”. Lancet 369 (9578): 2021–9. (June 2007). doi:10.1016/S0140-6736(07)60942-8. PMID 17574093. 
  89. ^ 「コロナに効く」期待されたあの薬は今 掲載論文撤回も”. 毎日新聞 (2022年3月14日). 2022年7月25日閲覧。
  90. ^ Ivermectin for COVID-19: Addressing Potential Bias and Medical Fraud”. Open Forum Infectious Diseases, Volume 9, Issue 2, February 2022, ofab645, https://doi.org/10.1093/ofid/ofab645+(2022年1月17日).+2022年7月25日閲覧。
  91. ^ “Ivermectin: a systematic review from antiviral effects to COVID-19 complementary regimen”. The Journal of Antibiotics 73 (9): 593–602. (September 2020). doi:10.1038/s41429-020-0336-z. PMC 7290143. PMID 32533071. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7290143/. 
  92. ^ Ivermectin shows us how hard it is to use old drugs for COVID. Here’s how to do better next time”. The Conversation (2021年9月22日). 2022年7月25日閲覧。
  93. ^ “Antiviral treatment of COVID-19”. Turkish Journal of Medical Sciences 50 (SI-1): 611–619. (April 2020). doi:10.3906/sag-2004-145. PMC 7195979. PMID 32293834. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7195979/. 
  94. ^ “Ivermectin and COVID-19: A report in Antiviral Research, widespread interest, an FDA warning, two letters to the editor and the authors' responses”. Antiviral Research 178: 104805. (June 2020). doi:10.1016/j.antiviral.2020.104805. PMC 7172803. PMID 32330482. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7172803/. 
  95. ^ “Effect of Ivermectin on Time to Resolution of Symptoms Among Adults With Mild COVID-19: A Randomized Clinical Trial”. JAMA 325 (14): 1426–1435. (April 2021). doi:10.1001/jama.2021.3071. PMC 7934083. PMID 33662102. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7934083/. 
  96. ^ “The broad spectrum antiviral ivermectin targets the host nuclear transport importin α/β1 heterodimer”. Antiviral Research 177: 104760. (May 2020). doi:10.1016/j.antiviral.2020.104760. PMID 32135219. 
  97. ^ “Misleading clinical evidence and systematic reviews on ivermectin for COVID-19”. BMJ Evidence-Based Medicine. (April 22, 2021). doi:10.1136/bmjebm-2021-111678. ISSN 2515-446X. PMID 33888547. https://ebm.bmj.com/content/early/2021/05/26/bmjebm-2021-111678. 
  98. ^ Wagstaff, KylieM.; Sivakumaran, Haran; Heaton, StevenM.; Harrich, David; Jans, DavidA. (1 May 2012). “Ivermectin is a specific inhibitor of importin α/β-mediated nuclear import able to inhibit replication of HIV-1 and dengue virus”. Biochemical Journal 443 (Pt 3): 851–856. doi:10.1042/BJ20120150. ISSN 0264-6021. PMC 3327999. PMID 22417684. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3327999/. 
  99. ^ Kosyna, Friederike K.; Depping, Reinhard (November 2018). “Controlling the Gatekeeper: Therapeutic Targeting of Nuclear Transport” (英語). Cells 7 (11): 221. doi:10.3390/cells7110221. PMC 6262578. PMID 30469340. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/labs/pmc/articles/PMC6262578/ 2022年1月23日閲覧。. 
  100. ^ “Ivermectin for preventing and treating COVID-19”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 7 (8): CD015017. (July 2021). doi:10.1002/14651858.cd015017.pub2. PMC 8406455. PMID 34318930. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8406455/. 
  101. ^ Reis, Gilmar; Silva, Eduardo A.S.M.; Silva, Daniela C.M.; Thabane, Lehana; Milagres, Aline C.; Ferreira, Thiago S.; dos Santos, Castilho V.Q.; Campos, Vitoria H.S. et al. (2022-03-30). “Effect of Early Treatment with Ivermectin among Patients with Covid-19”. New England Journal of Medicine 386 (18): 1721–1731. doi:10.1056/NEJMoa2115869. ISSN 0028-4793. PMC 9006771. PMID 35353979. https://doi.org/10.1056/NEJMoa2115869. 
  102. ^ a b “The lesson of ivermectin: meta-analyses based on summary data alone are inherently unreliable”. Nature Medicine 27 (11): 1853–1854. (November 2021). doi:10.1038/s41591-021-01535-y. PMID 34552263. 
  103. ^ a b c Meyerowitz-Katz G (2021年12月11日). “'Science is flawed': COVID-19, ivermectin, and beyond”. Medical News Today. 2022年7月20日閲覧。
  104. ^ How anti-vaxxers and ivermectin advocates have co-opted US local news”. The Guardian (2021年11月3日). 2022年7月26日閲覧。
  105. ^ a b c d e f Ivermectin and the Integrity of Healthcare Evidence During COVID-19”. Frontiers Media (2022年3月1日). 2022年7月27日閲覧。
  106. ^ a b c Risks of importing Ivermectin for treatment of COVID-19”. TGA (2021年8月23日). 2022年7月27日閲覧。
  107. ^ Gorski DH (2021年4月15日). “Ivermectin is the new hydroxychloroquine”. Science-Based Medicine. 2022年7月24日閲覧。
  108. ^ a b Merck Statement on Ivermectin use During the COVID-19 Pandemic”. Merck (2021年2月4日). 2022年7月24日閲覧。
  109. ^ Why You Should Not Use Ivermectin to Treat or Prevent COVID-19”. USFDA (2021年3月5日). 2021年7月16日閲覧。
  110. ^ Table 2c. Ivermectin: Selected Clinical Data”. アメリカ国立衛生研究所(NIH) (2022年4月29日). 2022年7月20日閲覧。
  111. ^ IDSA Guidelines on the Treatment and Management of Patients with COVID-19”. IDSA (2022年6月29日). 2022年7月20日閲覧。
  112. ^ IDSA Guideline on the Treatment and Management of COVID-19 Ivermectin (PDF)”. IDSA (2022年7月12日). 2022年7月20日閲覧。
  113. ^ ESCMID COVID-19 living guidelines: drug treatment and clinical management”. ESCMID (2021年11月21日). 2022年7月22日閲覧。
  114. ^ WHO advises that ivermectin only be used to treat COVID-19 within clinical trials” (英語). www.who.int. 2021年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月4日閲覧。
  115. ^ Anvisa se manifesta contra o uso da ivermectina na Covid-19” [Anvisa speaks out against the use of ivermectin in Covid-19] (Portuguese). PEBMED (2020年7月13日). 2022年7月24日閲覧。
  116. ^ Atualizações e Recomendações sobre a Covid-19” [Updates and recommendations on Covid-19] (Portuguese). Sociedade Brasileira de Infectologia (2020年12月9日). 2022年7月24日閲覧。
  117. ^ Posicionamento da Sociedade Brasileira de Pneumologia e Tisiologia Sobre o Colapso em Manaus e Tratamento Preventivo e Precoce da Covid-19” [Brazilian Thoracic Society Position Statement on the Collapse in Manaus and the Preventive and Early Treatment of Covid-19] (Portuguese). Sociedade Brasileira de Pneumologia e Tisiologia (2021年1月17日). 2022年7月24日閲覧。
  118. ^ 新型コロナウイルス感染症 診療の手引き8.0 (PDF)”. 厚生労働省 (2022年3月25日). 2022年7月25日閲覧。
  119. ^ MSDとマルホ COVID-19 へのイベルメクチンの処方で医療関係者に注意喚起 安全性情報の監視継続”. 株式会社ミクス (2021年10月13日). 2022年7月25日閲覧。
  120. ^ The Politicization of Ivermectin Tweets During the COVID-19 Pandemic”. Open Forum Infect Dis. 2022 Jul; 9(7): ofac263. Published online 2022 Jun 6. doi: 10.1093/ofid/ofac263. 2022年7月23日閲覧。
  121. ^ a b iRozhlas.cz: Ivermektin může předepsat lékař. Je to lepší než shánět načerno pastu pro koně, říká Irena Storová”. sukl (2021年3月18日). 2022年7月20日閲覧。
  122. ^ a b The rise and fall of a coronavirus 'miracle cure”. POLITICO (2021年3月30日). 2021年8月14日閲覧。
  123. ^ Žádost o poskytnutí informací ze dne 28. 5. 2022”. sukl (2022年5月28日). 2022年7月20日閲覧。
  124. ^ Slovakia Becomes the First EU Nation to Formally Approve Ivermectin for Both Prophylaxis and Treatment for COVID-19 Patients”. TrialSiteNews. TrialSiteNews (2021年1月28日). 2021年1月31日閲覧。
  125. ^ a b c Ivermectin and Covid-19: how a cheap antiparasitic became political”. Pharmaceutical Technology (2021年4月19日). 2021年8月14日閲覧。
  126. ^ Ivermectin clinical trial in PH will no longer push through”. Philippine Canadian Inquirer (2022年5月21日). 2022年7月20日閲覧。
  127. ^ DOH reiterates warning against use of antiparasitic drug ivermectin”. GMA Network (2022年2月8日). 2022年7月20日閲覧。
  128. ^ DGHS drops Ivermectin, Doxycycline from Covid-19 treatment; ICMR rules unchanged”. India Today (2021年6月7日). 2021年8月14日閲覧。
  129. ^ a b c d Fact check: No, ivermectin didn’t cure COVID-19 in Japan and India”. The Star (2022年1月28日). 2022年2月12日閲覧。
  130. ^ Covid-19: Minsa aprueba resolución que deja sin efecto el uso de tres medicamentos”. Agencia Peruana de Noticias (2020年10月13日). 2021年8月14日閲覧。
  131. ^ IVERMECTINA VUELVE A SER INCLUIDA EN TRATAMIENTO COVID-19”. Extra (in Spanish) (2021年1月22日). 2021年8月14日閲覧。
  132. ^ Médicos en CDMX suministran ivermectina y azitromicina para tratar pacientes con COVID-19”. El Financiero (in Spanish) (2021年1月22日). 2021年8月14日閲覧。
  133. ^ Ivermectin is no longer in COVID-19 treatment kits in Mexico”. AP News (2022年1月29日). 2022年7月20日閲覧。
  134. ^ a b c d Lowe, Derek (2020年5月11日). “What's Up With Ivermectin?” (英語). science.com. https://blogs.sciencemag.org/pipeline/archives/2020/05/11/whats-up-with-ivermectin 2020年6月4日閲覧。 
  135. ^ a b Piller, Charles; Servick, Kelly (2020年6月4日). “Two elite medical journals retract coronavirus papers over data integrity questions”. Science. https://www.sciencemag.org/news/2020/06/two-elite-medical-journals-retract-coronavirus-papers-over-data-integrity-questions 2022年2月12日閲覧。 
  136. ^ a b c Surgisphere Sows Confusion About Another Unproven COVID-19 Drug”. The Scientist Magazine® (2020年6月16日). 2022年2月12日閲覧。
  137. ^ Desperation, misinformation: how the ivermectin craze spread across the world”. The Guardian (2021年9月24日). 2021年10月16日閲覧。
  138. ^ a b 無効な治療薬への依存でコロナ死亡増”. 時事メディカル (2022年4月20日). 2022年7月20日閲覧。
  139. ^ 新型コロナウイルス:誤った安心感が命を脅かす 死者数2位のブラジルで広がる 「あの薬」”. 国境なき医師団 (2021年5月11日). 2022年7月20日閲覧。
  140. ^ a b c d COVID-19 in Latin America and the Caribbean: Two years of the pandemic”. Wiley Online Library (2022年4月12日). 2022年7月20日閲覧。
  141. ^ Covid-19: Ivermectin’s politicisation is a warning sign for doctors”. BMJ (2021年4月1日). 2021年8月14日閲覧。
  142. ^ FDA's stance on ivermectin aligned to SAHPRA's position”. SAHPRA (2021年9月3日). 2022年2月12日閲覧。
  143. ^ SAHPRA STATEMENT ON THE TERMINATION OF THE “IVERMECTIN CONTROLLED COMPASSIONATE USE ACCESS PROGRAMME””. SAHPRA (2022年5月30日). 2022年7月20日閲覧。
  144. ^ IVERMECTIN NO LONGER ALLOWED TO TREAT COVID-19 IN SOUTH AFRICA”. ewn (2022年5月30日). 2022年7月20日閲覧。
  145. ^ a b c d 「何もしないよりまし」とは限らない ヒドロキシクロロキンの教訓”. 朝日新聞 (2021年9月20日). 2022年7月27日閲覧。
  146. ^ Adverse drug reactions associated with ivermectin use for COVID-19 reported in the World Health Organization's pharmacovigilance database”. Therapies (2022年4月20日). 2022年7月23日閲覧。
  147. ^ Ivermectin-Induced Acute Psychosis in Patients Infected With COVID-19 Pneumonia”. Cureus (2022年6月21日). 2022年7月23日閲覧。
  148. ^ Efficacy of Ivermectin Treatment on Disease Progression Among Adults With Mild to Moderate COVID-19 and Comorbidities”. JAMA (2022年2月18日). 2022年7月23日閲覧。
  149. ^ The catastrophic Brazilian response to covid-19 may amount to a crime against humanity”. BMJ (2021年4月5日). 2022年7月23日閲覧。
  150. ^ 「コロナ治療」で広がる輸入 未承認薬、厚労省「安易な服用控えて」”. 時事通信社 (2021年2月21日). 2022年7月25日閲覧。
  151. ^ a b 「イベルメクチンこそ新型コロナの特効薬」を信じてはいけない5つの理由”. プレジデントオンライン (2021年8月21日). 2021年9月24日閲覧。
  152. ^ “The Approved Dose of Ivermectin Alone is not the Ideal Dose for the Treatment of COVID-19”. Clinical Pharmacology and Therapeutics 108 (4): 762–765. (October 2020). doi:10.1002/cpt.1889. PMC 7267287. PMID 32378737. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7267287/. 
  153. ^ STROMECTOL® (IVERMECTIN) Drug Monograph”. FDA.gov. 2012年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月18日閲覧。
  154. ^ a b “The multitargeted drug ivermectin: from an antiparasitic agent to a repositioned cancer drug”. American Journal of Cancer Research 8 (2): 317–331. (2018). PMC 5835698. PMID 29511601. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5835698/. 
  155. ^ Poison Control Centers Are Fielding A Surge Of Ivermectin Overdose Calls”. NPR (2021年9月4日). 2021年10月16日閲覧。
  156. ^ You are not a horse. You are not a cow. Seriously, y'all. Stop it.”. twitter@US_FDA (2021年8月21日). 2021年9月25日閲覧。
  157. ^ a b 効くのか?効かないのか? イベルメクチン コロナ治療に効果は…”. NHK (2021年8月23日). 2021年9月25日閲覧。
  158. ^ a b コロナ治療薬? イベルメクチン処方急増に警告、米国”. ナショナル ジオグラフィック 日本版 (2021年10月6日). 2021年10月16日閲覧。
  159. ^ Rapid Increase in Ivermectin Prescriptions and Reports of Severe Illness Associated with Use of Products Containing Ivermectin to Prevent or Treat COVID-19”. Centers for Disease Control and Prevention Health Alert Network (2021年8月26日). 2021年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月4日閲覧。
  160. ^ Drew University Nobel Prize Winner Refutes Ivermectin Meme”. Drew University (2021年9月). 2022年2月14日閲覧。
  161. ^ “False meme: Nobel laureate did not say ivermectin 'cures' covid-19”. Washington Post. (2021年9月8日). https://www.washingtonpost.com/politics/2021/09/08/false-meme-nobel-laureate-did-not-say-ivermectin-cures-covid-19/ 
  162. ^ 「イベルメクチン」は新型コロナウイルスの治療薬になり得るか?——大村智”. 愛知出版社 (2022年2月1日). 2022年7月24日閲覧。
  163. ^ 大村博士✖️中島克仁 対談 ② 「薬の供給確保は安全保障の問題」”. 衆議院議員 中島かつひとのブログ (2021年6月28日). 2022年7月24日閲覧。
  164. ^ 「イベルメクチン」発見者・大村智博士が訴える「特例承認すべき」 国内でも服用患者は「あっという間に治った」”. デイリー新潮 (2014年3月14日). 2022年7月24日閲覧。
  165. ^ a b c 本誌独占!ノーベル賞学者・大村智博士が激白45分「予防はワクチン 治療はイベルメクチン」〈サンデー毎日〉”. 週刊エコノミスト (2021年7月12日). 2022年7月24日閲覧。
  166. ^ 期待されるイベルメクチン―大村智博士に聞く”. 世界日報 (2021年9月6日). 2022年7月25日閲覧。
  167. ^ 東京都医師会が切実に訴える特効薬「イベルメクチン」使用 「変異ウイルスにも有効」”. デイリー新潮 (2021年3月20日). 2022年7月25日閲覧。
  168. ^ 抗寄生虫薬 コロナ治療効果に自信 ノーベル賞大村氏、岡山で講演”. 山陽新聞 (2022年1月22日). 2022年7月24日閲覧。
  169. ^ 大村智博士×中島克仁 対談④ 「抗寄生虫薬がなぜウィルスに効くのか」”. 衆議院議員 中島かつひとのブログ (2021年7月13日). 2022年7月24日閲覧。
  170. ^ World Ivermectin Day 24 July 2021: Covid is treatable with ivermectin and can end the pandemic”. World Ivermectin Day (2021年7月21日). 2022年7月24日閲覧。
  171. ^ World Ivermectin Day: News, Views and More #1”. TrialSiteNews (2021年7月24日). 2022年7月24日閲覧。
  172. ^ Ivermectin Inventor Dr Satoshi Ōmura World Ivermectin Day 2021”. YouTube (2021年7月27日). 2022年7月24日閲覧。
  173. ^ 「世界イベルメクチン・デー制定記念」大村智博士 岡山大学名誉博士称号授与式・記念講演会”. 岡山大学 (2022年1月21日). 2022年7月24日閲覧。
  174. ^ The regrettable story of the “Covid Kit” and the “Early Treatment of Covid-19” in Brazil”. The Lancet (2021年10月5日). 2022年7月24日閲覧。
  175. ^ Who are the BIRD Group?”. BIRD. 2022年7月24日閲覧。
  176. ^ a b ノーベル賞受賞者が言ったから、イベルメクチンを「盲信」していいのか?”. Newsweek (2022年6月14日). 2022年7月24日閲覧。
  177. ^ 「イベルメクチン」大村智編著”. 日刊ゲンダイ (2022年2月16日). 2022年7月24日閲覧。
  178. ^ イベルメクチン ; 新型コロナ治療の救世主になり得るのか”. 河出書房新社 (2021年12月1日). 2022年7月24日閲覧。
  179. ^ Fact check: Japan did not stop its COVID-19 vaccine rollout and switch to ivermectin to treat virus”. USA Today (2021年11月5日). 2022年2月12日閲覧。
  180. ^ Japan Continues to Use Vaccines, Not Ivermectin, to Fight COVID-19”. FactCheck.org (2021年11月4日). 2022年2月12日閲覧。
  181. ^ a b 【検証】「日本政府がコロナ治療薬にイベルメクチン推奨」は誤り”. AFP (2021年9月22日). 2022年2月12日閲覧。
  182. ^ Japan has not substituted ivermectin for COVID-19 vaccines”. AP NEWS (2021年10月30日). 2022年2月12日閲覧。
  183. ^ a b イベルメクチン投与国「コロナ感染者少ない」のからくり”. 朝日新聞 (2021年8月30日). 2022年7月20日閲覧。
  184. ^ 都医師会に批判噴出:医療の大衆迎合化につながるイベルメクチンの過大評価”. SAKISIRU (2021年9月3日). 2022年7月20日閲覧。
  185. ^ What does the COVID-19 pandemic mean for the next decade of onchocerciasis control and elimination?”. Oxford University Press (2021年1月29日). 2022年7月20日閲覧。
  186. ^ COVID-19 in the 47 countries of the WHO African region: a modelling analysis of past trends and future patterns”. The Lancet (2022年6月1日). 2022年7月20日閲覧。
  187. ^ a b c There is no scientific basis for claims of ivermectin’s success in Uttar Pradesh, India”. poynter (2021年11月16日). 2022年7月20日閲覧。
  188. ^ a b No new COVID-19 cases in Uttar Pradesh, India, due to use of ivermectin”. politifact (2021年11月1日). 2022年7月20日閲覧。
  189. ^ Uttar Pradesh: Corona casualties under-reported by 43 times, says Akhilesh Yadav”. times of india (2021年6月23日). 2022年7月20日閲覧。
  190. ^ Uttar Pradesh: No data on Covid deaths in home isolation, sa .. Read more at: http://timesofindia.indiatimes.com/articleshow/85473261.cms?utm_source=contentofinterest&utm_medium=text&utm_campaign=cppst”. times of india (2021年8月20日). 2022年7月20日閲覧。
  191. ^ Death Count In 24 UP Districts 43 Times More Than Official Covid-19 Toll”. article-14 (2021年6月21日). 2022年7月20日閲覧。
  192. ^ ICMR、コロナ治療薬から2種類を除外”. アジア経済ニュース (2021年9月28日). 2022年7月20日閲覧。
  193. ^ 一ノ瀬正樹、児玉一八、小波秀雄、髙野徹、高橋久仁子、ナカイサヤカ、名取宏 『科学リテラシーを磨くための7つの話』あけび書房、2022年3月3日。ISBN 978-4871542043 
  194. ^ Factores asociados a letalidad por COVID-19 en un hospital de la región Cajamarca en Perú”. 2021 Vol 38 (4) > Anyaypoma-Ocón. 2022年7月20日閲覧。
  195. ^ Mortality and associated risk factors in patients hospitalized due to COVID-19 in a Peruvian reference hospital”. PLOS (2022年3月2日). 2022年7月20日閲覧。
  196. ^ a b Encouraged by right-wing doctor groups, desperate patients turn to ivermectin for long Covid”. Stat (2022年7月26日). 2022年7月27日閲覧。
  197. ^ デキサメタゾンに続くコロナ薬は”. 薬事日報社 (2020年7月31日). 2022年7月27日閲覧。
  198. ^ a b 興和 イベルメクチンの 「オミクロン株」への抗ウイルス効果を確認 (PDF)”. 興和株式会社 (2022年1月31日). 2022年2月1日閲覧。
  199. ^ CORRECTED-Japan's Kowa says ivermectin showed 'antiviral effect' against Omicron in research”. Reuters (2022年1月31日). 2022年2月1日閲覧。
  200. ^ Ivermectin shows ‘antiviral effect’ against COVID, Japanese company says”. Reuters (2022年2月1日). 2022年2月1日閲覧。
  201. ^ Reuters Corrects Report That Ivermectin Has Anti-Viral Effect Against Omicron in Humans”. Newsweek (2022年2月1日). 2022年2月12日閲覧。
  202. ^ False claim spreads about Japanese ivermectin study, despite correction”. AP NEWS (2022年2月3日). 2022年2月12日閲覧。
  203. ^ “Ivermectin-Studie geht viral – sie ist aber irreführend” (ドイツ語). watson.ch. (2022年2月4日). https://www.watson.ch/schweiz/international/836052271-corona-ivermectin-studie-geht-irrefuehrend-viral 2022年2月4日閲覧。 
  204. ^ Error in article fuels ivermectin misinformation online”. AFP (2022年2月5日). 2022年2月12日閲覧。
  205. ^ Ivermectin Story Bungled; 'Useless' Test Results; Further Strain on Hospitals”. Medpage Today (2022年2月3日). 2022年7月20日閲覧。
  206. ^ a b Fact Check-No evidence Shinzo Abe killed for not following ‘WEF orders’”. Reuters (2022年7月12日). 2022年7月20日閲覧。
  207. ^ a b Fact Check: NO Evidence Japanese Ex-PM Abe Assassinated Because He Didn't Follow WEF Orders, Didn't Mandate COVID Vaccines, Gave Citizens Ivermectin”. Lead Stories (2022年7月11日). 2022年7月20日閲覧。
  208. ^ False claim links Shinzo Abe to ivermectin as a COVID treatment”. AAP FactCheck (2022年7月21日). 2022年7月21日閲覧。
  209. ^ “Association of County-Level Prescriptions for Hydroxychloroquine and Ivermectin With County-Level Political Voting Patterns in the 2020 US Presidential Election”. JAMA Intern Med 182 (4): 452–454. (February 2022). doi:10.1001/jamainternmed.2022.0200. PMC 8980920. PMID 35179552. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8980920/. 
  210. ^ a b A Senate hearing promoted unproven drugs and dubious claims about the coronavirus”. The New York Times (2020年12月8日). 2022年7月21日閲覧。
  211. ^ Edmondson, Catie; Fandos, Nicholas (2020年12月7日). “Elevating Fringe Theories, Ron Johnson Questions Virus Science”. The New York Times. オリジナルの2020年12月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201209011103/https://www.nytimes.com/2020/12/07/us/politics/ron-johnson-coronavirus.html 
  212. ^ No evidence ivermectin is a miracle drug against COVID-19”. AP News (2020年12月11日). 2022年7月20日閲覧。
  213. ^ a b Doubting mainstream medicine, COVID patients find dangerous advice and pills online”. NPR (2022年7月19日). 2022年7月21日閲覧。
  214. ^ a b YouTube のポリシー、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の医学的に誤った情報に関するポリシー”. Google. 2022年7月21日閲覧。
  215. ^ a b How ivermectin became the new focus of the anti-vaccine movement”. NPR (2021年9月19日). 2022年7月21日閲覧。
  216. ^ In America, the business of lies is winning — and killing people”. MSNBC (2022年4月5日). 2022年7月21日閲覧。
  217. ^ a b “What is Ivermectin? Why social media creates Covid 'miracle drugs' – and why you shouldn't trust the crowd”. inews.co.uk. (2021年2月24日). https://inews.co.uk/news/health/invermectin-tablets-what-covid-miracle-drug-social-media-explained-882700 
  218. ^ “Frontiers Removes Controversial Ivermectin Paper Pre-Publication”. The Scientist. (2 March 2021). https://www.the-scientist.com/news-opinion/frontiers-removes-controversial-ivermectin-paper-pre-publication-68505. 
  219. ^ RETRACTED: Clinical and Scientific Rationale for the “MATH+” Hospital Treatment Protocol for COVID-19”. Journal of Intensive Care Medicine (2020年12月15日). 2022年7月21日閲覧。
  220. ^ Bad MATH+? Covid treatment paper by Pierre Kory retracted for flawed results”. Retraction Watch (2021年11月10日). 2022年7月21日閲覧。
  221. ^ “Retraction Notice”. Journal of Intensive Care Medicine. (November 9, 2021). doi:10.1177/08850666211049062. 
  222. ^ Ivermectin papers slapped with expressions of concern”. Retraction Watch (2022年2月11日). 2022年7月21日閲覧。
  223. ^ Expression of Concern for Kory P, Meduri GU, Varon J, Iglesias J, Marik PE. Review of the Emerging Evidence Demonstrating the Efficacy of Ivermectin in the Prophylaxis and Treatment of COVID-19. Am J Ther. 2021;28(3) e299–e318. (7 February 2022). doi:10.1097/MJT.0000000000001481. 
  224. ^ イベルメクチン vs コロナ:本当にヤバい「メタ解析」の話”. エビカツ横丁 (2021年2月3日). 2022年7月24日閲覧。
  225. ^ Ivermectin: The acupuncture of COVID-19 treatments”. Science-Based Medicine (2022年3月21日). 2022年7月26日閲覧。
  226. ^ 2020 and the pandemic: A year of (some) physicians behaving badly”. Science-Based Medicine (2020年12月28日). 2022年7月20日閲覧。
  227. ^ 2 fringe doctors created the myth that ivermectin is a 'miracle cure' for COVID-19 — whipping up false hope that could have deadly consequences”. Business Insider (2021年9月17日). 2022年7月21日閲覧。
  228. ^ Anti-Vaxxers Pivot to ‘Treating’ Long COVID”. Vice Media (2022年6月17日). 2022年7月26日閲覧。
  229. ^ a b Network of Right-Wing Health Care Providers Is Making Millions Off Hydroxychloroquine and Ivermectin, Hacked Data Reveals” (英語). The Intercept (2021年9月28日). 2021年10月7日閲覧。
  230. ^ How 'America's Frontline Doctors' Sold Access to Bogus COVID-19 Treatments—and Left Patients in the Lurch”. TIME (2021年8月26日). 2022年7月26日閲覧。
  231. ^ 反ワクチン活動組織と結託?オンライン医療サービス企業がイベルメクチン、ヒドロキシクロロキンで大儲け”. Mashup (2021年10月2日). 2022年7月20日閲覧。
  232. ^ US Insurer Spending on Ivermectin Prescriptions for COVID-19”. JAMA Network (2022年1月13日). 2022年7月26日閲覧。
  233. ^ ‘PRESCRIBE IVERMECTIN FOR COVID-19 ONLY IN LARGE RANDOMIZED TRIALS’”. Florida Atlantic University (2022年2月16日). 2022年7月26日閲覧。
  234. ^ a b Ivermectin Doesn't Help Covid, But Generic Drug Makers Are Cashing In”. Bloomberg Businessweek (2021年10月13日). 2022年7月26日閲覧。
  235. ^ イベルメクチン個人輸入に警鐘「科学的根拠ない」”. 産経新聞 (2021年10月17日). 2022年7月25日閲覧。
  236. ^ 「奇跡の治療薬」の宣伝文句も…国内未承認のコロナ治療薬、輸入代行サイトで販売横行”. 読売新聞 (2021年11月8日). 2022年7月25日閲覧。
  237. ^ イベルメクチンに超期待する人が知らない真実”. 東洋経済新報社 (2021年3月12日). 2022年7月25日閲覧。
  238. ^ TGA cautions consumers over counterfeit ivermectin”. TGA (2022年3月3日). 2022年7月27日閲覧。
  239. ^ Ivermectin study in the city of Itajaí contains several methodological weaknesses, resulting in questionable conclusions”. health feedback (2022年1月25日). 2022年2月13日閲覧。
  240. ^ a b c d e Covid-19: Mexico City gave ivermectin kits to people with covid in “unethical” experiment”. BMJ 2022; 376 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.o453 Cite this as: BMJ 2022;376:o453 (2022年2月22日). 2022年7月20日閲覧。
  241. ^ Claim that ivermectin is bringing down COVID-19 mortality rate in Mexico lacks evidence”. PolitiFact (2021年10月4日). 2022年7月21日閲覧。
  242. ^ Opinion: Mexico City’s decision to distribute ivermectin marked a new low for pandemic mismanagement”. The Washington Post (2022年2月9日). 2022年2月12日閲覧。
  243. ^ “Falso y engañoso estudio del GobCDMX sobre Ivermectina para tratar Covid” (スペイン語). Capital CDMX. (2022年2月4日). https://capital-cdmx.org/falso-y-enganoso-estudio-del-gobcdmx-sobre-ivermectina-para-tratar-covid/ 
  244. ^ "They used us as an experiment": Arkansas inmates who were given ivermectin to treat COVID file federal lawsuit against jail”. CBS News (2022年1月17日). 2022年7月21日閲覧。
  245. ^ a b c d Arkansas inmates unknowingly given ivermectin to treat COVID-19, lawsuit says”. The Hill (2022年1月17日). 2022年7月21日閲覧。
  246. ^ 人体実験に使用された。受刑者にイベルメクチンを無断投与した刑務所、医師らが提訴される”. カラパイア (2022年1月19日). 2022年7月21日閲覧。
  247. ^ a b Inmates Weren't Told They Were Given An Anti-Parasite Drug Instead Of COVID-19 Meds”. NPR (2021年9月2日). 2022年7月21日閲覧。
  248. ^ 受刑者に新型コロナ治療薬としてイベルメクチンを無断で投与した医師が訴えられる、受刑者は血便・胃けいれん・視覚異常を副作用で発症”. gigazine (2022年1月19日). 2022年7月21日閲覧。
  249. ^ Arkansas jail’s ivermectin experiments recall historical medical abuse of imprisoned minorities”. The Guardian (2022年2月14日). 2022年7月21日閲覧。
  250. ^ a b Pfizer's new COVID-19 protease inhibitor drug is not just 'repackaged ivermectin'”. Science-Based Medicine (2021年11月15日). 2022年7月20日閲覧。
  251. ^ “Pfizer's new pill to prevent COVID-19 is not the same as ivermectin” (英語). AP NEWS. (2021年10月1日). https://apnews.com/article/fact-checking-067310377629 
  252. ^ Did Cornell Name Ivermectin Most Effective Drug vs. Omicron?”. Tech ARP (2022年2月15日). 2022年7月25日閲覧。
  253. ^ The Citation of Retracted COVID-19 Papers is Common and Rarely Critical”. medRxiv (2022年6月30日). 2022年7月26日閲覧。
  254. ^ Unethical studies of ivermectin for covid-19”. BMJ 2022; 377 doi: https://doi.org/10.1136/bmj.o917+(2022年4月14日).+2022年7月21日閲覧。
  255. ^ Why pandemic-era social media fixes haven’t worked — and could backfire — in the complex case of ivermectin”. DIGIDAY (2021年9月13日). 2022年7月26日閲覧。
  256. ^ a b 【専門職がCOVID-19の偽情報を広めるときの規制当局の規律】転載/カナダ薬剤師会雑誌情報”. ドラビズ on-line (2022年7月19日). 2022年7月26日閲覧。
  257. ^ The Covid-19 Infodemic — Applying the Epidemiologic Model to Counter Misinformation”. The New England Journal of Medicine (2021年8月19日). 2022年7月26日閲覧。
  258. ^ Inappropriate use of ivermectin during the COVID-19 pandemic: primum non nocere!”. ESCMID (2022年3月22日). 2022年7月27日閲覧。
  259. ^ TikTok, Reddit, and Facebook are struggling with ivermectin misinformation”. The Verge (2021年8月27日). 2022年7月26日閲覧。
  260. ^ Amit Patel (2020年4月19日). “Usefulness of Ivermectin in COVID-19 Illness”. SSRN. 2020年5月1日閲覧。
  261. ^ A mysterious company's coronavirus papers in top medical journals may be unraveling”. Science. AAAS (2020年6月2日). 2022年2月12日閲覧。
  262. ^ Lancet, NEJM Retract Surgisphere Studies on COVID-19 Patients” (英語). The Scientist Magazine®. 2021年7月23日閲覧。
  263. ^ a b c Huge study supporting ivermectin as Covid treatment withdrawn over ethical concerns”. The Guardian (2021年7月15日). 2021年8月14日閲覧。
  264. ^ Expression of Concern: “Meta-analysis of Randomized Trials of Ivermectin to Treat SARS-CoV-2 Infection””. Open Forum Infectious Diseases (2021年8月9日). 2021年8月13日閲覧。
  265. ^ a b c Ivermectin for COVID-19: Addressing Potential Bias and Medical Fraud” (2022年1月17日). 2022年2月12日閲覧。
  266. ^ The Rise and Fall of Ivermectin — 1 Year Later”. the NEJM Journal Watch (2022年2月12日). 2022年2月13日閲覧。
  267. ^ Is Ivermectin for Covid-19 Based on Fraudulent Research?”. Medium (2021年7月16日). 2022年7月20日閲覧。
  268. ^ Ivermectin-COVID-19 study retracted; authors blame file mixup”. Retraction Watch (2021年11月2日). 2022年7月20日閲覧。
  269. ^ How my ivermectin research led to Twitter death threats”. The Guardian (2021年10月13日). 2021年10月16日閲覧。
  270. ^ ‘I hope you die’: how the COVID pandemic unleashed attacks on scientists”. nature (2021年10月13日). 2021年10月16日閲覧。
  271. ^ Covid: Scientists targeted with abuse during pandemic”. BBC (2021年10月14日). 2021年10月16日閲覧。
  272. ^ 新型コロナウイルス感染症 (COVID‐19) の予防および治療に対するイベルメクチン”. コクラン共同計画 (2021年7月28日). 2021年8月13日閲覧。
  273. ^ Ivermectin (Still) Lacks Scientific Support as a COVID-19 Drug”. The Scientist (2021年8月2日). 2021年8月14日閲覧。
  274. ^ a b Ivermectin for preventing and treating COVID‐19”. Cochrane (2022年6月21日). 2022年7月20日閲覧。
  275. ^ Question: For adults with mild or moderate to severe symptomatic COVID‐19, what are the effects of ivermectin?”. Cochrane Clinical Answers (2022年7月4日). 2022年7月20日閲覧。
  276. ^ Ivermectin for COVID-19 review update: 11 trials and no evidence of benefit shown”. LSTM (2022年6月21日). 2022年7月20日閲覧。
  277. ^ a b c “Comparison of Trials Using Ivermectin for COVID-19 Between Regions With High and Low Prevalence of Strongyloidiasis: A Meta-analysis”. JAMA Netw Open 5 (3): e223079. (March 2022). doi:10.1001/jamanetworkopen.2022.3079. PMC 8938718. PMID 35311963. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8938718/. 
  278. ^ a b c d 医師主導治験、臨床研究・治験計画情報”. 臨床研究実施計画・研究概要公開システム (2020年9月16日). 2021年9月24日閲覧。
  279. ^ 国会会議録検索システム、第204回国会 衆議院 厚生労働委員会 第6号 令和3年3月24日”. 国立国会図書館. 2022年7月21日閲覧。
  280. ^ a b c Changes (Side-by-Side) for Study: NCT04703205 Compare v4 to v5October 24, 2021 (v5) -- January 18, 2022 (v6)”. clinicaltrials.gov (2022年1月18日). 2022年7月21日閲覧。
  281. ^ a b 治験参加のお願い (PDF)”. 岡山大学病院 (2021年9月6日). 2021年9月24日閲覧。
  282. ^ 岡山大病院 イベルメクチン治験 コロナ治療薬として期待”. 山陽新聞 (2021年9月19日). 2021年9月24日閲覧。
  283. ^ COVID-19対策北里プロジェクト イベルメクチンのCOVID-19に対する適応追加を目指した医師主導治験 (PDF)”. 2022.2.25 第9回JMACシンポジウム 『コロナ事態のバイオ計測技術の貢献』. 2022年7月21日閲覧。
  284. ^ a b 医師主導治験、臨床研究・治験計画情報”. 臨床研究等提出・公開システム (2021年10月30日). 2022年7月21日閲覧。
  285. ^ AMEDにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連研究開発課題一覧(令和4年2月時点) (PDF)”. AMED (2022年2月1日). 2022年7月21日閲覧。
  286. ^ 医療研究開発推進事業費補助金取扱要領 (PDF)”. AMED. 2022年7月21日閲覧。
  287. ^ COVID-19対策北里プロジェクト”. 北里大学. 2022年7月21日閲覧。
  288. ^ COVID-19 対策 北里プロジェクト 2020 年度報告書 (PDF)”. 北里大学. 2022年7月21日閲覧。
  289. ^ COVID-19対策北里プロジェクト募金-寄付者ご芳名”. 北里大学 (2021年12月10日). 2022年7月21日閲覧。
  290. ^ a b c 企業治験、臨床研究・治験計画情報”. 臨床研究実施計画・研究概要公開システム (2021年9月16日). 2021年9月24日閲覧。
  291. ^ a b c d イベルメクチン 興和、コロナ治験実施へ”. 化学工業日報 (2021年7月2日). 2021年8月13日閲覧。
  292. ^ a b 興和:新型コロナ患者対象にイベルメクチンの臨床試験開始”. 日本医事新報社 (2021年7月10日). 2021年9月25日閲覧。
  293. ^ a b c A Phase III Confirmatory Study of K-237”. ClinicalTrials.gov (2021年9月27日). 2021年10月16日閲覧。
  294. ^ <独自>東京都、コロナ経口薬の治験協力開始”. 産経新聞 (2021年11月27日). 2021年11月27日閲覧。
  295. ^ 新型コロナウイルス感染症の治療薬(イベルメクチン)の治験開始について”. 愛知県 (2021年12月2日). 2022年1月31日閲覧。
  296. ^ 新型コロナウイルス感染症患者を対象としたイベルメクチン治験への協力について”. 名古屋市 (2021年12月2日). 2022年1月31日閲覧。
  297. ^ イベルメクチン、愛知県内で治験 興和、医療機関などで”. 中日新聞 (2021年12月2日). 2021年12月2日閲覧。
  298. ^ 新型コロナウイルス感染症治療薬の実用化のための支援事業の 採択事業における交付基準額の決定について (PDF)”. 厚生労働省 (2022年3月14日). 2022年7月21日閲覧。
  299. ^ コロナ薬の開発、国が8億円支援 イベルメクチン対象”. 朝日新聞 (2022年3月17日). 2022年7月21日閲覧。
  300. ^ 治療薬、ワクチン、医療機器、検査キットの開発について”. 厚生労働省. 2022年3月5日閲覧。
  301. ^ 新型コロナウイルス感染症治療薬の実用化のための支援事業 (三次公募)の採択結果について (PDF)”. 厚生労働省 (2020年3月4日). 2022年3月5日閲覧。
  302. ^ コロナ治療薬開発 塩野義・興和に追加支援”. 産経新聞 (2022年4月22日). 2022年7月21日閲覧。
  303. ^ 国内の製薬2社に115億円を追加支援 コロナ治療薬の開発を後押し”. 朝日新聞 (2022年4月22日). 2022年7月21日閲覧。
  304. ^ 新型コロナウイルス感染症治療薬の実用化のための支援事業 (緊急追加支援分)の採択事業における交付基準額の公表について (PDF)”. 厚生労働省 (2022年4月22日). 2022年7月21日閲覧。
  305. ^ History of Changes for Study: NCT05056883 A Phase III Confirmatory Study of K-237”. clinicaltrials.gov (2022年7月18日). 2022年7月21日閲覧。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]