撤回 (論文)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

論文の撤回(てっかい、: Retraction)とは、学術雑誌に出版した論文撤回する(取り下げる)ことである。

基準[編集]

論文を撤回するのは、その論文のデータや結論を応用や開発、あるいは研究に利用するのが不適当だからである。この場合、論文に捏造改ざん 、重大な間違いがあることが多い。また研究倫理に違反する文章の盗用重複出版だと、研究公正の観点で論文は撤回される。

エルゼビア[編集]

エルゼビア社の方針では、投稿された論文を変更する措置に「取り下げ」、「差し替え」、「撤回」、「削除」の4種類がある。このうち、論文の「撤回」は、次のように説明されている。

Article Retraction(論文の撤回): 二重投稿、不正なオーサーシップ、剽窃、データの不正使用など、倫理規範に反する論文に適用されます。出版論文の誤りを修正するために撤回される場合もあります。 — Article Retraction(論文の撤回)、エルゼビア[1]

出版規範委員会 (COPE)[編集]

出版規範委員会 (COPE) の論文撤回ガイドライン[2]では、出版された論文を変更する措置に論文の「撤回 (retraction)」、「訂正 (correction)」、「懸念表明 (expression of concern)」の3種類がある。

次の場合、論文撤回を考慮すべきとしている。

  • 発見が信頼できない明白な証拠(データ捏造など)、あるいは、誠実な間違い(計算間違いや実験エラーなど)。
  • 既に出版されていた発見を適切な引用、許可、理由なく論文に記載。
  • 盗用
  • 倫理に反する (unethical) 記載。

その他[編集]

学術雑誌の編集長、著者、著者の所属機関のいずれかが、論文撤回の決定・依頼をする。

撤回された論文は、パブメドなどの論文データベースでは「撤回 (Retracted)」の注意書きが付く。学術雑誌が紙媒体の場合、撤回論文は告知される。電子媒体の場合、ウェブ上の論文そのものに「撤回 (Retracted)」の透かしがつけられる。ただしこれらは徹底していない。通常、ウェブ上の撤回論文は削除されない。

撤回監視 (Retraction Watch) ウェブサイトが撤回論文を記録し分析している。

脚注・文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]