ラモン・デッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラモン・デッカー

ラモン・デッカーRamon Dekker、男性、1969年9月4日 -2013年2月27日 )は、オランダブレダ出身のキックボクサー。身長172cm、体重72kg。メン・ホー・ジム所属。

生ける伝説デッカーは、キックボクシングおよびムエタイで、8度も世界王者に輝いた。格闘王国オランダが生んだキックボクシング界の至宝と呼ばれ、ボクシングにおけるマイク・タイソンバスケットボールにおけるアレン・アイバーソンサッカーにおけるディエゴ・マラドーナのような爆発的なスタイルのカリスマな存在と評され、彼に憧れる選手は多い。

判定負けもKO負けを恐れないフルスイングの強い回転力の攻撃と鬼気迫る闘志で「地獄の風車」と呼ばれた。パワー溢れるファイトが生んだ脅威のKO率により、ムエタイの本場タイでは「ダイアモンド」とも称された。

来歴[編集]

  • 1986年、16歳でコー・ヘマーズに入門(ヘマーズはオランダ・キックボクシング創成期の選手で、長い戦歴を誇るデッカーの唯一のトレーナー。後にデッカーの母親と結婚し、義理の父子となる)。デッカーとヘマーズは、2人で試行錯誤しながらトレーニング方法を作り上げることからスタートした。
  • 入門から数か月後、KO勝利でプロデビュー。
  • 1987年11月、年齢制限の特例を受け、17歳でタイトルマッチに挑戦し、オランダ王者となった。
  • 1988年、2つの選手権でヨーロッパ王者となった。
  • 1989年12月、オランダにてマンゴンダム・シットチャンを激戦の末に僅差判定で破り、IMTA世界ライト級王者になる。
  • 1990年2月、オランダにてタイルンピニー現役フェザー級1位(前王者)ナンポン・ノンキーパーフユットを判定で下し、IMF世界ライトウェルター級王座を獲得。再戦で敗れるも、以後、オランダで現役ルンピニージュニアライト級王者のチェアリー・ソー・ワニットを1RKO、ルンピニージュニアフェザー王者スーパーレック・ソンイーサンと互角の末、判定負け。9月15日、ドイツでラジャダムナンジュニアライト級2位ソンバット・ソー・タニクンに判定勝ちするなど、ムエタイ一流選手と2勝2敗のその功績が認められ、同年11月にルンピニー・スタジアム・ライト級王座への挑戦が実現する(王者イッサラー・サックリーリンに判定負け)。外国人選手がムエタイ王座に挑むのが許されたのは、実に日本の藤原敏男以来の快挙であった。この後、同国の将来有望な選手の称号である「ダイアモンド」と呼ばれた。
  • 1992年、ルンピニー・スタジアムにて、現役ライト級王者のコーバーン・ルークチャオメーサイトーンを1RKOする。タイで年間優秀選手の特別賞に選ばれた。同国で最も有名な外国人と言われた。以後も日本を含む多くの国の大会で活躍を続けた。
  • 1997年3月23日、オランダライアン・シムソンと対戦し、2R終了時に左目負傷によりTKO負け。
  • 2001年3月18日、オランダ「2H2H」で引退興行。マリノ・デフローリンを相手にKO勝利。華々しいエンディング・セレモニーに送られて引退。その後はゴールデン・グローリーで打撃コーチを務めながら、自らも総合格闘技の練習に取り組んだ。
  • 2005年3月26日、総合格闘技大会HERO'Sで現役復帰。須藤元気と対戦するも、ヒールホールドで一本負け。
  • 2005年7月20日、「K-1 WORLD MAX 2005 世界一決定トーナメント」のスーパーファイトに出場し、ドゥエイン・ラドウィックと対戦。1Rに左ストレートでダウンを奪い、3R判定3-0で勝利した。本人によれば、試合前のウォーミングアップで右腕を痛めたという。
  • 2013年2月27日サイクリングトレーニングをしている最中に突然の体調不良に陥り、そのままトンネルに激突し昏倒。同伴の仲間が救急に連絡し急遽ヘリコプターによって病院に搬送されたが、死亡が確認された(43歳没)。

戦績[編集]

ムエタイ・キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
206試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
186 95 2
18
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ユーリ・メス 3R終了 判定 It's Showtime(K-1 WORLD GP 2006 in AMSTERDAM) 2006年5月13日
ドゥエイン・ラドウィック 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2005 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜
【スーパーファイト】
2005年7月20日
マリノ・デフローリン 4R 0:18 TKO 2H2H - Simply The Best【ムエタイルール】 2001年3月18日
新田明臣 5R終了 判定0-1 K-1 J・MAX 2000年11月1日
× 小比類巻貴之 1R終了時 TKO(右脛負傷) K-1 RISING 2000 2000年1月25日
緒形健一 4R 2:58 KO(フック連打) シュートボクシング『GROUND ZERO TOKYO』
【WPKL世界ジュニアミドル級タイトルマッチ】
1998年11月14日
吉鷹弘 5R終了 判定3-0 Shoot the Shooto XX【キックボクシングルール】 1998年4月26日
× ダニー・ビル 5R終了 判定 フランス 1997年11月22日
ハッサン・カスリオイ 3R KO Night of Dynamite 1997年10月11日
× ライアン・シムソン 2R終了時 TKO(左目負傷) オランダ 1997年3月23日
港太郎 1R 1:33 KO マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟 1995年6月2日
× サックモンコン・シットチューチョーク 判定 ルンピニー・スタジアム 1991年11月26日

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 須藤元気 1R 2:54 ヒールホールド HERO'S 2005年3月26日

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]