港太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
港 太郎
基本情報
本名 田代 義治
階級 ミドル級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1971-09-21) 1971年9月21日
出身地 神奈川県川崎市
死没日 (2018-04-11) 2018年4月11日(46歳没)
身長 182cm
体重 83kg
スタイル ムエタイ
プロキックボクシング戦績
総試合数 52
勝ち 35
KO勝ち 18
敗け 13
引き分け 4
テンプレートを表示

港 太郎(みなと たろう、1971年9月21日 - 2018年4月11日)は、日本の元キックボクサー神奈川県川崎市出身。身長180cm。元山木ジム所属。逝去時は府中ムエタイクラブ会長。

MA日本キックボクシング連盟ミドル級王者、元UKF世界ミドル級王者。

入場テーマ曲は『Let's Go Crazy』(PRINCE&THE REVOLUTION)。

経歴[編集]

中学生時代にスーパータイガージムに入門しプロ化以前の修斗で活躍する。高校卒業後タイでのムエタイ修業を経て山木ジムに入門。キックボクシング時代はK-1にも参戦。総合格闘技パンクラスリングスデモリッションに参戦。キックボクシング時代には現役ムエタイランカー、ヨーロッパのチャンピオンを撃破。引退まで長期間獲得タイトルを保持 。

ラモン・デッカー(元7冠世界王者)、大石亨(元MA日本キックボクシング連盟ヘビー級王者、元ACCEL初代ヘビー級王者)、ヌンポントーン・バンコクストア(元ルンピニーライト級3位)、吉鷹弘(第2代シュートボクシング協会ホーク級王者、第1回S-cup世界70kgトーナメント優勝)金泰泳(元UKF世界ライトヘビー級王者、元WMTC世界ジュニアミドル級王者)、マンソン・ギブソン(元KICK世界ミドル級王者)らと対戦経験あり。

1999年12月24日引退セレモニー後も山木ジムで後進の指導などにあたる。2018年4月11日逝去[1]

人物[編集]

獲得タイトル[編集]

  • MA日本キックボクシング連盟ミドル級王座
  • UKF世界ミドル級王座

脚注[編集]

  1. ^ “【訃報】港太郎が死去、キックボクシング黄金期に名勝負多数”. eFight 【イーファイト】. (2018年4月11日). http://efight.jp/news-20180411_283489 2018年4月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]