佐藤正彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 正彰(さとう まさあき、1905年12月12日 - 1975年11月1日)は、フランス文学者

生涯[編集]

東京府生まれ、父は戦前の漢文教科書を著した佐藤正範(山形出身で旧制高校教師)。東京帝国大学仏文科卒、辰野隆の門下生。友人に齋藤磯雄中村光夫小林秀雄河上徹太郎等がいる。

ポール・ヴァレリーマルセル・プルーストの最初期の紹介者であり、生涯にわたり『ヴァレリー全集』(筑摩書房)の編さん校訂、翻訳・監修を担当。ボードレールネルヴァルの翻訳研究でも著名。『マルドリュス版 千一夜物語』は、共訳版(岩波文庫)を経て、単独訳(筑摩書房)を行った。なお共訳版の全訳により、渡辺一夫らと読売文学賞(第11回)を受賞した。

1949年より明治大学教授、1956年に数年間パリ留学し現地でも講義した。1972年に紫綬褒章。『ボードレール雑話』により、2度目の読売文学賞(第26回、研究・翻訳賞)を受賞したが、同年秋に食道ガンで没した。直前にカトリック洗礼を受け、葬儀は自宅のある鎌倉の教会で行なわれた。没後に蔵書6000冊が明治大学図書館に収蔵された。

著書[編集]

主な単著訳[編集]

主な共編訳[編集]

  • 「9 クランクビーユ 短篇集」、「10 ジャック・トゥルヌブローシュのコント 短篇集」
  • 「12 ジョカストとやせ猫 短篇集」、杉捷夫と共訳
  • 「ポオル・ヴアレリイ全集」 筑摩書房、1942-47。辰野隆落合太郎鈴木信太郎監修 - 9巻分を刊行
  • 「ポオル・ヴァレリイ全集」第7・10・11・16巻、筑摩書房、1950-51 - 上記とは異なった版本
  • 「デカルト選集 第5・6巻」(共訳)、創元社、1939-40
    • デカルト書簡集」 創元社 哲学叢書(上下)、1947
  • 「千一夜物語」岩波文庫(全26巻)1940-59/改訂版(全13巻)、岩波書店、1982、岩波文庫、1988
豊島与志雄、渡辺一夫、岡部正孝と共訳、第11回読売文学賞受賞
  • 「ボードレール評論集」 創元文庫(全3巻)、1953
  • 「ボオドレエル全集 第1巻 悪の華」 創元社、1954 - 齋藤磯雄訳(注解担当)本巻のみ刊行
  • アルベール・ティボーデ 「フランス文学史」 ダヴィッド社(上下)、1954 / 角川文庫(全3巻)、1960 - 平岡昇鈴木力衛等と共訳
  • 「ポール・ヴァレリー 現代世界文学全集25」 新潮社、1955
  • ポール・ヴァレリー「ヴァリエテ」 人文書院(全2巻)、鈴木信太郎と共編、1966。限定版
  • 「ヴァレリー全集」筑摩書房(全12巻、1967-68、補巻1971 / 新装版1973-74 / 増補版+補巻2、1977-78)
  • 「ネルヴァル全集3 オーレリア」 筑摩書房(全3巻)、1976
  • 「ヴァレリー全集 カイエ篇2 言語」 筑摩書房(寺田透と共訳、全9巻)、1982

参考[編集]

  • 「フランス文学雑話」 巻末収録の年譜(1997)