アルベール・ティボーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アルベール・ティボーデ(Albert Thibaudet, 1874年4月1日 - 1936年4月16日)は、フランスの文芸評論家。姓はチボーデと表記されることが多い。

ソーヌ=エ=ロワール県トゥールニュ生まれ。アンリ・ベルクソンの弟子で、ルソーを研究、ジュネーヴ大学で教え、ジュネーヴ学派の一人であった。『新フランス評論』に長く寄稿した。

日本語訳[編集]