杉捷夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1948年

杉 捷夫(すぎ としお、1904年2月27日 - 1990年12月10日)は、日本のフランス文学者、東京大学教養学部名誉教授。

人物[編集]

新潟県柏崎市出身、1926年東京帝国大学仏文科卒業、立教大学東北帝国大学で教えた後、1949年から東京大学教養学部教授、56年文学部教授。1964年に定年退官後は立教大学教授、1968年、東京都立日比谷図書館長となり、土岐善麿以来13年ぶりの文化人館長として話題になった。1976年日本学士院会員。

プロスペル・メリメギ・ド・モーパッサンの翻訳で知られ、その多くが岩波文庫等に入って読み継がれた。研究者としては『フランス文芸批評史』などの著書がある。平和運動にも熱心で、1950年代、戦没学生の「わだつみ会」再建に尽力した。また死去直前の1989年には、蔵書1万8千冊を、1991年開館の早稲田大学の新中央図書館に寄贈することに決めていた。

単著[編集]

  • 『フランス文学雑筆』白水社, 1939年
  • 『フランス文学論稿』実業之日本社, 1942年
  • 『概観フランス文学 十七世紀迄』生活社, 1944年
  • 『フランス文学論』酣燈社, 1947年
  • 『平和の証言』岩波新書, 1952年
  • 『フランス文学』朝日新聞社(朝日新講座), 1952年
  • 『朝の詩人』三笠書房(三笠文庫), 1953年. カルチャー出版社, 1975年
  • スタール夫人・「文学論」の研究』筑摩書房, 1958年
  • 『フランスだより その他』東京学風書院, 1959年
  • 『こころとの対話 人間と平和への思索』番町書房, 1966年
  • 『フランス文芸批評史』上, 筑摩書房, 1977年
  • 『人の影・本の蔭』岩波書店, 1983年

編著[編集]

  • 『要約仏文典』山田九朗と共著, 郁文堂書店, 1929年
  • 『フランス文法』白水社, 1942年
  • 『フランス文学新講座』第1巻, 渡辺一夫と共編, 丹頂書房, 1948年
  • 『文学史の方法の諸問題』編纂, 学風書院, 1951年
  • 『フランス散文読本』平岡昇と共編, 河出書房, 1952年
  • 『フランス文学史』小松清と共編, 東京大学出版会, 1955年
  • 『新仏和小辞典』編纂, 白水社, 1962年
  • 『現代のエスプリ 文学とは何か』河盛好蔵と共編, 至文堂, 1964年
  • 『フランス文学研究文献要覧 1945-1978(戦後編)』全3巻, 共編, 日外アソシエーツ, 1981年

翻訳[編集]

  • メリメ『エトルリアの壷』岩波文庫, 1928年
  • メリメ『カルメン』岩波文庫, 1929年
  • メリメ『コロンバ』岩波文庫, 1931年
  • メトリイ他『フランス唯物論哲学』中央公論社, 1931年
  • アナトール・フランス『人間悲劇 外10篇』春陽堂, 1932年
  • メトリ『人間機械論』岩波文庫, 1932年
  • メリメ『ヴィーナスの殺人 外二篇』矢野常有と共訳, 春陽堂, 1934年
  • モーパツサン女の一生』岩波文庫, 1934年
  • アナトール・フランス『昔がたり ピエル・ノジエール』岩波文庫, 1935年
  • アンドレ・ジイド「チャド湖より還る」, 『アンドレ・ジイド全集』第12巻, 建設社, 1936年. 新潮文庫, 1954年
  • モーパッサン『死の如く強し』白水社, 1936. 岩波文庫, 1950年
  • モーパッサン『ピエルとジャン』白水社, 1936. 角川文庫, 1968年.
  • ジョルジュ・サンド『アンヂアナ』上下, 岩波文庫, 1937年
  • モーパッサン『ノルマンヂ物語』白水社, 1938年
  • モーパッサン『あだ花 他二篇』岩波文庫, 1938年
  • モーパッサン『雨傘』岩波文庫, 1938年
  • モーパッサン『秋風記 モントリオル』白水社, 1938年. 『モントリオル』と改題, 全2巻, 岩波文庫, 1957年
  • フランソワ・モーリヤック『愛の沙漠』白水社, 1939. 目黒書店, 1951年. 新潮文庫, 1952年
  • ヂドロ『ダランベールの夢』青木書店, 1939年. 日本評論社, 1947年.
  • アンドレ・ジッド『コンゴ紀行 チャド湖から帰る 続』岩波文庫, 1939年
  • モーパッサン『ベラミ』上下, 岩波文庫, 1939-40年
  • 『アナトオル・フランス短篇小説全集』(共訳)全6巻, 1939-40年
  • 『アナトオル・フランス長篇小説全集』(共訳)全9巻, 1940-43年
  • エルネスト・ルナン『幼年時代青年時代の思ひ出』創元社, 1940年. 『思い出』と改題, 岩波文庫, 1953年
  • ジョルジュ・サンド『薔薇色の雲』青磁社, 1944年. 『ばらいろの雲』と改題, 岩波少年文庫, 1954年
  • オノレ・ド・バルザック『骨董室』曙出版社, 1946年
  • モーパッサン『ペルル嬢』斎藤書店, 1947年
  • 『モーパッサン短篇傑作選集』全2巻, 酣燈社, 1948年
  • 『モーパッサン長篇全集』第2, 3巻, 大虚堂書房, 1948年
  • ル・サージュ『ジル・ブラース物語』全2巻, 高桐書院, 1948-49年. 全4巻, 岩波文庫, 1953年
  • ジョルジュ・サンド『魔の沼』酣燈社, 1948年. 岩波文庫, 1952年
  • メリメ『イールの女神像』青磁社, 1949年
  • ラ・メトリ「霊魂論」, 『ラ・メトリ著作集』上, 実業之日本社, 1949年
  • フランソワ・モーリャック『テレーズ・デケイルゥ』細川書店, 1949年. 新潮文庫, 1952年
  • サント・ブウヴ「ルサァジュ」、『サント・ブウヴ選集』第3巻, 1949年
  • 『メリメ風流書簡』前川堅市と共訳, 角川文庫, 1949年
  • ジオルジュ・サンド『祖母のものがたり』山の木書店, 1950年
  • モーリヤック『イエスの生涯』新潮社, 1950年. 新潮文庫, 1952年
  • メリメ『エトルリアの壷 他5篇』岩波文庫, 1952年
  • ゼレッピイ他『日本再登場』共訳, 月曜書房, 1952年
  • モーリヤック『夜の終り』新潮文庫, 1952年
  • ヴェルコール『夜の武器・昼の力』新潮社, 1953年
  • モーパッサン『頸飾り 他13篇』角川文庫, 1954年
  • クールタード『黒河』岩波書店, 1955年
  • A.シーグフリード『現代 二十世紀文明の方向』紀伊国屋書店, 1956年
  • モーリヤック『十八番目はチボー先生』岩波少年文庫, 1958年
  • アルベール・カミュ『ギロチン』川村克己と共訳, 紀伊国屋書店, 1958年
  • モーリアック『内面の記録』菅野昭正と共訳, 紀伊国屋書店, 1964年
  • ウージェニィ・コットン『キュリー家の人々』岩波新書, 1964年
  • シモーヌ・ド・ボーヴォワール『おだやかな死』紀伊国屋書店, 1965年
  • モーリアック『内面の記録 続』紀伊国屋書店, 1969年
  • フロベール「ボヴァリー夫人」, 『筑摩世界文学大系』第45巻, 1971年
  • 『メリメ全集』全6巻, 河出書房新社, 1977-79年
  • アベ・プレヴォ「マノン・レスコー」筑摩書房, 1978年
  • モーパッサン『シモンのパパ・ひも』むぎ書房, 1984年
  • 『メリメ怪奇小説選』岩波文庫, 1986年

関連書籍[編集]

  • 早稲田大学図書館編『杉捷夫フランス文学・言語学文庫目録』

参考[編集]

  • 図書館人としての杉捷夫書誌」大伏春美,大伏節子「徳島文理大学文学論叢」2010-03
  • 小谷野敦編著『翻訳家列伝101』新書館、2010