ヴェルコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴェルコール(Vercors、1902年2月26日 - 1991年6月10日)は、フランス小説家画家。本名、ジャン・ブリュレル(Jean Bruller)。パリで生まれ、エコール・アルザシエンヌ(アルザス学校)で学ぶ。挿絵画家だったが、第二次世界大戦でフランスがドイツに占領されると、地下出版社「深夜叢書」を刊行して対独レジスタンス文学を牽引した。深夜叢書第1巻のヴェルコールの小説『海の沈黙』は、ナチス・ドイツの暴行の犠牲となった象徴主義の詩人サン=ポル=ルーに捧げられている[1]

日本語訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lugan, Mikaël (2016-07-12). Boisset, Emmanuel; Corno, Philippe. eds (フランス語). Que m'arrive-t-il ? : Littérature et événement. Rennes: Presses universitaires de Rennes. pp. 279–292. ISBN 9782753546332. http://books.openedition.org/pur/29818 

参考[編集]

  • 加藤周一「ヴェルコールについて」『海の沈黙・星への歩み』 
  • コトバンク

関連項目[編集]