長谷川昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長谷川 昇(はせがわ のぼる、1886年5月11日 - 1973年8月26日[1])は、日本の洋画家日本芸術院会員。

福島県会津若松市生まれ、両親と死別して北海道小樽市の祖父母に養育される[1]札幌中学校を経て、1905年東京美術学校西洋画科に入学[1]黒田清輝に師事した[2]。在学中の1908年、第2回文展に「海辺」が初入選した[1]1910年に東京美術学校を卒業、第4回文展に「白粉」が入選した[1]1911から渡欧し[1]ルノワールらに傾倒した[3]1915年、帰国して日本美術院洋画部同人となる[1]。再度渡欧し、帰国後の1923年、同志と春陽会を設立した[1]1938年、春陽会を脱退、1941年、文展審査員[1]。春陽会脱退後は文展、日展に出品した[1]。日展参事を務め、1957年、日本芸術院会員、1966年勲三等旭日中綬章を受賞した[1]

裸婦像、人物像のほか[1]歌舞伎役者絵文楽人形絵も描いた[2]

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「長谷川昇」『日本美術年鑑』昭和49・50年版(244-245頁)”. 東京文化財研究所 (2015年12月14日). 2016年10月16日閲覧。
  2. ^ a b 「長谷川昇」『美術人名辞典』”. コトバンク. 2016年10月16日閲覧。
  3. ^ 「長谷川昇」『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』”. コトバンク. 2016年10月16日閲覧。