諜報局破壊班員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

諜報局破壊班員』(ちょうほうきょくはかいはんいん)は、日本推理作家冒険小説作家大藪春彦が著した長編アクション小説伊達邦彦シリーズ第3弾。

出版履歴[編集]

  • 1964年 週刊アサヒ芸能に「伊達邦彦地球を駆ける - モナコ王国危機一発」の題で連載。
  • 1965年 徳間書店より『諜報局破壊班員 伊達邦彦地球を駆ける』(新書版)刊行。
  • 1987年 角川書店より『諜報局破壊班員 伊達邦彦地球を駆ける』(文庫版)刊行。
  • 1989年 Tokuma novelsより『諜報局破壊班員 伊達邦彦地球を駆ける』(新書版)刊行。
  • 1997年 光文社より『伊達邦彦全集(3) 諜報局破壊班員』(文庫版)刊行。

あらすじ[編集]

電器会社乗っ取りに失敗し、日本を脱出した伊達邦彦は、イギリスの別荘でひっそりと生活していた。だが、日本での悪事を知った英国秘密諜報部(MI6)が接触。特殊訓練を受け、諜報局破壊班員「YZ-9」の分類番号を与えられた。

モナコで行われていたカー・レース大会で、突如出場車の一台が火を噴いた。そのままメイン・スタンドに転落、後続の車も巻き込まれる大事故となった。しかし、その騒ぎの途中で王国王子と王女が誘拐されてしまう。後日、5億フランを要求する手紙が舞い込む。誘拐犯が大富豪、アントン・アナシスであるとの確信を得た英国諜報部は「YZ-9」伊達邦彦をモナコへ派遣。邦彦を待ち受けるは敵との緊迫の駆け引きだった。

登場人物[編集]

伊達邦彦(アサヒ芸能より)
イラスト:大塚清六
伊達邦彦
英国諜報部所属「YZ-9」の分類番号を与えられた破壊工作員。
ピエール
宝石店「正直堂」店長を仮の姿とする伊達の協力者。
アントン・アナシス
大富豪。船の売買によって成功する。王子と王女の誘拐の主犯と見られている。

備考[編集]

関連項目[編集]