血まみれの野獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

血まみれの野獣』(ちまみれのやじゅう)は、大藪春彦の小説。1968年1月から1969年1月まで『ボーイズライフ』で連載された。両親の自殺、恋人との離別、レース界追放等の不幸に遭った天才二輪ライダーが社会に復讐する物語。

爆弾を仕掛けて擬装パトロールカーで現金輸送車を襲う筋書きが、1968年12月に起こった三億円事件とよく似ていたことから、「三億円事件の犯人がこの小説から着想を得ていた」と報道され、マスコミからの問い合わせが相次いだ[1]。作者の大薮も重要参考人として警察から意見聴取を受けた。

登場人物[編集]

鶴田敏夫
天才二輪ライダー。
谷川京子
敏夫の恋人。
谷川進
ヤマノ自動車工業副社長。京子の父。
小松
協立建設営業部長。
三木恭子
小松の秘書。
村上
農林省東京営林局次長。
ピエトロ・タラファ
ピエトロ・タラファレーシングクラブ監督。
ソフィア
ピエトロ・タラファレーシングクラブの大スポンサーの妻。公爵夫人。
ダニエラ・ロマーニ
ミラノのトラクターメーカーの末娘。欲しいものは金ずくでも手に入れる我儘な女。
山脇
法律の隙間をついて暴利をむさぼる悪徳業者。

脚注[編集]

  1. ^ 大藪春彦『血まみれの野獣』(光文社文庫、2001)における山前譲の解説より(pp280-281)。