野獣は甦える

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野獣は甦える』(やじゅうはよみがえる)は、日本ハードボイルド冒険小説作家大藪春彦が著した長編アクション小説

概要[編集]

出版経緯[編集]

  • 1992年12月、光文社より『野獣は甦える』刊行。
  • 1997年2月、光文社文庫より『野獣は甦える 伊達邦彦全集(8)』刊行。

その他[編集]

  • 1980年に『マンハッタン核作戦』が刊行されて以来の伊達邦彦シリーズ長編。本書はタイトルの通り邦彦の「野獣の感覚」の甦りを描いたもの。
  • 香港返還」や核強奪作戦などを扱い、それまでのシリーズ作品とは違ってスケールが壮大なものとなっている。

あらすじ[編集]

アメリカ合衆国ビバリーヒルズホテルの一室では一組の男女の熱い交わりが展開していた。男は伊達邦彦であった。そこに現れたNSAの男―