名のない男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名のない男』(なのないおとこ)は、日本ハードボイルド冒険小説作家大藪春彦の連作短編小説集。

概要[編集]

連載[編集]

1962年から1963年にかけて「推理ストーリー」に連載、終了後に東都ミステリーから単行本が刊行された。

構成[編集]

刊行履歴[編集]

内容[編集]

コンティネンタル・オプを思わせる警視庁所属の秘密捜査官が、様々な難事件を解決していくアクション。

作中、常に主人公は「私」と名乗っており、本名は決して明かされない。彼は事件ごとに様々な偽名を使用する。

収録短編[編集]

  • 剥かれた街
  • 裏切り埠頭
  • 燃える覆面車
  • 誘拐 ほか

ビデオ映画[編集]

名のない男 破壊!

東映Vシネマレーベルにて1991年9月13日発売。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]