血の来訪者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

血の来訪者』(ちのらいほうしゃ)は、日本推理作家ハードボイルド作家大藪春彦が著した長編アクション小説。「伊達邦彦シリーズ」初の長編。副題「野獣死すべし第3部」。

出版履歴[編集]

あらすじ[編集]

伊達邦彦は、大東電気社長令嬢・神野知佐子と情を通じ、同社を乗っ取ろうと企んでいた。だが、ドライブ中に遭遇した「カミナリ野郎」の一人が放った銃弾を受けてしまい、知佐子は即死。彼女の死体を沼に沈め「始末」をつけた邦彦だが、次は知佐子の父親に誘拐脅迫状を送りつけ3000万円の身代金を要求した。警察の罠を掻い潜り熱い札束を掠め取った邦彦。しかし、そのあとには苦難の道が待っていた。

登場人物[編集]

  • 伊達邦彦

神野家[編集]

  • 神野洋一
  • 神野知佐子
  • 神野紀代子

三協銀行[編集]

  • 沢田忠雄

新宿興信所[編集]

  • 津村
  • 野田久子

関連項目[編集]