童画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

童画(どうが)とは大人が子供向けに描いた絵画である。

1925年武井武雄が開催した個展「武井武雄童画展」で初めて童画という言葉が使われた。それまで童話の添え物として軽視されていたこの分野を芸術の域まで引き上げることをめざして造語したもので、1927年には武井武雄、初山滋川上四郎岡本帰一深沢省三村山知義清水良雄ら7人で「日本童画家協会」を結成した( - 1941年)。

童画という呼称はその後広まった。

略年表[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現代童画会「ようこそ現代童画会へ」より(2015年6月12日閲覧)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]