長野電鉄1000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小田急10000形電車 > 長野電鉄1000系電車
長野電鉄1000系電車
Nagano 1000 e1 - 2009.jpg
1000系(夜間瀬川橋梁)
基本情報
運用者 長野電鉄
製造所 川崎重工業
日本車輛製造
種車 小田急10000形電車
改造年 2005年
改造数 8両
運用開始 2006年12月9日
投入先 長野電鉄長野線
主要諸元
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V
車体長 先頭車 16,390 mm
中間車 12,500 mm
車体幅 2,900 mm
車体 普通鋼
主電動機 直流分巻電動機
駆動方式 WN平行カルダン
制御方式 電動カム軸式抵抗制御
制動装置 発電制動併用全電気指令式電磁直通制動
保安装置 ATS
テンプレートを表示

長野電鉄1000系電車(ながのでんてつ1000けいでんしゃ)は、長野電鉄特急形電車

老朽化した2000系の代替として、小田急電鉄で使用されていたロマンスカー10000形「HiSE」を、長野電鉄が無償で譲り受けた車両である。愛称は「ゆけむり」。

概要[編集]

編成[編集]

本郷駅を通過する1000系S2編成

4車体5台車の連接構造で、小田急時代は11車体12台車であったものから一部の中間車を抜き短編成化した。なお4両化時に余った中間車(7両×2)については、譲渡されずに小田急側で解体処分された。

編成の構成は次のとおり。
 
長野
形式 デハ1000
(Mc9)
モハ1010
(M8)
モハ1020
(M2)
デハ1030
(Mc1)
編成 S1 デハ1001
(デハ10031)
モハ1011
(デハ10030)
モハ1021
(デハ10022)
デハ1031
(デハ10021)
S2 デハ1002
(デハ10071)
モハ1012
(デハ10070)
モハ1022
(デハ10062)
デハ1032
(デハ10061)
  • 長野電鉄では、8500系導入以降電動制御車を「デハ」、中間電動車を「モハ」と呼称している(形式称号改正による)。
  • ( )内は小田急時代の車両番号
  • 中央の1台車が付随台車のため、台車数でみたMT比は4:1となる
  • 編成全長は57,780mmでボギー車のほぼ3両分

車体・外観[編集]

車体は小田急時代の塗り分けを踏襲するが、計画の変更により小田急時代に「ワインレッド」であった部分については長野電鉄の「赤」に変更されている。

小田急時代に6号車に設置されていた冷房装置などのサービス機器に電力を供給する補助電源装置は2号車に設置された。これ以外にも、長野電鉄仕様として信州中野駅 - 湯田中駅間の急勾配に対応するための抑速ブレーキの改造(主抵抗器の増強)、降雪期に備えて耐雪ブレーキやドアレールヒーターが装備などが施工されているが、外観においては編成の短縮以外に小田急時代と大きく変わるところはない。

なお、登場初期は連結器をむき出しにして運用されることがあったようである(その頃の写真が権堂駅に飾られている)。

車内[編集]

1000系「ゆけむり」
← 湯田中
長野 →
1 2 3 4
  • 全車禁煙
凡例
=展望席(普通車自由席)
自=普通車自由席

全車禁煙。外観同様、車内設備もおおむね小田急時代を保っている。

  • 1号車および4号車先頭部には展望席が小田急時代と変更なく存置されている。この部分はハイデッカー構造ではないため、ここをバリアフリー対応とすることで小田急時代より懸念されていた問題に対処した。これにより段差が障害となる旅客の乗車に問題はなくなった。ただし、この処置により展望室と一般客室の境にあった補助椅子は使用不可能となっている。
  • 座席は展望席を含め全て自由席。
  • その他設備のうち、トイレ洗面所は車両基地に対応設備が無く、これらを設置した中間車を譲渡時に廃車することで廃したため、設置されていない。
  • 2015年9月ごろに自動放送設備が導入された。英語放送付きの2100系電車と同じタイプの自動放送で、日本語放送はSBC信越放送山崎昭夫アナウンサー、英語放送はキンバリー・フォーサイスが引き続き担当している。
自動放送導入と同時に、新たに2か国語(日/英)停車駅や列車情報などをスクロール表示するLED車内案内表示装置を新設した。
  • 車掌による車内販売も実施されている。一般的な「A特急」「B特急」では、乗車記念グッズのみの販売だが、「特急ゆけむり のんびり号」では軽食の販売も行われる。
  • 小田急時代に受賞した鉄道友の会ブルーリボン賞の受賞記念プレートは存置されている(掲出場所は一部でLED案内表示器の設置により移動が行われている)。

号車番号/設備他

  1. 運転室(2階)・展望席(14席)・普通席(32席)・車掌室
  2. 普通席(44席)
  3. 普通席(44席)
  4. 運転室(2階)・展望席(14席)・普通席(32席)・車掌室

運用[編集]

従来の長野線では、通常A特急に本形式を充当し、B特急(および間合い運用での普通列車)には2000系を充当した限定運用を行い、原則として特急の種別と使用車両は固定一致をしていた。 しかし、2100系の運用開始を踏まえて実施された2011年2月13日のダイヤ改正から、A特急およびB特急の使用車両を限定しない運用[1]に変更し、同時に運用間合いでの普通列車への充当も廃した。この結果、本形式としては従前同様に長野線全線のA特急に用いられるほか、B特急にも充当されることとなり、運用時間帯が拡大している。

なお、B特急については同改正より信州中野以北の普通列車扱いが無くなったことから、本形式の乗車には従来同様に、原則として特急料金が必要である。

歴史[編集]

2005年平成17年)
2006年(平成18年)
  • 3月17日 - 車両愛称が「ゆけむり」と決定。
  • 11月3日4日 - 試乗・内覧会を実施。長野駅 - 湯田中駅間にて試乗列車が運転された。
  • 12月2日 - 長電観光主催「ゆけむり貸切特別ツアー」が実施された。
  • 12月9日 - ダイヤ改正に併せて営業運転が開始された。
2007年(平成19年)
  • 1月10日 - 2月1日 - 第2編成(S2編成)1号車の展望席部分の窓ガラスにヒビが入っているのが確認されたため、同編成使用列車は1号車を締切にし、残り3両の客扱いで営業運転を行った。修理は1月30日 - 2月1日に行い、代走として2000系が使用された。
  • 7月9日 - 30日 - 第2編成(S2編成)4号車の展望席部分の窓ガラスにヒビが入っているのが確認されたため、運用を離脱、2000系が代走した。
2010年(平成22年)
  • 1月12日 - 25日 - 小田急7000形と種車の10000形で車両の連結部分の金属に複数の傷が見つかり[3]、その影響で1000系についても臨時に検査するため、運用を離脱[4]
2011年(平成23年)

その他[編集]

  • 第1・2編成とも日本車輌製造豊川製作所で改造されたが、いずれの編成も川崎重工業で製造されたものであった。なお、小田急10000形には日本車輌製造製の編成もある。
  • 本形式の導入に関連して、湯田中駅では2006年9月に構内スイッチバックプラットホーム1線を廃止し、1面1線化するなどの縮小工事を行った。
  • 2011年2月13日のダイヤ改正まで、信州中野駅 - 湯田中駅間を各駅に停まる特急列車(B特急)には充当されなかった。また、須坂駅で2000系から車両交換をする運用もあり、この場合、時刻表で指定された列車に乗り継げば、1枚の特急券で利用することが可能であった。
  • 本形式が導入された後も、特急料金は100円のまま据え置かれた。ただし、2000系とは異なり運用される列車が全て特急運用となったため、運用開始以来、乗車には特急料金が必要とされている。

参考文献[編集]

  • 伊藤久巳 取材・写真「HiSE 威風堂々 -長野電鉄1000系 日車豊川→屋代763.5km 甲種輸送の旅路-」 交友社『鉄道ファン』2006年7月号 No.543 p111 - 119
  • 松本典久「長電1000系『ゆけむり』試乗ルポ」 交友社『鉄道ファン』2007年1月号 No.549 p72 - 77

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ただし、使用車両については車両愛称の記載が時刻表に行われているため、2100系「スノーモンキー」との区別は容易である。
  2. ^ 改造工事終了後の甲種車両輸送は、本系列の車両限界の関係から篠ノ井線を通過できなかったため、最短経路となる東海道 - 中央西 - 篠ノ井線経由ではなく東海道 - 武蔵野 - 高崎 - 上越 - 信越本線 - しなの鉄道線を経由する大回りでの輸送となった。
  3. ^ ロマンスカー連結部に傷 小田急、5編成の運転休止[リンク切れ] 朝日新聞 2010年1月21日
  4. ^ 1000系「ゆけむり」の車両変更(運転の再開)について』 長野電鉄公式サイト

関連項目[編集]