長野電鉄8500系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東急8500系電車 > 長野電鉄8500系電車

長野電鉄8500系電車(ながのでんてつ8500けいでんしゃ)は、長野電鉄(長電)の通勤形電車東急田園都市線にて使用されていた8500系の譲受・改造車である。

概要[編集]

8500系T3編成
8500系T6編成。先頭に立つのは、中間車を先頭車へ改造した車両である。

2005年平成17年)に2000系3500系非冷房車の置き換えおよびサービス向上を目的に、東京急行電鉄より8500系8両(3両編成2本と部品取り用2両)を購入し、整備・改造の上導入された。同年9月2日より長野線長野駅 - 信州中野駅間で営業運転を開始した。[注釈 1]これにより老朽化した3500系と一部の2000系が置き換えられた。外観については、中間車改造車や細かい改造箇所を除くと、東急の社紋が現在所属する長野電鉄の社紋に替えられた以外は帯の色などほぼ東急時代の面影を残している。

この8500系は長電初の運転台にワンハンドル式主幹制御器を装備する界磁チョッパ制御車で、加えてLED式行先表示器、車内案内表示器(千鳥配置)、ドアチャイム、車椅子スペースが設置されたほか、ワンマン運転用に車内チャイム付自動放送装置も搭載されている。さらに降雪が多い地域での運転のため、客用ドアの凍結対策としてドアレールヒーター、ブレーキ力の低下を防ぐ耐雪ブレーキ装置、長時間停車時の車内保温対策として3/4ドアカット機構がそれぞれ追加された。またこれまで東急の車両が地方鉄道に譲渡された際、回生ブレーキ装備車の場合は使用停止にされる事例が多かったが、8500系では回生ブレーキの失効速度を東急時代の22km/hから25km/hに変更することで回生ブレーキ機構を生かすこととしており、これに伴いブレーキシュー(制輪子)はレジン製から鋳鉄製に交換された。

勾配用の抑速ブレーキは装備していないので、30~40‰の勾配が連続する信州中野駅 - 湯田中駅間には入線できない。このため、1000系2100系の代走には充当されない。

2013年5月頃より各編成中間車両が弱冷房車に設定された。

2017年10月24日、T3編成が軽トラックと衝突して脱線する事故が発生したが、2018年1月20日に運用に復帰している。

編成表[編集]

形式
長野
営業運転開始日 その他
デハ8500
(MC1)
サハ8550
(T)
デハ8510
(MC2)
機器 ■◇ MG CP  
編成 T1 デハ8501
(デハ8501)
サハ8551
(サハ8903)
デハ8511
(デハ8601)
2005年9月2日  白窓抑え
T2 デハ8502
(デハ8502)
サハ8552
(サハ8908)
デハ8512
(デハ8602)
 
T3 デハ8503
(デハ8503)
サハ8553
(サハ8905)
デハ8513
(デハ8603)
2006年9月3日  
T4 デハ8504
(デハ8505)
サハ8554
(サハ8910)
デハ8514
(デハ8605)
 
機器 ■◇ SIV CP◇  
編成 T5 デハ8505
(デハ8524)
サハ8555
(サハ8920)
デハ8515
(デハ8624)
2009年4月11日  
T6 デハ8506
(デハ8730)
サハ8556
(サハ8944)
デハ8516
(デハ8841)
中間車先頭化編成
  • ■は界磁チョッパ装置・主回路制御器(1C8M)搭載
  • ◇は長野方に(T5編成以降はデハ8510形の信州中野方にも)菱形パンタグラフを搭載
  • 長野電鉄では、当形式導入以降運転台を有する制御電動車を「デハ」、運転台のない中間電動車を「モハ」と呼称している(形式称号改正による)が、当形式には「モハ」は存在しない。
  • ( )内は東急時代の車両番号。

今後[編集]

2011年までに合計9本を増備する計画であったが、東急側の置き換えが中断しており、2008年度分として2009年3月19日に3両編成2本が導入したのが最後となっている(この時点で6本)。同年度に譲受した編成には前面スカートが装備されたほか、補助電源装置にSIVが用いられたことからパンタグラフも2基設置とされた。加えて、デハ8506とデハ8516は中間車を先頭車両化し、さらにヘッドマーク装着台座が設置されていて、イベント時などに使用される。

備考[編集]

  • 0系・10系「OSカー」以来24年ぶりの20m車であり、旧OSカー0系以来39年ぶりに投入された4扉車両でもあるが、車齢は新OSカー10系を上回っている。
  • デハ8501 - 8503は、譲渡前と車両番号が同一である。
  • また、T1 - T3編成は同社が元東急5000系を譲り受けた2500系2600番台(3両編成)と編成番号が同一である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1編成あたりの改造費は約5,000万円とされる。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]