町田市立総合体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
町田市立総合体育館
MachidaCityGymnasium.JPG
施設情報
収容人数 2,784人(メインアリーナ)
設計者 梓設計
事業主体 町田市
管理運営 スポーツ町田
構造形式 鉄筋コンクリート構造
敷地面積 19,120.11m²[1]
延床面積 24,766.60m²[1]
階数 地上4階、地下1階
竣工 1990年
所在地 194-0045
東京都町田市南成瀬五丁目12
位置 北緯35度32分10秒 東経139度28分45秒 / 北緯35.53611度 東経139.47917度 / 35.53611; 139.47917座標: 北緯35度32分10秒 東経139度28分45秒 / 北緯35.53611度 東経139.47917度 / 35.53611; 139.47917

町田市立総合体育館(まちだしりつそうごうたいいくかん)は、東京都町田市南成瀬に所在する体育館。

概要[編集]

1990年平成2年)10月21日、町田市の市制施行30周年記念による三大スポーツ施設建設事業(町田市立室内プール町田市立陸上競技場、町田市立総合体育館)の一つとして計画され、それまでの町田市立体育館の代替施設として南成瀬に開館した[2]。元々の町田市立体育館は全日本プロレスの旗揚げ前夜祭の会場としても知られていた。

指定管理者として、2009年4月から2013年3月まで日本テニス事業協会共同企業体が、2014年4月からスポーツ町田(株式会社ギオン・株式会社富士グリーンテック・ファシリティパートナーズ株式会社・株式会社東京綜合造園の共同事業体)が管理運営に当たっている[3]

施設[編集]

  • メインアリーナ
    • 面積 2,400m2
    • 利用可能数 - バレーボール 4面、バスケットボール 3面、バドミントン 12面、卓球台 35台など
    • 収容人数 - 2階固定席 1,776人、1階可動席 1,008人 合計 2,784人
  • サブアリーナ
    • 面積 1,101m2
    • 利用可能数 - バレーボール 2面、バスケットボール 1面、バドミントン 6面、卓球台 24台など
  • 小体育室
    • 利用可能数 -卓球台10台、各種ダンスなどに利用
  • 第一武道場
    • 利用可能数 - 剣道2面など
  • 第二武道場
    • 利用可能数 - 柔道2面など
  • 和洋弓場
    • 和弓 10人立、アーチェリー
  • トレーニングルーム
  • 会議室
  • 幼児体育室
  • ジョギングコース(メインアリーナ2階、一周226m)

主な大会・イベント[編集]

スポーツ競技[編集]

Vプレミアリーグ全国私立高等学校男女バレーボール選手権大会のメイン会場として使用されている。この他、スポーツ祭東京2013では、バレーボール(少年)の試合会場として使用された。
2007年(平成19年)より始まったFリーグペスカドーラ町田が本拠地として使用している。
2016年(平成28年)の大相撲春巡業より大相撲町田場所の会場として使用している。町田市内での大相撲開催は約80年ぶり[4]で、以降は毎年会場として使用されている。
バスケットbjリーグや全国車椅子バスケットボール大学選手権の会場として使用された。
バドミントン日本リーグの会場として使用された。この他、スポーツ祭東京2013および障害者スポーツ祭東京2013でも試合会場として使用された。

イベント[編集]

毎年1月には町田市の成人式が行われる。以前は町田駅近くの町田市民ホールが使用されていたが、会場に860人しか収容できないため、1991年(平成3年)から会場が移転された。

交通アクセス[編集]

電車の場合
バスの場合
自家用車の場合
  • 専用の有料駐車場(合計250台分)あり。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「2011年度町田市版事業仕分け」について(2011年5月21日開催)事業仕分け対象事業(施設)概要説明書町田市
  2. ^ 『広報まちだ(第908号、1990年10月1日発行)』
  3. ^ 町田市立総合体育館. “指定管理者(運営会社)について”. 2015年12月20日閲覧。
  4. ^ 80年ぶり大相撲町田場所 万感の満員御礼東京新聞

外部リンク[編集]