全国私立高等学校男女バレーボール選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全国私立高等学校男女バレーボール選手権大会
開始年 1996
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 男子:駿台学園(2回目)
女子:京都橘(4回目)
最多優勝 男子:洛南(4回)
女子:金蘭会(5回)
テンプレートを表示

全国私立高等学校男女バレーボール選手権大会(ぜんこくしりつこうとうがっこうだんじょバレーボールせんしゅけんたいかい)は、1996年から行われている私立高校バレーボールの大会である。ただし、高校バレー三大大会(インターハイ国体春高バレー)を優先し、欠場する強豪私立高校も多い。

大会要項[編集]

概要[編集]

各地区の予選を勝ち抜いた男女各76校が出場する。予選大会の成績が良好でチームカラーが良く、私学の発展に協力的なチームは補欠校として推薦されることもある。

予選リーグ戦をした後、各リーグ1位計16校で決勝トーナメント戦をし、私立高校日本一を決める。

沿革[編集]

第1回(1996年)~第15回(2010年)、第16回(2011年)
毎年12月に開催され私学ウィンターバレーの愛称で呼ばれていた。しかし、春高バレーの開催時期が3月から1月に変更されたことを考慮し、第16回は4月開催に変更される。そのため愛称もさくらバレーと呼ばれることになった[1]。ところが、さくらバレー初回の2011年は、開催直前に東日本大震災が発生したため、4月から8月に延期された。夏の開催となったが、愛称はさくらバレーのまま実施した。
第17回(2012年)
この年以降春休み(3月下旬)に開催される。
第25回(2020年)~第26回(2021年)
新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴い、大会初の中止となる。[要出典]

開催地[編集]

東京都・神奈川県にまたがる複数の会場を使用。開会式及び決勝トーナメントは町田市立総合体育館で行われる。

結果[編集]

男子優勝校 女子優勝校
1 1996 法政二 四天王寺
2 1997 東海大四 古川商業
3 1998 大阪商大 四天王寺
4 1999 法政二 大阪国際滝井
5 2000 大阪商業大 古川商業
6 2001 東北 成徳学園
7 2002 東北 成徳学園
8 2003 星城 下北沢成徳
9 2004 洛南 共栄学園
10 2005 東京学館総合技術 京都橘
11 2006 足利工大附 京都橘
12 2007 東京学館新潟 京都橘
13 2008 東亜学園 下北沢成徳
14 2009 東洋 古川学園
15 2010 福岡大附大濠 下北沢成徳
16 2011 東洋 下北沢成徳
17 2012 長野日大 東京都市大塩尻
18 2013 星城 東京都市大塩尻
19 2014 洛南 金蘭会
20 2015 福井工大福井 金蘭会
21 2016 駿台学園 金蘭会
22 2017 洛南 金蘭会
23 2018 洛南 金蘭会
24 2019 駿台学園 京都橘
25 2020 優勝校無し(中止) 優勝校無し(中止)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]