雲仙ロープウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雲仙ロープウェイ株式会社
140322 Unzen Ropeway Nagasaki pref Japan02s3.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
854-0621
長崎県雲仙市小浜町雲仙551番地
設立 1956年9月14日
業種 運輸業
法人番号 3310001008495
事業内容 索道業
代表者 相原孝一
資本金 6,000万円
決算期 7月31日
主要株主 長崎県交通局 500万円(8.3%)[1]
外部リンク 雲仙ロープウェイ
テンプレートを表示

雲仙ロープウェイ株式会社(うんぜんロープウェイ)は、長崎県雲仙市雲仙岳にある索道(ロープウェイ)路線を運営する企業である。

本記事では同路線についても併せて記述する。

会社概要[編集]

  • 本社所在地 - 長崎県雲仙市小浜町雲仙551番地

沿革[編集]

路線概要[編集]

  • 形式 - 三線交走式
  • 路線延長 - 500m
  • 高低差 - 174m
  • 所要時間 - 約3分
  • 営業時間 - 始発8:51~最終17:43(冬期は17:23)通常4~8分間隔
  • 機器定員 -36名

仁田峠循環自動車道路の途中に仁田峠駅が設けられている。雲仙普賢岳の噴火時には、一躍火砕流の見物スポットになったが、火砕流の活動活発化に伴い、立ち入り禁止区域に設定された。

駅一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]