金澤秀三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
金澤 秀三郎
かなざわ ひでさぶろう
生年月日 (1960-11-24) 1960年11月24日(57歳)
出生地 長崎県小浜町(現・雲仙市
出身校 青雲高等学校
所属政党自由民主党→)
無所属

当選回数 2回
在任期間 2013年1月13日 - 現職

選挙区 雲仙市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年4月30日 -
テンプレートを表示

金澤 秀三郎(かなざわ ひでさぶろう、1960年11月24日 - )は、日本政治家実業家長崎県雲仙市長(2期)。元長崎県議会議員(2期)。

来歴[編集]

長崎県小浜町(現・雲仙市)生まれ[1]青雲高等学校卒業[2]

2000年(平成12年)3月、菓子製造販売を行う小浜食糧株式会社の代表取締役に就任[3]

2007年(平成19年)4月の長崎県議会議員選挙に初当選した。2011年(平成23年)に再選。県議時代は自由民主党に所属した[4]

2012年(平成24年)11月29日、第46回衆議院議員総選挙に出馬するため雲仙市長の奥村慎太郎が辞職。同年12月、金澤は辞職に伴う市長選への立候補を表明。

2013年(平成25年)1月6日告示、1月13日投票の雲仙市長選挙に無投票で初当選した。2016年(平成28年)12月18日告示、12月25日投票の市長選に無投票で再選[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
奥村慎太郎
Flag of Unzen Nagasaki.JPG 長崎県雲仙市長
2013年 -
次代:
(現職)