橘周太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
橘 周太
1865年11月3日 - 1904年8月31日
Shuta Tachibana.jpg
渾名 橘中佐
生誕 長崎
死没 遼陽
軍歴 1887年1904年
最終階級 陸軍中佐
テンプレートを表示

橘 周太(たちばな しゅうた、慶応元年9月15日1865年11月3日) - 明治37年(1904年8月31日)は、日本の陸軍軍人日露戦争における遼陽の戦いで戦死し、以後軍神として尊崇される。官位は陸軍歩兵中佐正六位勲四等功四級

経歴[編集]

慶応元年(1865年)9月15日、庄屋城代季憐(格橘季憐とも)の二男として長崎に生まれる。勝山小学校長崎中学校二松学舎を経て1881年(明治14年)、陸軍士官学校幼年生徒に合格する。

以後軍人の道を歩み、東宮武官歩兵第36連隊中隊長名古屋陸軍地方幼年学校長を歴任し、1904年(明治37年)の日露戦争開戦にあたっては新設の第2軍管理部長に任命される。同年8月には歩兵第34連隊第1大隊長に転出し首山堡の攻撃にあたる。橘はその戦闘で死亡し、同日付で陸軍歩兵中佐に進級し勲四等旭日小綬章及功四級金鵄勲章を賜った。生前は長崎中学から漢学塾二松学舎出身ということもあり、漢詩をよくしたため、名古屋陸軍幼年学校校長時代は自ら教壇に立ち漢文を弁ずることもある教育熱心な軍人であった。

年譜[編集]

慶応元年(1865年)9月15日 誕生
明治14年(1881年)5月 陸軍士官学校幼年生徒合格
明治17年(1884年)9月1日 陸軍士官生徒
明治20年(1887年)7月21日 陸軍士官学校卒業(旧9期)・陸軍歩兵少尉歩兵第5連隊
明治21年(1888年)12月 近衛歩兵第4連隊
明治22年(1889年)1月15日 近衛歩兵第4連隊第3中隊小隊長
明治24年(1891年)1月24日 東宮武官
明治25年(1892年)1月15日 城代保蔵の三女エキ子と結婚
明治25年(1892年)4月19日 陸軍歩兵中尉
明治28年(1895年)7月9日 陸軍歩兵大尉
明治28年(1895年)11月13日 大本営
明治28年(1895年)12月 近衛歩兵第4連隊中隊長
明治29年(1896年)3月12日 台湾守備歩兵第2連隊中隊長
明治29年(1896年)9月11日 近衛歩兵第4連隊附
明治29年(1896年)11月5日 歩兵第36連隊中隊長
明治30年(1897年)5月28日 陸軍戸山学校教官兼教育大隊中隊長
明治35年(1902年)4月1日 陸軍歩兵少佐・名古屋陸軍地方幼年学校長
明治37年(1904年)2月9日 日露戦争開戦
明治37年(1904年)3月6日 第2軍管理部長
明治37年(1904年)8月11日 歩兵第34連隊第1大隊長
明治37年(1904年)8月30日 首山堡攻撃
明治37年(1904年)8月31日 戦死・陸軍歩兵中佐正六位勲四等旭日小綬章功四級金鵄勲章

系譜[編集]

橘家は敏達天皇皇子難波皇子の玄孫(曾孫とする説もある)橘諸兄の子孫であり、鎌倉時代末期の武将楠木正成は同族である。正成の弟正氏が和田を名乗り、その子孫和田義澄が肥前国島原領千々石村(後の長崎県雲仙市)に移り城代を名乗る。橘周太も初め城代であったが、兄の常葉の代から橘とする。

逸話[編集]

銅像建立・橘神社

橘の死後彼を慕う者が集い、1912年(明治45年)銅像建立建設委員会が組織され、1919年(大正7年)に銅像が建立された。また、彼を祭神として祀る橘神社の創建も検討され、1928年(昭和3年)に具体的活動になる。途中一時期中断していたが、1937年(昭和12年)に神社創建が許可され、1940年(昭和15年)5月、鎮座祭が執り行われた。周太の長男で陸軍大尉と成った橘一郎左衛門(陸士26期)が橘神社の宮司に就任する。

橘湾

橘湾は元々は千々石灘あるいは千々石湾と呼ばれていたものを、1919年、橘の銅像が千々石町(現在の雲仙市千々石町)に建立された際、関係者が千々石灘の名称を橘湾と変更するよう申請し、海図作成を行っていた海軍水路部が正式に橘湾と記載するようになったものである。

歩兵第34連隊

歩兵第34連隊は橘連隊の通称ができ、それは同じ駐屯地の同じ番号の陸上自衛隊第34普通科連隊にも受け継がれている。

鞍馬流剣術

鞍馬流剣術宗家柴田衛守道場習成館に通い、剣術を稽古していた。

関連書籍[編集]

  • 著書
    • 『経験余禄』、明治36年。
    • 『歩兵夜間教育』
    • 『森林通過法』
  • 伝記
    • 『軍神橘中佐』森本丹之助、大正9年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]