スポーツ科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポーツ科学者から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

スポーツ科学(スポーツかがく、英語:sports science)とは、スポーツを考察の対象とした学問の総称である。「科学」の指し示す内容によって、自然科学的領域のみに限定する場合や、自然科学的領域に加え、人文科学社会科学的領域をも含める場合もある。後者においてはスポーツ学と呼ばれることもある。

概要[編集]

スポーツ科学は1960年代になって脚光を浴びた言葉である[1]。スポーツ科学は競技力向上だけを目的とした科学ではなく、歴史的にスポーツ医学を基盤にして発展した科学である[1]。現代では、スポーツ科学は「スポーツをキーワードにしたあらゆる研究」を含み[2]政治学経済学心理学医学生理学栄養学といった諸学問と関連している[3]。研究を行う者がスポーツ競技者である必要はない[3]

スポーツ科学は研究対象であるスポーツに対する研究手法によって細分化され、細分化された各専門諸学は「スポーツ○○学」と呼ばれる。スポーツ科学の専門分科として、スポーツ史・スポーツ社会学・スポーツ心理学などがある[1]

スポーツ科学は、健康増進のためのスポーツ振興・スポーツ関連ビジネスのマネジメント・体育科の教員養成といった社会的ニーズ、競技スポーツや生涯スポーツにおける障害管理やコンディション指導といったスポーツニーズ、スポーツに関わる諸科学を研究するアカデミックニーズに応えることが求められている[4]

分野[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 岸野雄三「スポーツ科学とスポーツ史」『体育学研究』第19巻4-5、一般社団法人 日本体育学会、1974年、 167-174頁、 doi:10.5432/jjpehss.KJ00003392460
  2. ^ 「スポーツ」を科学するってどういうこと? 「スポーツ科学」の研究者に話を聞いてみた #学問の面白さ | マイナビ学生の窓口” (日本語). マイナビ学生の窓口 | マイナビ学生の窓口. 2020年7月9日閲覧。
  3. ^ a b 総合系スポーツ科学の特徴 | 大学受験予備校・四谷学院の学部学科がわかる本 | 公式サイト” (日本語). 2020年7月9日閲覧。
  4. ^ 教育理念” (日本語). 早稲田大学 スポーツ科学部. 2020年7月9日閲覧。

関連項目[編集]