小浜町 (長崎県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おばまちょう
小浜町
Flag of Obama Nagasaki.png
小浜町旗
Obama Nagasaki chapter.jpg
小浜町章
1970年昭和45年)1月1日制定
廃止日 2005年10月11日
廃止理由 新設合併・市制施行
小浜町国見町瑞穂町吾妻町愛野町千々石町南串山町雲仙市
現在の自治体 雲仙市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
南高来郡
団体コード 42367-0
面積 50.84km2
総人口 10,640
(2005年5月1日)
隣接自治体 島原市、南高来郡南串山町、北有馬町西有家町有家町布津町深江町、国見町、千々石町
小浜町役場
所在地 854-0592
長崎県南高来郡小浜町北本町14番地
外部リンク 小浜町(アーカイブ版)
 表示 ウィキプロジェクト

小浜町(おばまちょう)は、長崎県島原半島にあったで、南高来郡に属した。古くからの温泉街を擁し、観光に関する産業が盛んな町である。

2005年10月11日に周辺6町と新設合併、雲仙市として市制を施行し自治体としては消滅した。

現在の雲仙市内における小浜町の地域にあたり、旧町役場は小浜総合支所として業務が行われている。

地理[編集]

島原半島の南西部に位置し、海岸線を橘湾に接する。

  • 山:普賢岳[1]、絹笠山、妙見岳、国見岳、石割山、野岳、矢岳、高岳、仁田峠
  • 河川:金浜川、古賀川、鬢串川、木指川、飛子川(境川)、浦河内川、陰平川、菜切川
  • 湖沼:諏訪池、鴛鴦ノ池、白雲ノ池、広河原池、空池

歴史[編集]

地域[編集]

地名[編集]

を行政区域とする。大字は設置していない。旧小浜町・旧北串山村時代は名の名称を十干に置き換えて表記していたが、1955年の合併以降は十干表記を廃止して本来の名の名称を表記し、さらに末尾の「名」の文字が削除された。その際に一部の名が改称している。
()内は旧町村時代の名および十干を表す。

旧小浜町
  • 富津(甲 / 富津名)[3]
  • 北野(乙 / 北野名)
  • 北本町(丙 / 北本村名)[4]
  • 南本町(丁 / 南本村名)[4]
  • 北木指(戊 / 下木指名)
  • 南木指(己 / 上木指名)
  • 雲仙(庚 / 温泉名)[5]
  • マリーナ[6] - 平成初期、北本町・南本町のそれぞれ一部の海岸部埋立地造成により新設。


北串山村
  • 金浜(甲 / 金浜名)
  • 木場(乙 / 木場名)
  • 大亀(丙 / 大亀名)[7]
  • 山畑(丁 / 山畑名)
  • 飛子(戊 / 飛子名)

行政[編集]

町章[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 小浜町立小浜中学校 - 県内でもトップクラスの成績を誇る吹奏楽部が有名である。
  • 小浜町立雲仙中学校
  • 小浜町立北串中学校

小学校[編集]

  • 小浜町立小浜小学校
  • 小浜町立雲仙小学校
  • 小浜町立富津小学校
  • 小浜町立木指小学校
    • 小田山分校
  • 小浜町立北串小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

有料道路[編集]

産業[編集]

  • 特産品 : 湯せんぺい

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

祭事・催事[編集]

  • 全九州花火師競技大会:4月

出身・ゆかりのある人物[編集]

旧北串山村出身。衆議院議長、文部大臣などを歴任。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 島原市にあると思われがちだが、山頂は当町に属する。
    ※参考:長崎県南高来郡小浜町 (42367A1968) | 歴史的行政区域データセットβ版 Geoshapeリポジトリ
  2. ^ 長崎縣告示第百八十五號 南高来郡小浜村町制施行許可 長崎県公報 大正13年3月14日付
  3. ^ もとは「日比名」と称したが、江戸時代中期の延享年間に富津名に改称した。
  4. ^ a b もとは「本村名」であったが、1889年の小浜村発足以降に北本村名と南本村名に分割された(分割年月日不詳)。なお、本村名は江戸時代末期まで「羽毛合名」と称していた。
  5. ^ 北串山村との合併後、表記を温泉から雲仙に改称。いずれも「うんぜん」と読む。
  6. ^ 地理院地図(電子国土Web)長崎県雲仙市小浜町マリーナ 国土地理院ホームページ
  7. ^ 角川日本地名大辞典 42 長崎県』のうち「大亀」の頁では、旧北串山村時代は山畑名の一部であった旨の記述があり、『長崎県南高来郡町村要覧.下編』のうち「北串山村」の頁では山畑名に統合されたとの記述があるが、いずれも当時の村内での行政上の区割りとみられる。
  8. ^ NHKふるさとデータブック p372
  9. ^ 小浜町例規集 小浜町章の制定

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 42 長崎県
  • 長崎県南高来郡町村要覧.下編「小浜村」「北串山村」(1893年)国立国会図書館デジタルコレクション
  • NHK情報ネットワーク 『NHKふるさとデータブック9 [九州 1]』 日本放送協会、1992年5月1日
  • 小浜町 『小浜町例規集』 長崎県南高来郡小浜町。
  • 小浜町 『小浜町勢要覧町制施行70周年記念』 長崎県南高来郡小浜町、1994年3月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]