愛南町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あいなんちょう
愛南町
Flag of Ainan Ehime.JPG
愛南町旗
Ainan Ehime chapter.svg
愛南町章
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 愛媛県
南宇和郡
団体コード 38506-9
面積 239.64 km²
総人口 22,550
推計人口、2014年3月1日)
人口密度 94.1人/km²
隣接自治体 宇和島市
高知県宿毛市
町の木 ウバメガシ
町の花 アケボノツツジ
愛南町役場
所在地 798-4196
愛媛県南宇和郡愛南町城辺甲2420番地
北緯32度57分43.5秒東経132度34分59.4秒
外部リンク 愛南町

愛南町位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
船越運河
外泊集落

愛南町(あいなんちょう)は、愛媛県南宇和郡にある2004年平成16年)10月1日、南宇和郡にあった4町1村(御荘町一本松町城辺町西海町内海村)のすべてが合併して誕生した。町名は、愛媛県の最南端であることから付けられた。

地理[編集]

愛媛県の最南端。北は篠山から観音岳を経て由良半島に至る稜線で津島町(現・宇和島市)と、東は松田川支流の篠川で高知県宿毛市と接している。西は内海湾、南は宿毛湾に面する。

町域の大部分を占める山地がそのまま海に落ち込み、リアス式の複雑な海岸線を持つ。中央を大きく弧を描くように流れる僧都川の河口部に平地が小さく開けており、役場のある城辺地区もここにある。

海岸部は足摺宇和海国立公園の一部となっている。

  • 山: 篠山、観音岳
  • 河川:僧都川(そうずがわ)、篠川
  • 湖沼:

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

行政[編集]

町長[編集]

2008年10月19日、現職の谷口との、町を二分する選挙戦を700票弱の差で制して初当選。選挙戦では愛南町を選挙区とする県議会議員や合併前の城辺町以外の旧町村長が清水を推して谷口と対し、初代町長選と似通った構図となった。

庁舎[編集]

旧城辺町庁舎を利用
新庁舎については、法定合併協議会で「合併後4年以内に建設する」と決定し、旧城辺町と旧御荘町との境の蓮乗寺川南側の丘陵地を予定していたが、地権者との用地交渉がまとまらないことや、財政状況が厳しいことから、2006年に当初の計画は中止とした。ただ、現庁舎(旧城辺町庁舎)は想定される南海地震等の耐震規準を満たさないことから、合併特例債が認められる2014年度(平成26年度)までに建設費約10億円と規模を縮小(当初は45億円を予定)して、建設場所も含めて再検討していくこととした。そして建設の是非を含め検討する機関として町は新庁舎建設計画町民検討委員会(中村威久男委員長)を設置、2008年7月に初会合を開き、議論を開始した。
2008年10月の2期目の町長を決める選挙戦では新人の清水雅文が庁舎建設反対を訴え、当選。清水新町長は2008年12月16日の「委員会」にて、他に優先すべき課題があることを理由に、4年間(任期中)は「絶対建てない」と明言した。

行政課題[編集]

南宇和郡5か町村がすべてまとまって、環境衛生などの共同実施を背景に協力・連携関係の積み重ねがあり、県内でも合併までの所用期間は最速であった。そのため、地域ごとの公平性の観点からの公共施設やサービスのバラマキの必要性は他の自治体に比べると少ない。
当面の課題は、松下寿電子工業(現:パナソニック ヘルスケア)工場の閉鎖などによる雇用問題。
根本的な行政課題は、地域振興で、中核産業である水産業の振興が町勢復興の鍵を握る。かつおの水揚げで四国地域では知られている深浦港や、カキ養殖の御荘湾、緋扇貝(ひおうぎがい)などの素材には恵まれている。
将来的には高速道路(四国横断自動車道松山自動車道)の延伸計画があるが、宇和島市以南(旧津島町岩松以南)は見通しが立っていない。ただ無料の自動車専用道路は建設されている。

主な行政機関[編集]

  • 愛南町役場
  • 愛南町役場内海支所
  • 愛南町役場御荘支所
  • 愛南町役場一本松支所
  • 愛南町役場西海支所
  • 愛南町クリーンセンター
  • 愛南消防署
  • 愛南警察署
  • 宇和島地方局御荘出張所
  • 城辺簡易裁判所
  • 城辺区検察庁
  • 愛媛県立南宇和病院

経済[編集]

海の恵みを受けた産業が主体であり、真珠養殖はなやかなりし頃は、特に母貝の生産地である旧・内海村は所得も高く、四国でも一二を争う豊かな村と言われた。しかし、真珠養殖の不振とともに一気に経済力も低下。今日では、逆に一二の寒村とすら自虐的に言う人もいる。また、松下寿電子工業の工場閉鎖もダメージを与えた。

産業[編集]

  • 愛媛県内で初めて「愛南町職業紹介所」(町管理の職業安定所)が開設された。宇和島圏域であるが、実際には宇和島まで出にくい上、本町内で就職活動がしたいという人が多い。

主な産業 - 農林水産業・観光業

  • 第一次産業
    • 水産業
      旧内海村周辺は真珠養殖よりも、真珠養殖に必要な真珠母貝の養殖は日本一である。旧御荘町、旧西海町はタイハマチフグヒラメの養殖が盛ん。また御荘湾周辺では御荘カキ(愛南かき)も養殖されている。城辺町の深浦港は愛媛県唯一のカツオの水揚げ港。
      また、鮮やかな色が特徴の緋扇貝も養殖されている。
    • 農林業
      僧都川周辺の平野部、旧一本松町で稲作が行われているが大規模ではない。旧御荘町では柑橘類の栽培が盛ん。温州みかんではなく夏みかんや美生柑(みしょうかん、愛南ゴールド)が有名。
  • 第二次産業
    工業に適した土地が少なく、大消費地からも離れているため工業の割合は少ない。旧一本松町に松下寿電子工業(現パナソニック ヘルスケア)の一本松事業所があり、ハードディスク関連製品の製造を行っていたが、事業の集約化の一環で2005年平成17年)3月に閉鎖された。当地では他に雇用吸収力のある産業はみられず、一層の経済力の低下が懸念される。宇和島地域の製造業の出荷額は、愛媛県内の6地域のうち下から二番目(最下位は八幡浜地域)であるが、そのうち電気機械関係が実に76.9%を占めていた(1999年)。そのほとんどは同社関連であったとみられ、その存在感は他にこれといった産業のない当地方にとってはきわめて大きい産業であった。また閉鎖を発表した2004年平成16年)12月時点での従業員は462名を数え[1]、どれだけ同事業所に雇用吸収力があったかがわかる。跡地には2008年に隆祥産業(現レクザム)が進出。
  • 第三次産業
    宇和海沿岸が足摺宇和海国立公園に指定され、その風光明媚な景色を生かし、また四十番札所の観自在寺があることから観光業が盛ん。しかし町としては積極的でない。
    • 旧西海町 - 鹿島を中心とした海域で海中公園のほか「日本の美しい村農林水産大臣賞」を受賞した石垣の里も有名。また磯釣り、ダイビングのポイントも多い。
    • 旧御荘町・城辺町・内海村 - 南予レクリエーション都市(南レク)の指定を受け、大規模な公園の建設が進んだ。御荘公園は南レクの中心でレジャープール、展望タワー、ホテル、城辺公園は運動施設が充実。サッカー場は南レク杯高校サッカー大会が開かれる。内海の須ノ川公園は須ノ川海水浴場とオートキャンプ場、ゆらり内海がある。

本社を置く企業[編集]

事業所を置く企業[編集]

文化[編集]

  • 手しごと
僧都地区の「炭焼き」
陶器「御荘焼」 現在は窯もないが、旧城辺町の一帯では陶石を採掘していたとみられる。
農村部の「わら縄編、わらじ作り」
手作りタルト・・・赤色や緑色のあんこ入り
寒天ゼリー・・・みかんの実を袋ごと入れる
蒸しまんじゅう(柏餅状のこしあん入り)
かいぼし(いわしの丸干し)
ふかの湯ざらし
丸寿司(おからでつくる)
ひがしやま(甘いサツマイモを煮干にしたもの)
麦味噌
蟹汁(川蟹をつぶしてつみれ汁状にしたもの)
  • 祭礼
闘牛
牛鬼(「うしおに」が「うしょーにん」と訛る)
いずれも南予一帯でみられる
  • 民俗、娯楽
とっぽ話(とぼけたほら吹き話)
バラ抜き歌(鰹節を作る際の骨を抜く作業で合間に歌われる)

地域[編集]

人口[編集]

Demography38506.svg
愛南町と全国の年齢別人口分布(2005年) 愛南町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 愛南町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
愛南町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 34,672人
1975年 33,845人
1980年 33,800人
1985年 33,768人
1990年 32,295人
1995年 31,101人
2000年 29,331人
2005年 26,636人
2010年 24,066人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

南宇和高校
小学校
  • 愛南町立赤水小学校 - 2012年3月末をもって閉校、平城小学校へ統合
  • 愛南町立家串小学校
  • 愛南町立一本松小学校
  • 愛南町立柏小学校
  • 愛南町立菊川小学校
  • 高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校
  • 愛南町立城辺小学校
  • 愛南町立僧都小学校
  • 愛南町立東海小学校
  • 愛南町立中浦小学校
  • 愛南町立長月小学校
  • 愛南町立魚神山小学校 - 2009年3月末をもって閉校、家串小学校へ統合
  • 愛南町立西浦小学校 - 2011年3月末をもって閉校、船越小学校へ統合
  • 愛南町立久良小学校
  • 愛南町立平城小学校
  • 愛南町立深浦小学校 - 2010年3月末をもって閉校、城辺小学校へ統合
  • 愛南町立福浦小学校
  • 愛南町立船越小学校
  • 愛南町立満倉小学校 - 2011年3月末をもって閉校、一本松小学校へ統合
  • 愛南町立緑小学校
中学校

なお、高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校・中学校は日本一校名の長い小中学校である。

高等学校
大学

交通[編集]

  • 鉄道は同町には通っていない。県内の最寄駅はJRでは宇和島駅だが、高知県の土佐くろしお鉄道の宿毛駅が近い。
昭和の40年代頃までは、鉄道の延伸構想(宿毛線、宇和島 - 宿毛)があり、地図にも白い線が描かれていたが、現在では地元で話題にされることもなくなった。
  • 鉄道以外では宇和島自動車が城辺営業所を中心にバス路線を展開。幹線である城辺 - 宇和島 - 松山線は高速道路の延伸で便数や所要時間に改善が見られるが、支線は閑散路線が多く、廃止・減便が行われている。
城辺 - 神戸三宮・大阪梅田(夜行高速バス、阪神電鉄バスと共同運行。愛南町内では御荘、柏の停留所にも停車)
城辺 - 宇和島 - 松山(直通便4往復)
宿毛 - 城辺 - 宇和島(松山行はバスセンターで乗り継ぎ)
城辺 - 久良(終点はコモズラ)
城辺 - 中浦(終点は高手)
城辺 - 武者泊(むしゃどまり)
城辺 - 外泊(そとどまり) : 鹿島へは「鹿島渡」下車。石垣の里へは終点「外泊」
城辺 - 岩水→愛南町のコミュニティバスに転換
城辺 - 大僧都→愛南町のコミュニティバスに転換
城辺 - 本網代
  • 四国の中で空港から最も遠い地域の一つ。東京までの時間的距離では全国的にみてもかなり長い。同町と接し、同様に航空事情に恵まれない高知県西南地域に空港を設置しようとする運動がある(四国西南空港構想)。高知県側が熱心。

道路[編集]

一般国道[編集]

都道府県道[編集]

その他[編集]

  • 南宇和広域農道 御荘平城 - 正木

道の駅[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

現在、町としては観光に関してはあまり積極的ではない。原因は南予レクリエーション都市の項を参照のこと。

紫電改展示館
観自在寺
  • 名所
御荘・城辺地区
平城山観自在寺四国八十八箇所 40番札所)
南レク 施設群 城辺公園、松軒山公園、御荘公園(サンパール、ホテル)、馬瀬公園(紫電改展示館、宇和海展望タワー
道の駅みしょうMIC
山出憩いの里温泉
かつては御荘湾ロープウェイもあったが、2006年平成18年)4月1日に廃止された。
内海地区
由良岬
船越運河
南レク須ノ川施設群 ゆらり内海、グリーンパークすのかわ、ウバメガシ群生
西海地区
宇和海海中公園 観光船(ガイヤナ号、ユメカイナ号)
鹿島
元は宇和島伊達藩の狩猟地。1955年(昭和30年)に愛媛県の名勝に指定。同年に足摺国定公園に指定され1972年(昭和47年)に現在の国立公園になった。
石垣の里 外泊(そとどまり)地区
高茂岬
一本松地区
篠山(標高1065m)、篠山森林公園、アケボノツツジの群生が有名
一本松温泉あけぼの荘
愛南町農村運動広場あけぼのグランド
  • まつり、イベント
トレッキング・ザ・空海 - 11月
サンゴ週間 - 3月、船越にて
南レクさくらまつり - 3月下旬~4月、南レク城辺公園にて
愛南大漁まつり - 御荘湾立て干し網(例年GWに開催していた)と「かつおフェア」を2006年から統合。
南レク杯高校サッカー大会(5月)
どろんこサッカー
海中公園まつり
花とり踊り(増田、正木)
街道灯籠祭り愛南「酒蔵の道をゆく」「海街道をゆく」「山街道をゆく」 -7月から9月
  • 特産物
水産物(カキ(御荘湾)、カツオ(深浦港)、ヒオウギ貝(内海湾ほか)、真珠ウツボはまち、モイカ)
水産加工品(カツオ刺身・たたきじゃこ天蒲鉾スルメいりこ目刺、ふぐちょうちん)
農産物
かんきつ類(甘夏美生柑(みしょうかん、愛南ゴールド)、ハウストマト、ブドウ、カモ米)
野菜(オランダエンドウ)
由良媛っ子地鶏(内海地区)

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]