信州味噌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
左は江戸甘味噌、右が信州味噌。

信州味噌(しんしゅうみそ)は、長野県信州)を中心に生産されている、米麹大豆でつくる味噌(米味噌)で、淡色で辛口を特徴とする。

概要[編集]

石井味噌(松本市)味噌蔵

中世以来信濃国においては、鎌倉時代より心地覚心の創建した安養寺(佐久市)を発祥の地として、味噌造りが盛んになっており、1923年関東大震災に乗じて首都圏の味噌市場を信州味噌が席巻したのを契機に、現在の日本において生産・消費されている味噌の約4割が、信州味噌となっている。

大手の味噌製造会社の本社・工場が長野県に集中している。中小企業も多く、業界団体として県下各地に協同組合を組織している。その上部組織として、長野県味噌工業協同組合、及び長野県味噌工業協同組合連合会がある。「信州味噌」の名称は長野県味噌工業協同組合所有の団体商標である[1]

主な製造会社[編集]

信州の味噌醸造[編集]

大手味噌メーカーの約4割が、信州味噌の長野県を発祥としている。

創業年 設立年 会社 本社 備考
1662年 1933年 宮坂醸造 長野県諏訪市 神州一味噌
1854年 1948年 マルコメ 長野県長野市 青木味噌醤油
1872年 竹屋 長野県諏訪市
1888年 1951年 マルマン 長野県飯田市
1918年 ハナマルキ 長野県伊那市 花岡金春商店

出典・脚注[編集]

  1. ^ 信州味噌 長野県

関連項目[編集]

外部リンク[編集]