庄内 (松本市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 長野県 > 松本市 > 庄内 (松本市)

庄内(しょうない)は、長野県松本市の地名。現行行政地名は庄内一丁目から庄内三丁目。郵便番号は390-0828。

地理[編集]

松本市の薄川南岸、田川東岸を占める。南北に県道295号平田新橋線及び市道小池平田線が、東西に県道297号兎川寺鎌田線が通る。これらの道沿いには旧来からの商店や住宅が密集している。、

歴史[編集]

江戸時代には松本城下に南接する広大な庄内村の中心部であり、他に出川町村と小島村の一部を含む。貞享騒動の出川刑場があった所としても知られる。明治になると北国西街道(現在の県道平田新橋線)を中心に民家が立ち並び始めた。松本市内でも早くから発展していた。1966年に住居表示が実施された。

町名の由来[編集]

町名の由来は平安時代までさかのぼる。当時の松本には「捧(ささげ)の庄」という朝廷の荘園があり、庄内はそれと関係があるとされている。俗称地名では逢初町、南新町、新家町、庄内町、豊田町などが該当する。

施設[編集]