下津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下津駅
駅舎(2010年3月14日)
駅舎(2010年3月14日)
しもつ
Shimotsu
初島 (3.0km)
(2.7km) 加茂郷
所在地 和歌山県海南市下津町下津756-8
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 W 紀勢本線(きのくに線)
キロ程 361.1km(亀山起点)
新宮から180.9km
電報略号 シツ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
480人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1924年大正13年)8月20日[1]
備考 業務委託駅
受託者
株式会社ジェイアール西日本メンテック
窓口営業時間7:00~10:00
POS端末設置
(自動券売機 有)
テンプレートを表示

下津駅(しもつえき)は、和歌山県海南市下津町下津にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線(きのくに線)の

旧・下津町の中心部へは加茂郷駅が近い。

歴史[ソースを編集]

駅構造[ソースを編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。配線上では棒線駅であるが、場内・出発信号機を備え、閉塞の境界として機能している。和歌山方面行きホームに駅舎があり、反対側の御坊方面行きホームへは跨線橋で連絡している。ホームのかさ上げは行われていない。

和歌山駅が管理し、ジェイアール西日本メンテックが駅業務を受託する業務委託駅POS端末・新型タッチパネル式自動券売機が1台設置されている。

以前は駅に隣接して丸善石油下津製油所の鉄道出荷設備があり、タンク貨車出荷を行っていた事から上下本線の間に中線を持っていた。現在は撤去されているが、上下線の間に1線分の空間が残る。

のりば[ソースを編集]

のりば 路線 行先
1 W きのくに線 和歌山天王寺方面
2 御坊新宮方面
  • 上表の路線名は旅客案内上の名称(愛称)で表記している。

駅周辺[ソースを編集]

路線バス[ソースを編集]

  • 海南市コミュニティバス 鰈川線
加茂郷駅・冷水浦駅・海南駅・海南医療センター / 鰈川方面 (平日・土曜3往復の運行)

利用状況[ソースを編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[2]

年度 1日平均
乗車人員
1998年 735
1999年 698
2000年 685
2001年 634
2002年 611
2003年 591
2004年 594
2005年 585
2006年 567
2007年 538
2008年 519
2009年 496
2010年 485
2011年 476
2012年 460
2013年 488
2014年 463
2015年 480

隣の駅[ソースを編集]

西日本旅客鉄道
W きのくに線(紀勢本線)
快速
通過
普通(阪和線内で快速または紀州路快速となる列車を含む)
初島駅 - 下津駅 - 加茂郷駅

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』25号 紀勢本線・参宮線・名松線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月10日、18-21頁。
  2. ^ 『和歌山県統計年鑑』及び『和歌山県公共交通機関等資料集』

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]