有井駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有井駅
駅舎(2005年8月)
駅舎(2005年8月)
ありい
Arii
熊野市 (2.0km)
(4.5km) 神志山
所在地 三重県熊野市有馬町1003
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 紀勢本線
キロ程 159.6km(亀山起点)
電報略号 アリ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
57人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1940年昭和15年)8月8日[1]
備考 駅員無配置駅
テンプレートを表示

有井駅(ありいえき)は、三重県熊野市有馬町にある東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線である。

駅名の有井は有馬と井戸を合成した、開業当初の所属していた村の名前による。

歴史[編集]

この駅は昭和15年8月、国鉄紀勢西線の新宮駅から紀伊木本駅(現在の熊野市駅)の開通により国鉄紀勢西線の駅として開業した[1]。その後当駅は昭和34年、今の紀勢本線が全通し亀山駅と和歌山駅(現在の紀和駅)の間が紀勢本線となったのを受け国鉄紀勢本線の駅となり、さらに国鉄の分割民営化を経て現在に至っている[1]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホーム上に接近警報機がある。開業当初からの駅舎は解体され、台形の簡易駅舎が設置されている。熊野市駅管理の無人駅で、自動券売機や乗車駅証明書発行機の設置もない。

利用状況[編集]

当駅は近畿大学工業高等専門学校の最寄り駅であったが、2011年4月に名張市に移転したため、当年度から利用客が大幅に減少した。

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 227
1999年 210
2000年 188
2001年 199
2002年 212
2003年 243
2004年 255
2005年 253
2006年 245
2007年 226
2008年 198
2009年 183
2010年 170
2011年 65
2012年 67
2013年 69
2014年 64
2015年 57

駅周辺[編集]

有馬町は熊野市駅のある木本町とは山ひとつの隔たりがあり、木本からは市街地が続いていない。しかしここから先新宮方面しばらくは、海岸線に沿って人家がある程度集まって存在している。

そのため紀勢本線に並行する国道42号には三重交通のバスがおよそ30分毎に運行されており、紀勢本線には料金や時間の面で劣るとはいえ、便利である。かつて当駅から北西に1kmほど進んだ場所には近畿大学工業高等専門学校があったが、2011年4月に名張市に移転した。

海までは歩いて5分の所にある。

このあたりから鵜殿辺りまでの海岸は七里御浜とよばれ、色とりどりの御浜石のある自然海岸が美しいといわれているが、紀勢本線は若干内陸部を走っているため、車窓からはまったくといっていいほどその姿を見ることはできない。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
紀勢本線
熊野市駅 - 有井駅 - 神志山駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』25号 紀勢本線・参宮線・名松線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月10日、19-21頁。
  2. ^ 「天王寺鉄管局、紀勢線と参宮線の駅業務を大幅削減へ」日本経済新聞1983年6月29日付、地方経済面中部7ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]