熊野大花火大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

熊野大花火大会(くまのおおはなびたいかい)は、毎年8月17日三重県熊野市七里御浜海岸で開催される花火大会

七里御浜

概要[編集]

初めは盆の8月16日に木本町極楽寺の境内で、町内の篤志家が初精霊供養のため寄進をして行っていたものと言われている。
当時の呼び物は、柱松、柳子火車、金山寺、大流星など簡単な仕掛け花火で、中でも熊野独特の連星は、アマチュア花火師も参加して星の連なりの長さを競っていた。
明治10年には、21日に行われるようになったが、その後灯篭焼き行事もその日に行われ、豪華な藤の棚や仕掛け花火が一段と趣きを添えるようになった。
大正から昭和初期にかけては、市内に7~8軒の花火業者が隆盛を誇り、遠くシンガポールまで輸出するほどだったが、戦後は時代の推移とともに花火師も減少し、現在では唯一有馬町の和田煙火店のみとなっている。
1963年からは、旧盆明けの17日に実施するようになり、現在では紀州路最大のイベントとして夏の夜空をにぎわせている。

歴史[編集]

歴史に関しては、外部リンクの「熊野大花火大会」を参照(「歴史」の項目に掲載されている)。

開催日時[編集]

毎年8月17日。ただし、雨天時や高波の時は延期される。

打上玉数[編集]

  • 約10000発

見所[編集]

  • 海上自爆
全速力で走る2隻の船から火の付いた花火を海面に投げ込む花火。
  • 三尺玉海上自爆
海上に浮かべたイカダの上に乗せた250kgの三尺玉をその場で爆発させる大迫力の花火。直径600mに広がる美しい半円を誇る。
熊野大花火のフィナーレを飾る鬼ヶ城大仕掛は、自爆(地爆)と称され、その体感震度は震度7にも達すると言われている。

主催[編集]

交通アクセス[編集]

  • 列車
JR紀勢本線熊野市駅から会場まで徒歩5分。大会当日は臨時列車が多数運行されるが、単線のため大幅な増発が難しいうえ、キャパシティを超えており、混雑のため例年ダイヤ乱れが発生している。
花火大会終了後の熊野市駅には長蛇の列ができ、列車に乗るまで大幅な時間を要する。また、名古屋行き臨時特急は全席指定であり、大会当日7時から沿線のみどりの窓口で発売されるが、指定席を購入するため徹夜で並ぶ人も少なくない。毎年、3分もたたないうちに指定席は完売になる。詳しくは南紀 (列車)#熊野市花火を参照されたい。
大会当日は市内全域で大規模な交通規制が敷かれる。郊外に臨時駐車場が設置され、会場までシャトルバスが運行されている(ただし、一部を除き往路のみの運行)。
2013年には熊野尾鷲道路が会場にほど近い熊野大泊ICまで開通したが、当日は混雑緩和のため、熊野市方面へはバスやタクシー等を除いた一般車両は全線で通行禁止となる。
主要路である国道42号線は、熊野市を中心に南北ともに長い渋滞が発生する。ただし、上記の高速道路開通にともない、車両が分散されたため、過去よりも渋滞は幾分緩和されている。
過去には30kmを越えるような渋滞が発生した年もあり、花火開始時刻になっても会場まで到着せず、バスツアーが途中で引き返すという事態もあった。

参考文献[編集]

  • 熊野市教育委員会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]