牡鹿町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
牡鹿町
Flag of Ojika Miyagi.JPG
牡鹿町旗
Ojika Miyagi chapter.JPG
牡鹿町章
1967年4月制定
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
牡鹿町桃生郡北上町河北町雄勝町河南町桃生町
石巻市
現在の自治体 石巻市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
牡鹿郡
団体コード 04582-9
面積 72.98km2
総人口 4,860
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 宮城県石巻市牡鹿郡女川町
町の木 マツ
町の花 ユリ
町の鳥
町の獣
町の魚介
キャラクターマーク
カモメ
シカ
カキ
クジラのミンキー
牡鹿町役場
所在地 986-2523
宮城県牡鹿郡牡鹿町大字鮎川浜字鬼形山1番地の13
座標 北緯38度18分6.8秒
東経141度30分30.2秒
Oshika-Miyagi.png
 表示 ウィキプロジェクト

牡鹿町(おしかちょう)は、宮城県東部、牡鹿半島の突端にかつて存在したである。2005年4月1日に石巻地域1市6町で合併し、石巻市となった。

地理[編集]

宮城県東部、牡鹿半島に位置する町である。牡鹿半島の突端にあり、町内のほとんどが山地である。平地は少なく、リアス式の海岸地帯となっている。中心集落は鮎川であり、金華山への観光船もそこから出ている。

歴史[編集]

行政[編集]

  • 最後の町長:木村冨士男

経済[編集]

産業[編集]

漁業が中心で、カキホタテホヤなどの産地として知られる。江戸時代以前には行われていなかったが、明治になってからしばらくの間は、工業資源などとして使われた鯨油目的のマッコウクジラをターゲットとした近海捕鯨の基地として栄えた。千葉資本の外房捕鯨がツチクジラ目的としての捕鯨基地をおいており、町民には調査捕鯨による鯨肉の配布が行われている。

地域[編集]

2004年8月の世帯数は1,914世帯であった。

教育[編集]

中学校
牡鹿町立鮎川中学校
牡鹿町立大原中学校
牡鹿町立寄磯中学校
小学校
牡鹿町立鮎川小学校
牡鹿町立大原小学校
牡鹿町立谷川小学校
牡鹿町立寄磯小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町内に鉄道路線は無く、女川あるいは石巻まで出ることになる。

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所[編集]

祭り[編集]

出身有名人[編集]

参考文献[編集]

  • IWASAKI-GOODMAN, Masami (1994): An Analysis of Social and Cultural Change in Ayukawa-hama. Ph.D. Dissertation. Department of Anthropology. University of Alberta, Edmonton, Canada. 国立民族学博物館OPAC情報
  • ウィルヘルム・ヨハネス・春水(2005年)「アンバサンに見られる里海の記憶 − 宮城県牡鹿半島寄磯浜をフィールドから」「 季刊・東北学』、5号(2005年秋): 164-189. HTML更新版
  • 宮城県牡鹿郡(編)(1923年)『牡鹿郡誌』(牡鹿郡)) : 牡鹿郡. NCID BA34068541,NCID BN055847421975年度複製版、NCID BN032388751986年度複製版
  • 牡鹿町誌編纂委員会(編)『牡鹿町誌』上巻 [1988]、下巻 [2002]、中巻 [2005].牡鹿町. NCID BN03137313
  • 小野寺正人(1982年)「和船による鰹漁の漁撈習俗—陸前寄磯浜の場合」『石巻地方研究』1、63-71頁.
  • 庄司東助(1983年)『日本の漁業問題 : その歴史と構造』東京 : 農山漁村文化協会. NCID BN02345982
  • 東北歴史資料館(編)(1984年)『三陸沿岸の漁村と漁業習俗.上巻』(=『東北歴史資料館資料集』, 10)多賀城:東北歴史資料館. NCID BN01528535
  • 宮城県水産試験場(1958年-1960年)『沿岸漁業集約経営調査報告書(第1-3年度)』渡波町:宮城県水産試験場. NCID BA45410949
  • 高橋鉄牛(1926年)『牡鹿郡案内誌』仙台:陸陽社出版部. NCID BN02345982NCID BN023459821979年度複製版

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石巻地域合併協議会 慣行の取扱いについて

外部リンク[編集]