おしか御番所公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おしか御番所公園
Oshika Gobansho Park
Gbansho.JPG
おしか御番所公園
分類 都市公園
所在地
宮城県石巻市鮎川浜黒崎1番地643
座標 北緯38度17分11.05秒 東経141度31分5.5秒 / 北緯38.2864028度 東経141.518194度 / 38.2864028; 141.518194座標: 北緯38度17分11.05秒 東経141度31分5.5秒 / 北緯38.2864028度 東経141.518194度 / 38.2864028; 141.518194
面積 6.5ha
開園 1992年[1]
設備・遊具 芝生広場、自然散策路、展望棟、ローラー式滑り台、その他
駐車場 無料 普通車70台
公式サイト 石巻市のページ

おしか御番所公園(おしかごばんしょこうえん)は宮城県石巻市鮎川浜にある公園[2]で、ただ単に御番所公園とも表記される。南三陸金華山国定公園の中にあったが、2015年3月31日、南三陸金華山国定公園が三陸復興国立公園に編入された[3]ので、同国立公園内にあることになる。

概要[編集]

牡鹿半島に1971年昭和46年)4月1日に有料道路として開通し、1996年平成8年)4月に無料開放となった宮城県道220号牡鹿半島公園線(牡鹿コバルトライン)の南端にあり、公園中央の一番高い位置には、六角形の展望棟があって牡鹿半島の全景、金華山、網地島田代島、太平洋の大海原など、360度パノラマの眺望が楽しめる[4]。標高188mの御番所山の頂上付近に位置する。
江戸時代に仙台藩が「唐船」の襲来に備えて設置した見張り所(仙台藩唐船番所)[5]が復元されている。 バードウォッチングができる野鳥観測所、ちびっ子ゲレンデやちびっ子広場と子どものためのアスレチックもあるので、家族連れでも楽しめる。

御番所公園展望棟から観る金華山

2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の際は、潮が引き金華山までの海の底が現れ、牡鹿半島と金華山は陸続きのようになった。そのあと津波が襲来した。当公園では、地割れが生じたり、建造物にも被害が出たため、その後長期に渡って閉鎖されていたが、現在は牡鹿コバルトライン共々、2014年4月には全面復旧した。ローラースライダーも滑走部分を交換したりしている。展望棟は円形だったものを取り壊し新しく立て直したもので[6]六角形の外観が特徴、2階には、いすとテーブルを配置し飲食も可能である。東日本大震災前は年間2万人の訪問があった。1992年(平成4年)の開園で、四半世紀の歴史があり、入園は自由。

施設・設備[編集]

  • 展望棟(六角形)
  • 野鳥観察所
  • 仙台藩唐船番所(跡)
  • アスレチック場
  • ローラースライダー
  • 自然散策路
  • 花畑
  • 芝生広場(ちびっこ広場、木製迷路)
  • 木橋(天の川橋 - 吊り橋タイプ)
  • 人工ゲレンデ
  • 展望テラス
  • 四阿
  • 見晴台
  • 野外炊飯施設(バーベキュー棟)
  • 駐車場
  • トイレ

アクセス[編集]

周辺の見所[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]