大原村 (宮城県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大原村
廃止日 1955年3月26日
廃止理由 新設合併
大原村鮎川町牡鹿町
現在の自治体 石巻市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
牡鹿郡
面積 38.05km2
総人口 5,496
(『宮城県町村合併誌』、1955年3月25日)
隣接自治体 牡鹿郡稲井村女川町荻浜村
大原村役場
所在地 宮城県牡鹿郡大原村
 表示 ウィキプロジェクト

大原村(おおはらむら)は、昭和30年(1955年)まで宮城県牡鹿郡の南東部にあった村。現在の石巻市大原浜・給分浜・小淵浜・小網倉浜・清水田浜・泊浜・新山浜・谷川浜・大谷川浜・寄磯浜・前網浜・鮫浦にあたる。

沿革[編集]

  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、大原浜・給分浜・小網倉浜・清水田浜・泊浜・新山浜・谷川浜・寄磯浜・鮫浦の計9か村が合併して大原村が発足。
  • 昭和30年(1955年)3月26日 - 鮎川町と合併し、牡鹿町となる。

行政[編集]

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 長沼平左ェ門 明治22年(1889年)4月20日 明治35年(1902年)3月27日
2 平塚昌之助 明治35年(1902年)3月31日 明治39年(1906年)10月25日
3 渥美庄蔵 明治39年(1906年)10月28日 明治41年(1908年)1月31日
4 阿部五郎作 明治41年(1908年)6月26日 明治45年(1912年)7月6日
5 安住三治 明治45年(1912年)7月7日 大正3年(1914年)8月25日
6 高橋喜八郎 大正4年(1915年)6月8日 大正10年(1921年)1月15日
7 石森乙吉 大正10年(1921年)3月24日 大正11年(1922年)10月19日
8 渥美長治郎 大正11年(1922年)11月19日 昭和5年(1930年)3月15日
9 渥美富治 昭和5年(1930年)5月20日 昭和7年(1932年)9月13日
10 安藤貞五郎 昭和8年(1933年)5月5日 昭和12年(1937年)5月4日
11 鈴木修二 昭和12年(1937年)5月9日 昭和16年(1941年)5月8日
12 石森清兵衛 昭和16年(1941年)5月24日 昭和20年(1945年)5月23日
13 鈴木修二 昭和20年(1945年)5月24日 昭和22年(1947年)1月31日 再任
14 渥美伝郎 昭和22年(1947年)4月15日 昭和24年(1949年)8月17日
15 阿部福治郎 昭和24年(1949年)10月5日 昭和28年(1953年)10月4日
16 安住重吉 昭和28年(1953年)10月5日 昭和30年(1955年)3月25日

参考文献[編集]

  • 『宮城県町村合併誌』(宮城県地方課、1958)

関連項目[編集]