渡波駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡波駅
駅舎
駅舎
わたのは - Watanoha
陸前稲井 (5.0km)
(1.1km) 万石浦
所在地 宮城県石巻市渡波町一丁目7-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 石巻線仙石東北ライン含む)
キロ程 35.9km(小牛田起点)
仙台から塩釜矢本経由で55.2km
電報略号 ワノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
493人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1939年昭和14年)10月7日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

渡波駅(わたのはえき)は、宮城県石巻市渡波町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)石巻線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは構内踏切で連絡している。

石巻駅管理の東北総合サービスによる業務委託駅(早朝夜間駅員不在)。自動券売機(2台)、POS端末設置(指定券取扱)。

のりば[編集]

1 石巻線 (上り) 石巻小牛田方面
仙石東北ライン 仙台方面
2 石巻線
仙石東北ライン含む)
(下り) 女川方面

1番線は石巻方からも進入が可能で、当駅で石巻方面への折り返し運転が可能。

なお、女川駅が棒線化で復旧となったため、当駅から女川方面へは列車交換ができる駅が存在しない。

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 871
2001 857
2002 852
2003 830
2004 804
2005 737
2006 707
2007 702
2008 668
2009 615
2010 555
2011
2012 394
2013 465
2014 458
2015 493

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
石巻線(仙石東北ライン含む)
快速(赤快速)・普通
陸前稲井駅 - 渡波駅 - 万石浦駅

脚注[編集]

  1. ^ 現在の下り線ホームの女川側に住友セメントの工場があり、工場までの引込線や留置線も存在した。また駅舎西側には貨物ホームも存在した。
  2. ^ 東北地方の運転見合わせ区間”. JR東日本 (2012年2月23日). 2012年2月24日閲覧。
  3. ^ “女川駅除き、13年度初め運行へ=JR石巻線”. 時事通信. (2012年3月5日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012030500623 2012年3月8日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ “宮城県のJR常磐線浜吉田~亘理間・石巻線渡波~浦宿間、3/16より運転再開”. マイナビ. (2012年12月25日). http://news.mynavi.jp/news/2012/12/25/103/ 2013年1月12日閲覧。 
  5. ^ “2年ぶりに運転再開 常磐、石巻両線の一部区間”. スポーツニッポン. (2013年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/03/16/kiji/K20130316005406110.html 
  6. ^ 仙石東北ライン一部列車の女川駅直通運転の開始について (PDF) - 東日本旅客鉄道仙台支社(2016年6月29日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]