後生掛温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg後生掛温泉
Gosyogake Onsen.jpg
温泉情報
所在地 秋田県鹿角市
座標 北緯39度58分19.55秒東経140度48分0.84秒座標: 北緯39度58分19.55秒 東経140度48分0.84秒
後生掛温泉の位置(秋田県内)
後生掛温泉
後生掛温泉
交通 アクセス参照のこと
泉質 酸性硫黄泉
泉温(摂氏 85 ℃
液性の分類 酸性
外部リンク 後生掛温泉
テンプレートを表示

後生掛温泉(ごしょうがけおんせん)は、秋田県鹿角市(旧国陸奥国明治以降は陸中国)にある温泉

岩手県秋田県県境の八幡平(火山)山頂から少し西側に位置し、八幡平アスピーテライン沿いにあり、山の中にしては比較的交通の便がよい。

泉質[編集]

「馬で来て下駄で帰る後生掛」と謳われたように、昔から効能の高い湯として知られている。

効能[編集]

神経痛リウマチ・慢性婦人病効能がある。

温泉街[編集]

自然遊歩道内の源泉池

後生掛温泉は昔からの湯治宿で、一温泉一軒宿だが、外見上は、「本館」「新館」「湯治棟」に分かれている。湯治宿の面影を色濃く残す湯治棟は自炊が基本。宿舎の床下に蒸気を通して暖める「オンドル構造」になっていて、自室で寝ているだけでも湯治効果があるという。

大浴場はかつてはすべて混浴であったが、今は男女別となっている。木製の箱の中に頭部だけ出して入り、蒸気で温まる「箱蒸し風呂」は、昔、「原始トルコ風呂」と呼ばれていたころから後生掛温泉の名物となっている。ほかに「露天風呂」「泥風呂」「火山風呂(気泡浴)」「打たせ湯(滝風呂)」などもある。日帰り入浴も可能。

源泉は4種類。宿の裏側には泥を吹き上げる墳気口や泥火山などを観察できる「後生掛園地」がある。宿は秋田焼山の登山口にもなっている。登山道が温泉施設を突っ切る形になっており、登山靴のまま表示されている案内に従って廊下を横切ることになる。足湯も設置されている。

高温の源泉を利用して作られる温泉卵が名物。硫黄分が多いため、卵の殻が黒く変色しているのが特徴である。

歴史[編集]

後生掛の地名の由来には以下のような伝承がある。

約300年前に、三陸地方出身の九兵衛というものがこの地に住んでいた。九兵衛が重病で苦しんでいた際、恐山巡礼の途中の女性の看病を受け、回復後その女性とともに暮らした。3年後、三陸から九兵衛の妻が当地にやってきた際に、巡礼の女性は源泉地の谷に身を投げた。それを知った九兵衛の妻もまた、「後生」を「掛」けて源泉の谷に身を投げた。以降この地を後生掛と呼ぶようになり、また源泉をオナメ()の湯、モトメ(本妻)の湯と呼ぶようになった。

1881年(明治14年)谷内村の阿部仁八によって開湯した。阿部仁八はキリスト教のカトリックを信仰していた。

1949年ザビエル来日400年を記念して、後生掛自然研究路の十字架岩に十字架が建てられた。現在でも阿部仁八の意思に沿って、カトリック信者により8月後半か9月前半にミサが行われている。

昭和34年9月3日、後生掛温泉を含む八幡平温泉郷国民保養温泉地に指定。

後生掛自然研究路[編集]

自然観察路 大湯沼

後生掛温泉の背後に広がる後生掛園地を巡る自然観察路。

後生掛の語源となった「オナメ・モトメ」の温泉の噴出口の他、94℃の泥湯の紺屋地獄、噴気孔やマッドポット(泥壷)が沢山ある小坊主地獄、泥湯の集合体である大湯沼、透明なPH1.8の強酸性の湯が噴出する中坊主地獄、大泥火山などがある。1周約30分のコースで、珍しい火山現象を観察できる。熱湯や有毒な硫化水素ガスが噴出し、陥没の危険もあり歩道以外の移動は禁止されている。

この地は分水嶺になっておりシャクナゲ茶屋と十字架岩を結ぶ小さな尾根が分水嶺である。北は米代川水系に,南は雄物川水系となっており、江戸時代にはこの地点が久保田藩盛岡藩の藩境となっていた。

大湯沼は100m×150mの楕円形の泥沼で、面積は約1haで、温度は83℃である。活動が弱くなった沼中央部には中州となり高山植物が生えている。1981年に活動が西側に移動して、沼を一周する自然観察路は破壊され、西側は立ち入り禁止となった。

大泥火山の規模は日本一で、高さは1~2mで、地下7~8mのものが8個連なっている。昔は沼であったが大正6年頃から成長を始め、噴気孔の周りに泥が円筒状に堆積して火山のような形をしている。普段はおとなしいが、数年ごとに噴出し小さな火山のようになっている。

周囲には硫化水素ガスに耐えられる植物が生育しており、イソツツジガンコウランシラタマノキイオウハナゴケヤマタヌキランキタゴヨウなどがある。

アクセス[編集]

[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

後生掛バス停にて下車。以下は2007年4月 - 11月の情報。

  • 十和田湖駅 - 十和田南駅 - 鹿角花輪駅 - アスピーテ入口 - 後生掛温泉
    • 全便秋北バスによる運行、八幡平頂上バス停発着。十和田湖駅発着1日2往復、鹿角花輪駅発着3.5往復。
    • 所要時間:鹿角花輪駅から約60分、十和田南駅から約1時間15分、十和田湖駅から約2時間20分。
  • 田沢湖駅 - 田沢湖畔 - 玉川温泉 - アスピーテ入口 - 後生掛温泉
    • 羽後交通2往復、秋北バス1.5往復。秋北バス最終便(ふけの湯温泉行き)を除き全便八幡平頂上バス停発着。
    • 所要時間:田沢湖駅から約1時間50分、田沢湖畔から約1時間40分、玉川温泉から約30分。
  • 上記の他、盛岡駅から八幡平頂上行きのバス(直行1往復、乗継2往復)に乗車、八幡平頂上で上記両路線に乗り継ぐ方法もあるが、盛岡駅 - 八幡平頂上で2時間20分程度掛かるうえ、八幡平頂上での乗り継ぎもよいとは言えない。

関連項目[編集]

  • 三井理峯 - 著書『我は平民』において後生掛温泉について述べている。

外部リンク[編集]