岩手県道・秋田県道23号大更八幡平線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
岩手県道23号標識
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
秋田県道23号標識
岩手県道23号 大更八幡平線
秋田県道23号 大更八幡平線

おおぶけ・はちまんたいせん
八幡平アスピーテライン
総延長 47.2 km
実延長 47.2 km
制定年 1976年
開通年 未調査
起点 岩手県八幡平市大更
国道282号交点
終点 秋田県鹿角市八幡平字切留平
国道341号交点
接続する
主な道路
記法
国道282号標識国道282号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道257号標識
岩手県道257号岩手大更線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道212号標識
岩手県道212号雫石東八幡平線
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道45号標識
岩手県道45号柏台松尾線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道318号標識
秋田県道・岩手県道318号八幡平公園線
国道341号標識国道341号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

岩手県道・秋田県道23号大更八幡平線(いわてけんどう・あきたけんどう23ごう おおぶけはちまんたいせん)は、岩手県八幡平市から秋田県鹿角市に至る県道主要地方道)である[1]

概要[編集]

十和田八幡平国立公園を岩手県側から秋田県側に、東から西へ横断する。県境は標高約1,600 mの八幡平頂上付近を通り、冬期は11月から4月までの長期にわたって通行止めとなり、通行止め期間の前後は夜間通行止めの措置がとられる。

また、八幡平の両県側の麓の当県道沿線に国立公園のビジターセンターが設置されている。

八幡平市緑ガ丘から国道341号交点にかけては、八幡平アスピーテライン[2][3]の愛称で呼ばれ、絶景道路として有名である。かつては有料道路であったが、1992年平成4年)4月1日に無料開放された。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1976年(昭和51年)10月1日 - 岩手県、秋田県の双方から西根八幡平線として県道に認定される[4]
  • 1992年(平成4年)4月1日 - 無料開放される。
  • 2005年(平成17年)9月1日 - 市町村合併に伴い、岩手県側の区間の路線名が西根八幡平線から大更八幡平線に変更される[7]
  • 2005年(平成17年)10月14日 - 秋田県側の区間の路線名が西根八幡平線から大更八幡平線に変更される[8]

路線状況[編集]

毎年冬季閉鎖期間が終了する4月下旬には、開通式が岩手・秋田両県側で行われ、「雪の回廊」として観光できるようになっている[9]

秋田県側は、県境から後生掛温泉付近まで仙北市を通るが、道路の管理は秋田県道318号八幡平公園線とともに便宜上仙北地域振興局ではなく鹿角地域振興局が行う。

愛称[編集]

八幡平アスピーテライン
  • 八幡平アスピーテライン
    岩手県と秋田県にまたがるアスピーテ(楯状火山)の山中を走る35.3 km区間(文献により40 kmとも)を指す道路の愛称である[10][11]。11月上旬から4月下旬まで冬季閉鎖される。岩手側、秋田側の双方とも、上り口が急カーブが連続する区間で標高を上げてゆき、高原地帯になると山肌に沿って大小のゆったりしたカーブが続き、アップダウンが連続する[10][11]。標高が上がるに従い植生も変化し、火口跡にできた大小の沼が点在しており、変化に富む手つかずの自然景観が見らる道でもある[10]。10月上旬から中旬ごろまで紅葉の名所としても知られており、春先の開通直後は雪の回廊も見どころとなっている[10][11]

冬期閉鎖区間[編集]

  • 区間 : 岩手県八幡平市緑ガ丘(八幡平スキー場付近) - 秋田県境(山頂見返峠)
    • 期日 : 11月初旬 - 翌年4月[12]
    • 閉鎖解除後もしばらく夜間(17:00 - 8:30)通行止め
  • 区間 : 岩手県境(山頂見返峠) - 鹿角市八幡平字蒸の湯(蒸の湯ゲート)[13]
    • 期日 : 11月初旬 - 翌年4月[14]
    • 閉鎖解除後もしばらく夜間(17:00 - 8:30)通行止め
  • 区間 : 鹿角市八幡平字蒸の湯(蒸の湯ゲート) - 鹿角市八幡平字後生掛[13]
    • 期日 : 11月下旬 - 翌年3月[15]
    • 閉鎖解除後もしばらく夜間(17:00 - 8:30)通行止め

交通不能区間[編集]

旧有料区間[編集]

  • 延長:26.4km
    • 起点 : 岩手県八幡平市
    • 終点 : 秋田県鹿角市八幡平字切留平

地理[編集]

岩手県と秋田県をまたぐ八幡平にあり、両県境は見返峠奥羽山脈を越える。標高1,613 mの見返峠は八幡平アスピーテラインの最高所で、見返峠の駐車場から徒歩で約30分の位置にある八幡平山頂との標高差は43 mである[11]。岩手県側は岩手山を見ながら、また秋田県側は展望が開けて視界の広い高原の快走路が続く[17]。八幡平は、東北屈指の温泉や秋の紅葉の名所としても知られ、見返峠にある広い駐車場から八幡沼やカマ沼などのある散策路を巡る観光ができる[17]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

施設名 接続路線名 備考 所在地
国道282号岩手県道257号岩手大更線 起点 岩手県八幡平市大更第36地割
岩手県道301号渋民田頭線 岩手県道301号終点 岩手県八幡平市田頭第28地割
岩手県道212号雫石東八幡平線 岩手県道212号終点 岩手県八幡平市柏台三丁目地図
岩手県道45号柏台松尾線 岩手県道45号起点 岩手県八幡平市柏台一丁目地図
八幡平頂上 秋田県道・岩手県道318号八幡平公園線 県道318号起点 秋田県仙北市田沢湖田沢字大深沢国有林地内地図
国道341号 終点 秋田県鹿角市八幡平字切留平

沿線の施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 建設部道路課(路線名) 2015
  2. ^ アスピーテ(: Aspite)=楯状火山
  3. ^ 建設部道路課 (路線名) 2013
  4. ^ a b c 路線の起終点と道路現況 (PDF)”. 岩手県県土整備部 (2014年4月1日). 2017年4月2日閲覧。
  5. ^ a b 建設部道路課(道路現況) 2013
  6. ^ a b 建設部道路課(起点終点) 2015, p. 5
  7. ^ 平成17年岩手県告示第756号 (PDF)”. 岩手県. p. 8 (2005年9月1日). 2006年3月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月3日閲覧。
  8. ^ 秋田県 (2005年10月14日). “公報第1718号 (PDF)”. 告示第893号. 秋田県. p. 2. 2013年10月1日閲覧。
  9. ^ “雪の回廊お待たせ 八幡平、アスピーテライン通行開始”. 岩手日報. (2013年4月23日). http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20130423_1 2013年10月1日閲覧。 
  10. ^ a b c d 小川・栗栖・田宮 2016, pp. 30-31.
  11. ^ a b c d 佐々木・石野・伊藤 2015, pp. 44-45.
  12. ^ 平成27年度は11月4日 - 翌年4月17日まで。
  13. ^ a b 冬期閉鎖路線一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年10月24日閲覧。
  14. ^ 平成27年度は11月4日 - 翌年4月17日まで。
  15. ^ 平成27年度は11月21日 - 翌年3月20日まで。
  16. ^ 通行不能区間一覧”. 秋田県 建設部道路課. 2015年10月24日閲覧。
  17. ^ a b 須藤英一 2013, pp. 42-45.

参考文献[編集]

岩手県側
秋田県側
その他

関連項目[編集]

外部リンク[編集]