出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(せん、: gland: glandula)は、動物の体の器官のうち分泌活動を行う細胞の集まり。

構造[編集]

腺として基本的な構造を持つものは汗腺などの外分泌腺で、他の器官で生成された分泌物を一時ためておく腔所(腺腔とも 英語:glandular lumen)とそれを囲む腺細胞という細胞、及び腔所につながる導管(道管とも 英語:duct)からなる。 道管がないものを内分泌腺という。

腺構造とはまったく違うものであるが、精巣などの細胞を排出する器官も腺として考えることもあり、それらは細胞生成腺と呼ばれる。リンパ節および口蓋扁桃をそれぞれ「リンパ腺」、「扁桃腺」と呼ぶこともある(解剖学用語ではなく、あくまで一般的な名詞として)が、その通称もこの細胞生成腺という考え方に基づくものであり、これらの器官は分泌を行っているわけではない。

解剖学用語としての○○腺という名前のほとんどは外分泌腺に対してつけられている。比較的少ない内分泌腺の例としては甲状腺が(副甲状腺については、上皮小体という用語が解剖学の教科書などでは用いられている)挙げられる。解剖学における「腺」の定義は上記のとおりであるため、「細胞生成腺」には○○腺という名は(解剖学用語としては)つかないはずだが、胸腺は分泌器官ではない。

一方、分泌が主な機能でありながら○○腺という名がつかない器官としては、下垂体(内分泌)、膵臓(外・内分泌)が挙げられる。

腺胃は腺と名がついているが、構造や役割、仕組みなどもまったく違う器官である。

言葉[編集]

こういった器官の総称に「腺」という漢字を造字(古来からある漢字ではない)したのは日本人宇田川榛斎である。

人体における腺[編集]

 外分泌腺 [編集]

  • 涙腺・・・を分泌。
  • 耳下腺顎下腺舌下腺・・・唾液腺と総称し、その名のとおり唾液を分泌する。
  • 肝臓・・・胆汁を分泌する。ただし、糖・脂質・アミノ酸の代謝など、分泌以外の役割が非常に大きい臓器であり、外分泌器官としての機能は肝臓の機能のごく一部に過ぎない。
  • 噴門腺幽門腺胃腺・・・胃粘膜に存在。噴門腺および幽門線は主に粘液を、胃腺は胃液を分泌する。
  • 腸陰窩・・・小腸大腸の粘膜に存在する、腸液を分泌する腺。導管はないが、分泌する先が上皮の外側であるため、外分泌扱い。
  • 前立腺・・・男性のみに存在。精液の一部を分泌。
  • カウパー腺・・・男性生殖器に存在する外分泌腺。
  • スキーン腺・・・女性生殖器に存在する外分泌腺で、男性の前立腺に相当。
  • バルトリン腺・・・女性生殖器に存在する外分泌腺。男性のカウパー腺に相当。
  • 汗腺・・・を分泌する外分泌腺。独立しているエクリン腺と毛孔に接続するアポクリン腺がある。
  • 皮脂腺・・・皮脂を分泌する。毛孔に接続している。

 内分泌腺 [編集]

その他、胃粘膜や腸管上皮からも多くのペプチドホルモンが分泌され、血管内皮細胞は一酸化窒素(内皮細胞由来弛緩因子:Endotherium-derived relaxing factor=EDRF)を産生するなど、局所的な内分泌を行う組織は多数存在する。

 外分泌・内分泌の両方を行う臓器 [編集]

関連項目[編集]