アルドステロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルドステロン
識別情報
CAS登録番号 52-39-1
KEGG D10528
特性
化学式 C21H28O5
モル質量 360.44
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アルドステロン (英語: Aldosterone) は、副腎皮質球状帯から分泌されるホルモンである。鉱質コルチコイドの一種である。1953年、シンプソンとテートによって初めて単離された[1]

概要[ソースを編集]

腎臓におけるナトリウムの再吸収は、アルドステロンの分泌により促進される。アルドステロンが分泌されると、鉱質コルチコイド受容体英語版の働きが活発になり、ナトリウムの再吸収を促進する。ナトリウムの再吸収は、水分の再吸収と血圧上昇に繋がることから高血圧をもたらす場合がある[2]アンジオテンシンIIは、副腎皮質球状帯に作用してアルドステロンの分泌を促進する(レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系[3]

生成[ソースを編集]

副腎皮質の中でコレステロールから合成される。 ほとんどのステロイド合成反応がミトコンドリアの中のシトクロムP450の水酸化酵素ファミリーによって促進される(補助因子としてアドレノドキシンを必要とする(21ヒドロキシラーゼと17αヒドロキシラーゼを除く))。

アルドステロンとコルチコステロンは、その経路の最初の部分を共有しており、アルドステロンはアルドステロンシンターゼ、コルチコステロンは11βヒドロキシラーゼによって合成される。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Williams, J. S.; Williams, G. H. 50th anniversary of aldosterone. J Clin Endocrinol Metab. 2003 Jun;88(6):2364-72. Full text. PMID 12788829.
  2. ^ 研究トピックス 塩分の摂りすぎによる血圧上昇のしくみを解明
  3. ^ 体液量の増加-レニン‐アンギオテンシン‐アルドステロン系

関連項目[ソースを編集]