スピロノラクトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スピロノラクトン
Spironolactone structure.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
法的規制
投与方法 経口
薬物動態データ
代謝 Hepatic
半減期 10 分
排泄 尿, 胆汁
識別
CAS番号
52-01-7
ATCコード C03DA01 (WHO)
PubChem CID: 5833
DrugBank APRD01234
ChemSpider 5628
KEGG D00443
別名 Aldactone
Spirotone
Spirolactone
化学的データ
化学式 C24H32O4S
分子量 416.574 g/mol

スピロノラクトン (spironolactone) はカリウム保持性利尿薬抗アルドステロン薬)のひとつ。その名の通りスピロ環構造とラクトン環構造を併せ持つ。受容体アルドステロンとの結合に拮抗することによりK+保持性の利尿作用を示す[1]。主に心不全、肝硬変性腹水高血圧治療薬としてフロセミドクロロチアジドと併用される。特に、アルドステロン分泌が異常亢進する原発性アルドステロン症では第一選択の治療薬である。副作用として高K+アシドーシス女性化乳房皮膚発疹などが存在する。

女性ホルモン作用を併せ持つため、高血圧治療薬としては歓迎されないものであるが、これを応用して男性型の脱毛症治療薬として利用する方法がしばしば散見される。また、アルドステロン受容体により特異的に結合することで女性ホルモン作用が軽減された、第二世代のアルドステロン拮抗薬(エプレレノン)も発売されている。

さらに、ミネラルコルチコイド受容体拮抗作用を持つ為、外用ステロイド剤の副作用(皮膚萎縮)低減に応用できる可能性が示唆されている[2]

効能・効果[編集]

高血圧症(本態性、腎性等)、心性浮腫(うっ血性心不全)、腎性浮腫、肝性浮腫、特発性浮腫、原発性アルドステロン症の診断および症状の改善、悪性腫瘍に伴う浮腫および腹水、栄養失調性浮腫

治療抵抗性の高血圧(ACE阻害薬/ARB+Ca拮抗薬+サイアザイド系利尿薬 での収縮期血圧が診察室血圧≧140mmHg(DM合併症で≧135mmHg)または家庭血圧≧130mmHg)に対してスピロノラクトン等または偽薬を上乗せしたところ、スピロノラクトン群では収縮期家庭血圧が偽薬に比べ8.70mmHg低下し、統計学的に有意な差(p<0.001)がついた[3]。血圧コントロール良好となった患者の割合(家庭血圧<135mmHgを達成した割合)はスピロノラクトン群で58.0%であった。

禁忌[編集]

スピロノラクトンは下記の患者には禁忌とされている[4]

  • 無尿または急性腎不全の患者
  • 高カリウム血症の患者
  • アジソン病の患者
  • タクロリムス、エプレレノン、ミトタンを投与中の患者
  • 製剤成分に対し過敏症の既往歴のある患者

副作用[編集]

添付文書に掲載されている重大な副作用は、

である。

発疹、蕁麻疹、女性化乳房、乳房腫脹、性欲減退、陰萎、月経不順、無月経、閉経後の出血などは0.1〜5%未満に発生する[4]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伊藤勝昭他 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版、2004年ISBN 4874021018
  2. ^ Eve Maubec, Cédric Laouénan, Lydia Deschamps, et al. (2015-02). “Topical Mineralocorticoid Receptor Blockade Limits Glucocorticoid-Induced Epidermal Atrophy in human Skin”. Journal of Investigative Dermatology. doi:10.1038/jid.2015.44. http://www.nature.com/jid/journal/vaop/naam/abs/jid201544a.html 2015年3月29日閲覧。. 
  3. ^ 治療抵抗性高血圧の約6割がスピロノラクトンで血圧コントロール良好に”. MT Pro (2015年9月3日). 2015年9月5日閲覧。
  4. ^ a b アルダクトンA細粒1%/アルダクトンA錠25mg/アルダクトンA錠50mg 添付文書” (2012年10月). 2016年5月25日閲覧。

関連項目[編集]