女性ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

女性ホルモンじょせいホルモン英語: female hormones)とは、性ホルモンのうち女性の性腺に大きく関与しているホルモンである。 雌性ホルモンしせいホルモンともいう。

卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(ゲスターゲン)の2種類があり、うち女性らしい体つきなどへの影響が大きいエストロゲンを特に指して女性ホルモンと呼ぶ場合もある。

女性の大きい性的特徴であるバストも女性ホルモンがどのように分泌されたかで形が変わるといわれる[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由”. 産経ニュース (2016年6月13日). 2022年8月10日閲覧。

関連項目[編集]