アニサキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アニサキス属
Anisakids.jpg
ニシンHerring
の腹腔内に寄生したアニサキスの幼虫
分類
: 動物界 Animalia
: 線形動物門 Nematoda
: 双腺綱 Secernentea
: 回虫目 Ascaridida
上科 : 回虫上科 Ascaridoidea
: アニサキス科 Anisakidae
亜科 : アニサキス亜科 Anisakinae
: アニサキス属 Anisakis
学名
Anisakis (Karl Rudolphi 1809)
  • Anisakis simplex (Rudolphi, 1809) Baylis, 1920
  • Anisakis pegreffii
  • Anisakis physeteris Baylis, 1923
  • Anisakis schupakovi
  • Anisakis typica (Diesing, 1860) Baylis, 1920
  • Anisakis ziphidarum

アニサキス(学名:Anisakis)は回虫目アニサキス科アニサキス属に属する線虫の総称。 全ての種が魚介類寄生する寄生虫であり、アニサキス症の原因寄生虫として知られる。

生活環[編集]

アニサキスの生活環 ①海中に排泄された卵(0) ②a孵化した幼虫(1)は、b遊泳生活に移る(2) ③甲殻類に寄生して成長する(3) ④中間宿主を渡り歩く(3) ⑤感染期:海生哺乳類またはヒトへの感染能力を持つ(3) ⑥海生哺乳類の体内で成虫(4)となり産卵する ⑦症例期:ヒトの体内でアニサキス症を引き起こす(3)

最終宿主はおもにイルカクジラなど海生哺乳類(種により異なる)で、成虫はその腸管に棲息する。卵は排泄物とともに海中へ放出されて孵化し、オキアミなどの甲殻類に寄生して第3期幼虫まで発育する。食物連鎖上位の魚類やイカ(種により異なる)を中間宿主とし、その内蔵などで更に成長する。中間宿主が最終宿主に捕食されると、その消化管から体内に侵入し成虫となる。 ヒトでは成虫にはなれず[1]、中間宿主でもないため、数日で死ぬか排泄される。

終宿主[編集]

ミンククジラ腺胃に寄生するアニサキス (Anisakis simplex)。国立科学博物館の展示。

アニサキス症[編集]

取り出したアニサキス

生きたアニサキスの第3期幼虫(体長は11-37mm位)を経口摂取して発症し、主に Anisakis simplexAnisakis physeteris 及び Pseudoterranova decipiens の3種により引き起こされる。

1955年、オランダのStraubによりニシンの寄生虫による症状が報告され、後にVan Thielにより原因がアニサキスであると特定された[2]。 近縁のシュードテラノバ属鰭脚類に寄生する)Pseudoterranova decipiens の幼虫による、同様の症状(シュードテラノバ症)を含める場合もある。

中間宿主の魚介類サケサバアジイカタラなど)を、加熱が不十分なまま摂食すると感染するおそれがある。アニサキスの幼虫はおもに宿主の内臓に寄生しているため、これを非加熱で食べることは高リスクとなる。筋肉部にも侵入するため、内臓を避けても完全には防げない。

日本[編集]

刺身など生食文化があることから、感染リスクは高いと見られる。1965年ころまでは海産魚介類の寄生虫は無害とされ、生きた寄生虫は鮮度の証と見なされたという。 1999年にアニサキスが食品衛生法食中毒の原因物質とされ、さらに2012年からは保健所への届出が義務づけられている[3]。 2007年度までは年間数例に留まっていたが、2012年以降急増した(2016年は124件)。 これは、厚生労働省が統計項目に加え実態把握が進んだこと、流通の発達と複雑化によりアニサキスが生きたまま食卓に到達する機会が増したことなどが指摘されている[4]

ただしこれは、届出を集計したものであり、実際には氷山の一角と見なせる。1997年の厚労省による検討[5]でも、年間7,147件との試算[6]や、2-3千名以上との推定[7]があげられていた。

なお、日本海太平洋マサバの寄生種が大きく異なることがDNA解析により判明しており、太平洋側で大半を占めるsimplex種(アニサキス症の原因3種のひとつ)が、日本海側(とくに南部)ではほとんど見られなかった。日本海側で多いpegreffii種は発症リスクが低い(simplex種の100分の1未満)ため、九州北部でサバを刺身など生食する習慣が根付いているのはこのことが原因と考えられる[8]

症状[編集]

寄生部位(穿孔部位)により、胃アニサキス症、腸アニサキス症、腸管外アニサキス症に分けられる。 幼虫の多くは消化管壁を貫通出来ないが、貫通した場合は穿孔性腹膜炎や寄生虫性肉芽腫を発症することもある。 なお、激痛の原因は即時型アレルギーによるもの[9]とする説がある。

  • 胃アニサキス症 食後数時間で激しい腹痛嘔吐。吐瀉物が胃液のみで下痢がないことが一般的な食中毒と異なる。
  • 腸アニサキス症 腸重積症[10]
  • 腸管外アニサキス症 膵アニサキス症[11]。寄生虫性肉芽腫。

治療[編集]

アニサキス自体に特異的な治療薬(特効薬)は、見つかっていない。

胃アニサキス症は、開腹あるいは内視鏡手術で幼虫を摘出するのが一般的で、すみやかに症状が消失することが多い。 ひだの間に穿入し対処が困難な場合、造影剤アミドトリゾ酸ガストログラフィン®[12]や、メントール[13]の散布により幼虫が腸管内へ戻り、摘出しやすくなることが報告されている。

腸アニサキス症は、腸閉塞など重篤な症状では開腹手術[14][15][16]が行われる。 手術を避け、上記のアミドトリゾ酸(回虫虫下しでもある)により、駆虫を試みることもある[17]

一方、ステロイド系抗炎症薬[18]と抗アレルギー薬を投与すると駆虫はできずとも、症状が軽快する症例があることが報告されている[19]

正露丸に含まれる木クレオソートにはアニサキスの運動抑制作用があり、症状の改善が期待できる。また内視鏡での摘出の際の前処置薬としても有効性が期待できる[20]。(特許取得済み)

予防[編集]

アニサキスの中間宿主を生食しないことが、最も確実といえる。

それ以外では、60℃1分以上の熱処理、または長時間の冷凍によって、感染リスクを減少できる。冷凍温度と保持時間に関する規定は次の通り。

  • 日本:-20℃以下で24時間以上(厚生労働省の指導)
  • オランダ:ニシンに対し、-20℃以下で24時間以上(1968年の法律で義務付け)
  • 米国:生食用の魚に対し、-35℃以下で15時間、または-20℃以下で7日間(食品医薬品局の勧告)
  • EU:生食用の海産魚に対し、-20℃以下で24時間以上(衛生管理基準による指示事項。視覚検査も義務付けられている)

近年ではアニサキスを発見・予防する装置として、株式会社イシダのアニサキス検査装置「i-Spector」といった専用の検査・検出装置もでている。

予防効果の期待出来ないもの[編集]

  • よく噛んで食べる:アニサキスの虫体はかなり強靱で、通常の咀嚼では噛み切れない。
  • 2017年5月9日放送のスーパーJチャンネルにて『傷つくとすぐ死ぬので、よく噛めば口の中で死滅させられる』と紹介された[21]が、アニサキスを噛み殺すことを意識して、念入りに咀嚼する必要があると見られる[22]
  • 薄く切る:虫体を切断できないリスクが高く(ルイベは凍らせて固定している)、目視による除去が推奨されている。
  • 薬味(ショウガワサビニンニク)、による殺虫:人が食べられる濃度では効果はない[23]

アレルギー[編集]

生きた幼虫による即時型ではなくアルサス型アレルギー反応であり、初回感染時は無症状で再感染により発症する。

イカサバハマチ等を摂取した際、発疹及びじんま疹等のアレルギー症状を示すが、検査において魚介類では陽性反応を示さない場合、アニサキスによるアレルギーが原因の場合がある[24]

また本アレルギーの原因物質は、冷凍または加熱をしても残存するので、魚介類加工品を摂取した時も症状が現れる場合がある。ただし、鮮度の低下した魚介類の摂食によるヒスタミン型の食中毒を誤認している場合もある。

利用[編集]

アニサキス症に罹った患者の胃に未発見の初期ガンがあり、そこにアニサキスが集まっていたことが伊万里有田共立病院から2014年に報告された。[25] この報告に着目した九州大学らの研究グループは、カエノラブディティス・エレガンスCaenorhabditis elegans)を使って、尿による癌検診の判別実験に成功した[26][27]

脚注[編集]

  1. ^ 寄生虫ミニ辞典 - アニサキス”. 2015年3月12日閲覧。
  2. ^ Terranova decipiens による急性胃炎の発見 J-STAGE 日本農芸化学会
  3. ^ アニサキス症とは 国立感染症研究所寄生動物部
  4. ^ 食中毒アニサキス生の魚介類で猛威 毎日新聞(2017年5月8日)2017年5月9日閲覧
  5. ^ 食品媒介の寄生虫疾患対策について 蠕虫類 - 生鮮魚介類により感染するもの
  6. ^ アニサキス症とは
  7. ^ 「日本におけるAnisakidosisの発生状況の解析(石倉肇、臨床と研究、72巻5号、1995年)」
  8. ^ アニサキス症とサバのアニサキス寄生状況 東京都健康安全研究センター
  9. ^ アニサキス症はアレルギー 虫体摘出は不要、抗アレルギー薬投与で十分 日経メディカル 記事:2010年5月25日
  10. ^ 腸重積を伴った腸アニサキス症の1例日本消化器外科学会雑誌 第28巻 第10号 1995年10月
  11. ^ 血清免疫学的検査で膵アニサキス症が疑われた1例 (PDF)
  12. ^ 串上 元彦ほか. 胃アニサキス内視鏡下摘出におけるガストログラフィン散布の有用性. 日本消化器内視鏡学会雑誌 1994;36(1):144-149. doi:10.11280/gee1973b.36.144
  13. ^ 椎名正明、國分茂博、当院におけるアニサキス症の現況とl-メントール補助下の虫体摘出 Progress of Digestive Endoscopy, Vol.87 (2015) No.1 p.49-52, doi:10.11641/pde.87.1_49
  14. ^ 大島稔ほか. 小腸アニサキス症により腸閉塞をきたした1切除例. 日本腹部救急医学会雑誌 2011;31(3):589-92.
  15. ^ 松村勝ほか. 食餌性イレウスで発症した小腸アニサキス症の1例. 日本腹部救急医学会雑誌 2012;32(7):1231-4.
  16. ^ 川元真ほか. 腸アニサキス症で小腸穿孔をきたした1例. 日本腹部救急医学会雑誌 2013;33(6):1047-50.
  17. ^ 藤田朋紀. 鉤頭虫の小腸寄生例を含む7例における発見契機、診断法、治療法に関する検討. 第13回日本消化管学会. 2017.
  18. ^ 鈴木淳、村田理恵、わが国におけるアニサキス症とアニサキス属幼線虫 東京都健康安全研究センター 究年報 第62号(2011) (PDF)
  19. ^ 山本馨、栗原毅、福生吉裕、「アニサキス症のユニークで簡便な治療法」日本医科大学医学会雑誌 Vol.8 (2012) No.2 p.179-180, doi:10.1272/manms.8.179
  20. ^ https://www.seirogan.co.jp/dl_news/file0095.pdf
  21. ^ アニサキス、よく噛めば大丈夫なのか それだけで胃への侵入は防げない J-CASTニュース
  22. ^ 喰われる前に喰う!寄生虫界の裏番長・アニサキスを積極果敢に食べてみた 野食ハンマープライス
  23. ^ アニサキス症と天然物由来の有効化学物質の検索 (PDF) 東京都健康安全研究センター
  24. ^ アニサキスアレルギーによる蕁麻疹・アナフィラキシー 国立感染症研究所 IASR Vol.38 p.72-74: 2017年4月号
  25. ^ Sonoda H, Yamamoto K, Ozeki K, Inoye H, Toda S, Maehara Y (2014-08-17). “An anisakis larva attached to early gastric cancer: report of a case”. Surg Today (Springer Japan). doi:10.1007/s00595-014-0850-3. PMID 24477526. http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00595-014-1012-3 2015年3月12日閲覧。. 
  26. ^ がん診断、尿1滴で=線虫の習性利用−10年後の実用化目指す・九大など”. 時事ドットコム (2015年3月12日). 2015年3月12日閲覧。
  27. ^ “尿1滴で短時間・安価高精度に早期がんを診断!” (PDF) (プレスリリース), 九州大学, (2015年3月12日), http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2015/2015_03_12.pdf 2015年3月12日閲覧。 

外部リンク[編集]