イシダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 イシダ
ISHIDA Co.,Ltd.
Ishida logo.jpg
滋賀事業所
イシダ滋賀事業所
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
606-8392
京都府京都市左京区聖護院山王町44番地
設立 1948年10月26日
業種 精密機器
事業内容 各種計測機器の製造販売
代表者 代表取締役社長 石田隆英
資本金 99,630,000円
売上高 連結:1,042.8億円(2016年3月期)
従業員数 連結:3,326名(2016年6月21日現在)
外部リンク http://www.ishida.co.jp
テンプレートを表示

株式会社 イシダ(英称:ISHIDA CO.,LTD.)は、京都府京都市左京区に本社を置く主に業務用の計量・包装機の製造販売をおこなう企業である。

会社概要[編集]

主に自動計量機とその周辺機器類の製造販売をおこなう。計量機類メーカーの中では国内最古参メーカーの一社としてその名を知られると共に、「はかりのイシダ」と呼ばれるように、業務用計量機器でその強さを誇る。各分野にシェアを持つ中で、特に食品生産ラインでのシェアは70%以上に及ぶ。

長年培った計量技術をコアとして、計量から包装、検査、表示、箱詰め、情報ネットワークまで全て自社製品による一連のシステム提案を得意としている。これにより主力の食品から農産物の出荷、産業用まで幅広い分野での課題解決を一貫して支援できる。国内外に決算連結しているグループ社が30社あり、国内外問わず食の安全・安心、省力化、省人化のニーズに対してグローバルに製品展開している。

創業当初から、計量器を主力製品としてきたが、近年では計量・包装・検査・値札貼りなど一連の作業機械や、各種計量・生産管理システムの製造など物流分野への動きも強まっている。2016年には製薬や病院向けの医療・医薬事業において、外来患者案内システムを開発・納入しており、医療・医薬事業への参入と強化を図る。

沿革[編集]

  • 1893年(明治26年)- 京都で二代目石田音吉が衡器制作の免許を受けて石田衡器製作所を創業。
  • 1948年(昭和23年)- 株式会社に改組 株式会社石田衡器製作所設立。
  • 1967年(昭和42年)- 石田隆一社長就任。
  • 1968年(昭和43年)- 滋賀工場を竣工。
  • 1969年(昭和44年)- 業界初の電子計算ハカリ「デジタル75」発売。
  • 1972年(昭和47年)- 世界初のコンピュータスケール「ACW」完成。
  • 1975年(昭和50年)- ウェイトチェッカー「DACS」発売。
  • 1977年(昭和52年)- 日本初のロードセル商業ハカリ開発。
  • 1978年(昭和53年)- コンピュータスケールの輸出開始。
  • 1979年(昭和54年)- コンピュータスケール「CCWシリーズ」発売。
  • 1985年(昭和60年)- イシダ・ヨーロッパ設立(英国)。
  • 1988年(昭和63年)- POSシステム「I.Pro21」を発売、POS市場に参入。自動計量包装値付機「Wmini-EX」発売。大林ISHIDA衡器製作所を設立(現 Ishida Manufacturing Korea/韓国)。
  • 1990年(平成2年)- イシダ・ド・ブラジル設立(ブラジル)。
  • 1993年(平成5年)- 創業100周年。社名・コーポレートシンボルを変更。指定製造事業者認定取得。
  • 1996年(平成8年)- イシダマレーシア設立(マレーシア)。
  • 1997年(平成9年)- ISO09001取得。
  • 1998年(平成10年)- 国内初となる「無線式電子棚札システム」完成。
  • 2003年(平成15年)- 縦型ピロー式包装機「ASTRO」発売 包装機市場に本格参入。
  • 2004年(平成16年)- ISO14001取得。
  • 2005年(平成17年)- 新POSシステム「i-partners」発売。
  • 2010年(平成22年)- 石田隆英社長就任。ノントレー包装機「NTP-UNI」発売。
  • 2011年(平成23年)- 世界最小の自動計量包装値付機「Dtop-UNI」発売。
  • 2013年(平成25年)- 創業120周年。ロゴマーク刷新。加工技術センター竣工。
  • 2015年(平成27年)- 滋賀事業所竣工。

主な製造品目[編集]

  • 自動計量システム
  • 計量周辺自動化機器
  • 計量・包装・値付
  • 流通情報システム
  • 店舗販促
  • ソーティングシステム
  • 検査装置
  • 電子天秤、台秤
  • ラベルプリンター
  • 電子棚札システム
  • ピッキングシステム
  • 検品システム

など

広報活動[編集]

かつて1980年代後期には、同じ姓であることから石田ひかりを同社のイメージキャラクターとして起用していたことがある。

京都のFM局、α-STATIONの番組「α-MONTHLY COLORS」にて2010年3月まで単独スポンサーを務めた。現在は「J-AC TOP40」のスポンサーのほか、スポットでラジオCMを放送している。また1990年代後期から2000年代中期にかけて、大阪のFM局、FM802で当時昼の時間帯に放送されていた「FLOWER AFTERNOON」内でラジオCMを放送していたこともある。2012年年末からおすぎピーコ2013年年末から国生さゆり稲川淳二2014年年末から内田裕也を起用したテレビCMを放送している。

関連会社[編集]

国内関連会社[編集]

  • 新光電子株式会社
  • 日新電子工業株式会社
  • 北海道イシダ株式会社
  • 日東イシダ株式会社
  • 株式会社イシダシステム開発
  • 株式会社七宝商事
  • イシダ総合システム
  • 株式会社イシダエンジニアリング
  • イシダアイテス株式会社
  • 株式会社イシダ・フィールドサポート
  • 関西イシダ株式会社
  • 和歌山イシダ株式会社
  • 山陽イシダ株式会社
  • 四国イシダ株式会社
  • 西日本イシダ株式会社
  • 日豊イシダ株式会社
  • 鹿児島イシダ株式会社
  • 沖縄イシダ株式会社

海外関連会社[編集]

  • ISHIDA EUROPE LTD.(本社:イギリス)
  • SHANGHAI ISHIDA ELECTRONIC SCALES LTD.(中国)
  • ISHIDA MANUFACTURING KOREA CO., LTD.(韓国)
  • ISHIDA KOREA CO., LTD.(韓国)
  • ISHIDA THAILAND CO., LTD.(タイ)
  • ISHIDA SYSTEM (M) SDN., BHD.(マレーシア)
  • ISHIDA INDIA PVT. LTD.(インド)
  • ISHIDA CANADA INC.(カナダ)
  • ISHIDA DO BRASIL LTDA.(ブラジル)
  • ISHIDA VIETNAM CO., LTD.(ベトナム)
  • PT. ISHIDA INDONESIA(インドネシア)

外部リンク[編集]