漿膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

漿膜(しょうまく、serous membrane もしくは serosa)は、中皮である腹膜胸膜心膜などの内面や内臓器官の表面をおおう薄い半透明の。特に腹膜に対して用いられることが多い。

表面はなめらかで、漿液を分泌する細胞で構成されている。漿液によって臓器間の摩擦を軽減し、漿膜組織の細胞への栄養代謝を行っている。これらの漿膜が炎症を起こすと、漿膜が覆う各臓器は重篤な機能不全に陥る。

関連項目[編集]