水筒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水筒(: Vacuum bottle
水筒の中身
サーモスの水筒

水筒(すいとう)は、などの飲料を携帯するための携行用の飲料用容器[1]。かつては水道商店自動販売機などが現代ほど配備されていなかったために、旅行や農作業だけでなく通勤や通学時など、弁当と対を為すものとして日常的に用いられてきた。

また個人用の物だけでなく、シルクロード隊商が使っていたような、ひとつで数十リットル以上を運ぶ水袋や水樽なども水筒と言う場合もあるが、耐水容器であっても、保存のために作られた容器や酒瓶の類、蓋のできない容器などは一般的には水筒と呼ばない。

歴史[編集]

古来には、の筒(竹筒)やヒョウタン(瓢箪)のように自然のままで容器として使える植物はもとより、動物の胃袋膀胱を利用した革袋、木や紙で形成した器にを塗布することで耐水性を持たせた漆器類、木製品(小樽類)、粘土による陶芸品(陶磁器)など、その地域で入手可能な、様々な素材で作成されていた。珍しい物では、ダチョウのような大型の鳥類の卵に穴を空けて中身を吸い出した後、洗浄した殻を水筒として用いた例もある。

むしろ竹やヒョウタンのように、採集したままで耐水容器となりうる都合の良い素材は稀少であり、木材の接合部を蜜蝋で密閉したり、漆や柿渋などの塗装によって水漏れを防ぐなど、液体を無駄なく運ぶため、水筒に用いる素材に対して世界各地で数々の工夫が行われていた。

アフリカ原産とされるヒョウタン類が栽培植物として世界各地に広まったのは、食用としてよりもヒョウタンの耐水容器としての有用性が高かったからであり、同時に耐水容器に対する人々の需要がいかに強かったかを物語る一例とも考えられる[独自研究?]。ただし、ヒョウタンは自然乾燥させただけの状態では水が少しずつしみ出るため、長期間使用する加工品では漆や柿渋などの耐水塗料による目止めと腐食防止のコーティングが必要であった。

竹やヒョウタンでは、大型の水筒を作成するためには巨大なヒョウタンの実や非常に太い竹を品種改良によって作出する必要がある。また、ガラス瓶や陶器類は重いうえに壊滅的な破損の危険が高いため、水を失うことが生命の危険に直結するような乾燥地帯での長旅には適さない。そこで、大量の水を持ち歩く必要性のあった乾燥地帯では、軽くて容量を稼げる革袋系の水筒が主流となっていた。普通の革(表皮)で作った袋では毛穴や縫い目から水がしみ出るので、耐水性を持たせやすく、もともと袋としての形状を持っている胃袋や膀胱を利用して水筒を製作することが多かった。の胃袋で作った水筒に水ではなくを入れて運んだところ、中の乳が凝固してチーズが偶然生まれたという説はよく知られている。

逆に、日本を含む水の豊富なアジア地域では一度に大量の飲料水を持ち歩く必要性が少なく、竹筒やヒョウタンのようにコンパクトで手軽な容器が多く利用されていた。ちなみに、英語圏では水筒に対してWater bottle(水-瓶)やWaterskin(水-革)といった表現があるのに対し、日本では「水-」と呼ぶのは、竹を用いるのが一般的であったからだと言われている[誰によって?]

近代に入って各国で都市化と水道整備が進んでからは、もっとも大量に製造された水筒は個人装備の軍用品としてであり、登山などの野外スポーツで使用する水筒にも、軍用品やその派生商品を利用することが普通であった時代が長く続いた。各国ともに様々なスタイルの水筒が軍隊ごとに採用されていたが、初期にはブリキ製、後にはアルミニウム製の水筒が主流となり、キャンバスのカバーで覆われた金属製の水筒を肩や腰から下げるスタイルは、ごく一般的な兵士の装備であった。金属製の水筒は頑丈であることに加え、緊急時には直接火にかけてお湯を沸かすことも可能なため、戦場でのサバイバル装備として適している。中にはお湯を沸かしやすいよう、水平に置いた時にやかんの形状になるように工夫された水筒や、専用カップと固形燃料用の燃焼台などがセットになった水筒などもある。

近年では[いつ?]軍用水筒も徐々にプラスチック製品へと移行しつつあるが、長年の実績と、火にかけられるというメリットを持つ金属製水筒もいまだ健在である。

水筒の保温のメカニズムは、エントロピーの増大則に逆らって外の外気の温度と内側の液体の温度差を保つことにある。保温と保冷を比較した場合、外気との温度差の大きい高温の液体を保温することは、保冷よりより敷居が高くなる。したがって、外界の気温との差が大きい状態で液体を長時間高温状態に保つことが要求される登山向け製品の場合、簡易なワンタッチ式の中栓を採用せずに、利便性を犠牲にしてもあえて断熱性の高い古典的なスクリュータイプの栓を採用している場合がある[2]

ペットボトルとの競合[編集]

日本では自動販売機コンビニエンスストアの販売網拡大に伴い、1990年代後半から全国どこでも容易に手に入るペットボトル入りの飲料が10代から30代の若者を中心に水筒の代替品として使用されることが増えており、製品としての水筒が使用されることは減少している。

ペットボトルを携帯する際には、別売の専用ストラップに吊り下げて携帯したり、ペットボトルカバータオルなどに包ませて保温性(保冷性)を高めて使用することがあり、ペットボトルを水筒の代わりとして利用する事を前提とした関連商品も各種開発されている。

また、逆にペットボトルに馴染んだ年齢層に向け、あえて外観をペットボトルと似せた「直飲みボトル」と呼ばれる魔法瓶タイプの水筒も販売されている。これは、従来の魔法瓶のように一旦カップなどに中身を移して飲むのではなく、普通の水筒やペットボトルのように直接口を付けて飲みやすいように作られていることから来た名称である。

なお、ペットボトルを範とした直飲みタイプの魔法瓶水筒が「コールドドリンク専用」となっているのは、使用しているプラスチック部品の耐熱温度よりも、誤って熱い飲み物を直接のどに流し込んで口腔内を火傷する危険を避けるためである。このため、ホットドリンク兼用の直飲型魔法瓶水筒は、口にくわえるタイプの飲み口は付けずに縁から飲むマグカップタイプとしていることが普通である。

いずれも、ペットボトルとサイズを共通化した水筒は、自動車用のドリンクホルダーを始め、前述の関連商品などの利用環境を共有できるといったメリットがある。

現代の水筒[編集]

現代の水筒は、主にアルミニウムポリカーボネートをはじめとした各種の合成樹脂ステンレス、さらにチタンなど、軽くて強度のある材料で作られている。

他に、学校での遠足ピクニック・外出等によく用いられる、保温・保冷機能を持つ魔法瓶タイプのものに関しては、ガラス製の二重真空構造の内瓶とプラスチックまたは金属製の外装を組み合わせたものが長らく主流であったが、近年では[いつ?]耐久性・耐衝撃性を重視し、オールステンレス製品への移行が著しい。

スポーツ医学の発展に伴い、かつての「水を飲むとバテるから練習中にはのどの渇きを我慢する」といった根性論に基づくトレーニング法が廃れ、熱中症などの危険を避けるためにものどの渇きを覚えた際には出来るだけすみやかに水分を摂取し、脱水症状を防ぐべきだという考え方が主流になっている。これに伴い、運動中に常に飲料を携帯する容器として水筒の重要性が見直されるようになった。市民マラソンなどのスポーツイベントの場においては、片手に自前の水筒(スポーツボトルなどと呼ばれる)を持ちながら走っているランナーの姿を多く見ることができる。

かつては、学校での遠足やピクニック・外出などでは水筒をぶら下げながら使用する光景が一般的であったが、先述した通り主にストラップやカバーなどを付けたペットボトルに代わりつつある。

ロードレースに代表される自転車競技では断続的に小まめな水分補給が必要になるため、自転車フレームボトルケージを取り付けるためのねじ穴が予め開けられており、走行しながら開閉し飲みやすく工夫された複数の小さなボトルを携行する。

同様に長距離を走るサイクリング等でも利用されるが、公道において走行中の水分補給が片手運転になる場合は日本の法律に触れるため、信号等で停車中に素早く補給を済ませる為に利用される。

また、1990年代頃より登場した、プラティパスに代表されるフィルム状の柔軟な高性能プラスチックで作成された水筒は、かつての「水袋」や「ビニール袋」のイメージとは異次元の物であり、柔軟でありながら強度も高く、滅多なことではパンクしない。しかも高温にも強く、消毒などのために煮沸もできる。使用しない時には平らに潰したり折り畳んだりしてコンパクトに運ぶことができ、非常に軽量でもあるため、登山など装備の小型軽量化を重視するアウトドアスポーツでは瞬く間に主流となった。

さらに、これらの柔軟なプラスチックフィルムの大容量水筒を背中のバックパックの中に収め、口元まで伸びるドリンキング・チューブを装着することで重い水を運ぶ負荷を軽減させ、かつ動きながらでもチューブを口に咥えれば即座に水を飲めるというハイドレーションシステムへと進化しており、トレイルランニングのように長時間にわたって運動量の高いスポーツでは多く利用されている。

水筒の復権[編集]

昨今では[いつ?]健康上の観点から、多量の糖分が含まれているスポーツドリンク食品添加物の入ったお茶などのペットボトル飲料を避け、水筒に自前の水やお茶を入れて持ち歩く人も増えてきている。また、外出先で安易に飲み物を買ってペットボトルやなどの資源を消費するのではなく、昔のように自分の水筒(マイボトル)に飲み物を詰めて持っていくことの意義が再認識されつつある。

利用する上での留意点[編集]

日常的な水筒の利用が復権しつつあると同時に、ペットボトルの普及でこれまで日常的に水筒を利用することが無かった世代が増えているため、知識不足に伴う衛生上のトラブルも発生している。

例えば、市販されているペットボトル入りのお茶に保存性を高める食品添加物が含まれていることを知らないため、あるいはそれらが密閉して販売されていることを考慮せずに「お茶は腐りにくいものだ」と誤解し、前日から自前で作り置きしたお茶を水筒に詰めて夏場に持ち歩いてしまうことなどで、食中毒のような健康上のトラブルが発生する可能性がある。お茶は植物の成分を煮出した液体であり、特に栄養分が豊富に含まれた麦茶などは、一部の微生物にとっては増殖に適した培地のような環境にもなりうる。通常、お茶を作った時には同時に煮沸消毒されていることが多いために問題にならないが、これを冷やすために保存用のボトルに詰めたり、水筒に移し替えたりする際に付着した細菌は、水筒内で容易に繁殖する。特にキャップの内部形状が複雑な魔法瓶型の水筒は、洗浄や消毒を怠ると菌が付着しやすい。消毒されている水道水に比べ、自家製のお茶やジュース等ははるかに傷みやすい物だということを理解して水筒を利用することが大切である。

したがって水筒に純水以外を入れる場合、細菌の繁殖を防ぐために冷温もしくは高温で保温できる魔法瓶タイプが望ましい。氷が残っている場合、細菌の繁殖がある程度防げている指標になる。

軍用水筒[編集]

軍用の水筒の場合、一般に飲料水を煮沸消毒することができるよう加熱可能な金属製の材質が使われている。液体を移して加熱できるキャンティーンカップ英語版が外装されているタイプもある。

大日本帝国軍の水筒[編集]

旧日本軍下士兵用

大日本帝国陸軍では、准士官以上用と下士兵用とがあった。前者は大正元年9月制定で、筒(アルミニウム。口金は白銅)、口栓(アルミニウム。下部はコルク)、水呑(白銀)、筒覆(茶褐色厚毛織)、紐などから成った。下士兵用は明治31年10月制定で、筒は茶褐塗アルミニウムで、コルク口栓、紐が付いた。携帯法は、騎兵の場合にはサーベルを振り回すときに干渉しないように右肩から左脇に掛け、その他はこの反対であった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

関連項目[編集]