松山棟庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松山 棟庵(まつやま とうあん、1839年10月23日天保10年9月17日) - 1919年大正8年)12月1日)は、紀州藩出身の幕末・明治日本医師大学東校大教授慶應義塾医学所校長。東京慈恵会医科大学創立者。初名は勤。棟庵は名で、は功、は棲菝で尊生舎と称した。

人物[編集]

紀伊国那賀郡神田村(現・和歌山県紀の川市)で。医師・松山庄太郎の四男として生まれた。兄は蘭方医・新宮凉庭の養子凉介。帯刀を許されていた藩士で、浜口梧陵と共に、福沢諭吉を6000石で紀州藩に招聘しようと企てたが拒否されたため、紀州和歌山藩の選抜留学生として江戸の慶應義塾に派遣される。紀州藩士の慶應義塾留学に重要な役割を果たしたといわれる山口良蔵が同門に居る。

蘭学を修めたのち慶應義塾へ入学、英学を修めた。1871年明治4年)大学東校の助教に就任、のち大教授となった。日本国最初の英語医学書の翻訳出版など多くの書物を残す。棟庵は師の命によって、慶應義塾の規則書を手本にして、草稿を作り、福澤諭吉はこれに手を加えた。

1873年(明治6年)から1880年(明治13年)の間慶應義塾医学所の校長。その間1875年(明治8年)三田に医局を開いた。1886年(明治19年)東京医学会を興し、その後共立医院(慈恵医院の前身)を設立。1891年(明治24年)東京慈恵医大を設立した。

上記以外の棟庵の事績としては松山病院を創立したことや東京医学会(後の日本医師会)、成医会大日本私立衛生会の設立に尽力したことがあげられる。

家族・親族[編集]

松山棟庵の四女・としは岩崎弥太郎の三男・康弥に嫁いだ[1]。そのため松山家は三菱財閥の創業者一族・岩崎家と姻戚関係で結ばれることになった。杉本甫の妻・和歌子(岩崎康弥・とし夫妻の三女)や勝田正之の妻・寿々子(康弥・とし夫妻の四女)は棟庵の孫娘で[1]鎮西清高の妻・由利子や地球科学者岩崎泰頴(ともに康弥・とし夫妻の孫、泰頴・由利子兄妹の父・岩崎精一郎は康弥の長男)、児童文学作家勝田紫津子(勝田正之・寿々子夫妻の長女)は棟庵の曾孫にあたる[1]。勝田正之は勝田主計の甥で[1]、杉本甫は小川平吉の長男・一平の義弟である[2]。そのため松山家は岩崎家を通じて勝田家や杉本家と姻戚関係で繋がっている。

一方岩崎泰頴・鎮西由利子兄妹の母、すなわち棟庵の孫の妻・小枝子は酒井忠克伯爵の次女であるが、小枝子の妹・寿枝子が住友元夫に嫁いでいるため[3]、松山家は岩崎家・酒井家を通じて住友財閥の創業者一族・住友家とも姻戚関係を持った。また住友元夫の姪が安西正夫の次男・直之に嫁ぎ、直之の兄すなわち正夫の長男・孝之皇后美智子の妹・恵美子(美智子・恵美子姉妹は正田英三郎の娘である)を娶ったため、松山家は岩崎家・酒井家・住友家・安西家・正田家を通じて皇室の係累となった。

なお棟庵の姪・小百合は官僚木場貞長に嫁いでいる。小百合の父・新宮涼介は棟庵の長兄である。

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菊地四郎
 
 
菊地康夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菊地敏之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和子
 
 
菊地邦夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大木誠治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武田漸
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜勢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佳子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜代子
 
 
武田康嗣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎久弥
 
 
 
 
 
 
八嶋廷
 
 
 
 
 
 
 
岩崎弥次郎
 
 
 
 
 
 
 
岩崎豊弥
 
 
和歌子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎弥太郎
 
 
岩崎秀弥
 
 
 
 
 
 
 
佳栄子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美和
 
 
岩崎弥之助
 
 
岩崎康弥
 
 
杉本甫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松山棟庵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美保
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とし
 
 
とみ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松山庄太郎
 
 
乃婦
 
木場貞長
 
 
阪西徳太郎
 
紀久子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勝田正之
 
 
 
 
 
 
勝田康裕
 
 
 
 
 
 
 
 
新宮凉介
 
小百合
 
 
 
 
 
 
 
勝田芳正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新宮凉庭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寿々子
 
 
紫津子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
由美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎正秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩崎精一郎
 
 
岩崎泰頴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鎮西清高
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小枝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
酒井忠博
 
 
由利子
 
 
 
 
 
 
酒井忠義
 
酒井忠道
 
酒井忠克
 
 
松平頼明
 
 
住友芳夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
住友信夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
香枝子
 
 
北島義俊
 
 
北島義斉
 
 
 
 
 
 
 
 
住友友訓
 
 
 
 
 
 
寿枝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
住友友視
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喜代子
 
 
北島元治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
住友友親
 
 
住友友忠
 
 
住友元夫
 
 
岩尾正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
登久
 
 
満寿
 
 
 
 
 
 
 
登美子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司輔煕
 
 
 
 
 
 
 
佐々木行忠
 
佐々木行美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司政通
 
 
 
 
 
 
 
住友友純
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳大寺公純
 
 
西園寺公望
 
 
 
 
 
 
 
邦子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳大寺実堅
 
 
 
 
 
 
 
徳大寺実則
 
 
住友友成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
博子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安西正夫
 
 
安西直之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
森矗昶
 
満江
 
 
安西孝之
 
 
 
 
 
 
英照皇太后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭憲皇太后
 
正田貞一郎
 
正田英三郎
 
 
恵美子
 
 
 
 
 
 
 
孝明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正田巖
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明治天皇
 
 
 
 
 
冨美
 
 
正田修
 
 
皇太子徳仁親王
 
 
 
 
 
 
中山慶子
 
 
 
 
 
 
大正天皇
 
 
 
 
 
 
美智子皇后
 
 
秋篠宮文仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
柳原愛子
 
 
 
 
 
 
昭和天皇
 
 
 
 
 
 
 
黒田慶樹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞明皇后
 
 
 
 
 
 
今上天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
香淳皇后
 
 
 
 
 
 
清子
 

主な訳書[編集]

  • 『窒扶斯新論』
  • 『黴毒小箒』
  • 『初学人身窮理』
  • 『傑氏万邦史略』
  • 『地学初歩』

参考文献[編集]

  • 『朝日日本歴史人物事典』 朝日新聞社編、朝日新聞社、1994年11月ISBN 4-02-340052-1
  • 『昭和人名辞典』第1巻 東京篇、日本図書センター、1987年10月ISBN 4-8205-0693-5
  • 慶應義塾出身名流列伝』 三田商業研究会編、実業之世界社、1909年(明治42年)6月。近代デジタルライブラリー
  • 『財界家系譜大観』 現代名士家系譜刊行会、1977年12月1日、第3版、511頁。
  • 『財界家系譜大観』 現代名士家系譜刊行会、1980年8月1日、第4版、416頁。
  • 『財界家系譜大観』 現代名士家系譜刊行会、1982年8月1日、第5版、450頁。
  • 佐藤朝泰 『門閥 旧華族階層の復権』 立風書房、1987年4月10日ISBN 4-651-70032-2

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『財界家系譜大観』 第3版 - 第5版。
  2. ^ 『昭和人名辞典 第1巻 東京編』、524頁。
  3. ^ 『門閥』 262-263頁、271頁。

外部リンク[編集]