北島義俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北島義俊 (きたじまよしとし、1933年8月25日 -)は大日本印刷の会長。前々社長の北島織衛の長男[1]。妻は住友元夫の長女・喜代子。息子は北島義斉(大日本印刷の社長)、北島元治(大日本印刷の専務執行役員)[2]

略歴[編集]

日本人最高の報酬[編集]

2010年3月期の有価証券報告書で、北島義俊の2010年3月期の報酬が7億8700万円だったと明らかになった。この報酬はこれまで明らかになった中では、日本人最高額である。報酬の内訳は、大日本印刷からの基本報酬が7億1000万円で大半を占めた。[3]。 また、トップと社員(従業員平均年収647万円)の「年収格差」は122倍と、こちらも日本人トップとの差では最高であった[4]

栄典[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]