十仁美容整形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般財団法人日本美容医学研究会 日本美容医学研究会付属 十仁美容整形(にほんびよういがくけんきゅうかい にほんびよういがくけんきゅうかいふぞく じゅうじんびようせいけい)[1]は、日本の美容整形外科の無床[2]診療所。現在は東京都中央区銀座8丁目にある。旧称は十仁病院

概要[編集]

美容外科という診療科目がない頃から美容整形医学の研究を重ねてきた日本最古の美容整形病院である[要出典]。 1931年に医学博士であった梅澤文雄が東京都台東区御徒町に「回春堂医院」を開院。1938年新橋駅銀座口(新橋1丁目12番地)の正面に「十仁病院」を開設。2005年4月をもって銀座8丁目の天國ビル5階へ移転した[3]。なお、元の病院の跡地には「ヤマダ電機LABI新橋生活館」のビルと「光和ノナビル」が建っている。

沿革[編集]

  • 1931年 - 初代院長・梅澤文雄により御徒町に回春堂医院を開院。漢方を用いた抗老化医学(現在でいうアンチエイジング)を施す。
  • 1938年 - 新橋駅前に十仁病院を開設。主に外科・泌尿器科として診療。並行して美容整形を研究。
  • 1941年 - 第二次世界大戦に伴い、首都防衛第一救護所に指定される。
  • 1945年 - 終戦後、総合病院として診療再開(美容整形外科診療も含む)。
  • 1948年 - 日本美容医学研究所を設立。
  • 1965年 - 日本美容学会を設立。
  • 1972年 - 高級婦人服の製造販売を行う十仁プラザを創立(1983年・法人化、2012年・事業撤退[4])。
  • 1977年 - 日本美容整形学会より医療法第70条を改正して「美容整形科」を診療科名に制定するよう厚生省及び自民党に要望。
  • 1978年 - 「美容整形科」は「美容外科」として国会で正式に認証される。
  • 1980年 - 国際美容外科学会を設立。
  • 1984年 - 2代目院長・梅澤文彦[5]が日本美容医学研究所理事長就任。1987年、十仁病院(新橋本院)院長に就任。
  • 2005年 - 本院が新橋から銀座8丁目に移転、これにより法規上診療所扱いとなった事から名称を現在の「十仁美容整形」に改称。
  • 2017年1月9日 - 2代目院長・梅澤文彦が死去[6]。享年83歳。同年5月29日には、梅澤前院長に日本美容外科学会から感謝状が贈られた[7]
  • 2017年 - 前院長の死去に伴い、鳴海栄治が3代目院長に就任。

脚注[編集]

  1. ^ 東京都医療機関情報案内サービス"ひまわり" における2010年12月14日現在の医療法上の届出正式名称。ふりがなも同サービスによる。
  2. ^ 十仁病院時代は整形外科以外に皮膚科、眼科、婦人科、耳鼻咽喉科、矯正歯科といった診療科目があり、病室も存在した。現在は整形外科、形成外科、美容外科の3科目がある。
  3. ^ 十仁美容整形HP(アクセス・地図)
  4. ^ 十仁プラザ information「閉店のお知らせ」
  5. ^ 文彦は5歳の時交通事故で頬の肉が裂ける重傷を負い、父・文雄の手による整復手術で傷跡を残さず完治した事がきっかけで整形外科医を志したという(本人のブログ)。
  6. ^ 日本美容外科医師会ニュース(2017年3月31日、117号)
  7. ^ 前院長 梅澤文彦(故人)に日本美容外科学会から感謝状”. 十仁美容整形HP「ニュース」 (2017年5月29日). 2017年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]