九州大学の建築物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

九州大学の建築物(きゅうしゅうだいがくのけんちくぶつ)では、九州大学の建築物について説明する。

箱崎地区[編集]

旧工学部本館、旧工学部応用物質化学機能教室、旧工学部超伝導システム科学研究センター、旧道路工学実験室、旧工学部航空工学教室の5つの建築物は、近代化産業遺産群に指定されている[1]

伊都地区への移転に伴い、箱崎地区の建築物は一部を除き解体される予定であり、すでに解体が開始されている。保存が予定されているのは、工学部本館、本部第一庁舎、本部第三庁舎、正門、正門門衛所、煉瓦塀の一部である[2]

2015年(平成27年)10月16日と10月18日には、「近代建築物撮影ツアー」が開催された。キャンパス移転に伴い解体が予定されている旧応力研生産研本館(法文学部本館)・応用物質化学機能教室(応用化学教室)・旧文学部心理学教室・工学部高温度化学実験室・第三学生集会所(三畏閣)が対象建物となった[3]

帝国大学時代に建てられた建築物[編集]

九州大学本部第一庁舎
九州帝國大學工学部本館
本部第一庁舎[4]
竣工:1925年(大正14年)3月
設計者:倉田謙
施工:佐伯工務所
構造:煉瓦造2階建て
本建物の建材は1923年(大正12年)12月に焼失した旧九州帝国大学工学部本館(1914年(大正3年)3月竣工)の煉瓦等を再利用したものである。施工後工学部仮実験室及び研究室として活用され、1928年(昭和3年)3月に法文学部本館に存在した大学本部事務局が同地に移転し現在に至る。
九州大学正門
正門[5]
(九州帝國大學工科大學正門)
竣工 1911年(明治44年)
構造 煉瓦造
旧工学部本館
(旧)工学部本館[6]
(九州帝國大學工學部本館)
起工 1928年(昭和3年)11月
竣工 1930年(昭和5年)11月
設計 倉田謙
施工 清水組
構造 鉄筋コンクリート造3階建て、塔屋付
近代化産業遺産
旧応力研生産研本館
(旧)応力研生産研本館[7]
(九州帝國大學法文學部本館)
竣工: 1924年(大正13年)4月に起工、前面(東側)・1925年(大正14年)2月、背面(西側)・1926年(大正15年)3月
設計: 倉田謙
施工: 前面=岩崎組 背面=佐伯工務所
構造 鉄筋コンクリート造3階建て
1925年(大正14年)9月、大学本部事務所が医学部構内から本館内に移転し、1928年(昭和3年)3月に工学部第一新館へ移転するまで機能した。解体済み。
(旧)九州大学工学部航空学教室
(旧)工学部航空工学教室
(九州帝國大學工學部航空學教室)
竣工 1939年(昭和14年)3月
設計 島岡春三郎坪井善勝
施工 辻組
構造 鉄筋コンクリート造3階建て、塔屋付
近代化産業遺産
塔屋は飛行場管制塔をイメージして設計されている。
(旧)工学部応用物質化学機能教室(応用化学教室)
(旧)工学部応用物質化学機能教室(応用化学教室)[8]
(九州帝國大學工學部応用化學教室)
竣工 1927年(昭和2年)10月
設計 倉田謙小原節三
施工 佐伯組
構造 鉄筋コンクリート造4階建て
近代化産業遺産
解体済み。
農学部(六号館)
農学部(六号館)
(九州帝國大學農學部農芸化學本館)
竣工 1938年(昭和13年)9月
設計 國武周蔵
施工 清水組
構造 鉄筋コンクリート造3階建て
アドミッションセンター
アドミッションセンター(文学部心理学教室)
(九州帝國大學法文學部心理學教室)
竣工 1927年(昭和2年)3月
設計 倉田謙
構造 鉄筋コンクリート造2階建て

新制大学時代に建てられた建築物[編集]

創立五十周年記念講堂
九州大学創立五十周年記念講堂
竣工:1967年(昭和42年)
設計者:九州大学光吉健次研究室+綜合建築設計研究所
九州大学の創立50周年を記念して建設された講堂。設計は九州大学工学部建築学科教授であった光吉健次らによる。1階部分は食堂になっており、講堂には前面に設けられた大階段を上って2階からアクセスする。

病院地区(馬出地区)[編集]

帝国大学時代に建てられた建築物[編集]

医学部基礎研究A棟
九州大学医学部基礎研究A棟
(九州帝國大學醫學部第一・第二・第三内科教室及び病室)
竣工: 1931年(昭和6年)4月
設計: 岩崎圓吾倉田謙
施工: 大林組(鉄筋コンクリート造3階建て、一部4階、地下1階)
リフォームされ、1Fに生協購買部、食堂がある。
医学部基礎研究B棟
医学部基礎研究B棟
(九州帝國大學醫學部法醫學・細菌學・衛生學教室)
竣工 1935年(昭和10年)8月
施工 金子組
構造 鉄筋コンクリート造3階建て、地下1階
歯学部臨床研究棟
歯学部臨床研究棟
(九州帝國大學醫學部齒科口腔外科・整形外科棟)
竣工: 1934年(昭和9年)
設計:國武周蔵
施工: 辻組(鉄筋コンクリート造3階建)
九州大学医学部正門守衛所
九州大学医学部正門守衛所
京都帝國大學福岡醫科大學正門門衛所)
竣工: 1903年(明治36年)4月
設計 文部省建築課福岡出張所
構造 木造平屋建て、瓦葺
九州帝国大学医学部第一外科教室及び病室
(九州帝國大學醫學部第一外科教室及び病室)
竣工 1927年(昭和2年)3月
設計 倉田謙
施工 岩崎組
構造 鉄筋コンクリート造3階建て、一部4階、地下1階
2008年まで九州大学医系生協の建物として活用されたが取り壊され、外来診療棟前駐車場が建設された。

新制大学時代に建てられた建築物[編集]

臨床施設[編集]

九州大学新病院
第一期~三期までからの三棟からなる。総工費1,000億円
規模:地上11階 地下1階 高さ56m
延べ面積:約118,000m2
工事期間:1998年(平成10年)4月 - 2001年(平成13年)10月 - 2008年(平成20年)3月
地上11階、地下1階、高さ56m 、延べ床面積約12万m2の、文部科学省所管の全ての施設の中でも最大規模の病院である。また国立大学の建築物として初めて、免震システムを採用している[9]
新外来棟(新病院第三期棟)
地上5階、地下1階建て
小児科小児外科歯科を除く28診療科の外来を集約
ウェストウィング
2008年(平成20年)3月竣工。

研究施設[編集]

コラボ・ステーション I
竣工 2000年3月
施工三井住友建設
設計・監理 綜企画設計
構造・規模 SRC造・地上9階
延床面積 5,194m2
コラボ・ステーション II
施工 溝江建設
構造 鉄筋コンクリート造 地上7階 地下1階 塔屋1階建
延床面積 10,562.96m2
総合研究棟
施工 大林組若築建設善工務店特定建設工事共同企業体
竣工:2004年(平成16年)10月
建築面積 1,890m2
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、地上9階・地下1階建、
延床面積:12,110m2
生体防御医学研究所
竣工:1984年(昭和59年)
敷地面積 2,458m2
建物面積 10,194m2

教育施設[編集]

医学部臨床研究棟A棟
竣工:1975年(昭和50年)
延床面積5,828m2
医学部臨床研究棟B棟
竣工:1976年(昭和51年)
延床面積6,874m2
臨床機械室・剖検室
竣工:1976年(昭和51年)
医学部保健学科
(旧九州大学医療技術短期大学部
竣工1981年(昭和56年)
延床面積406.5m2
薬学部本館
竣工:1967年(昭和42年)
延床面積: 7,977m2竣工。

その他[編集]

図書館医学分館
1956年(昭和31年)竣工
附属図書館医学部分館として開館
医学部百年講堂
学会や各種講演に使われている。カフェテリアが設置されている。
2008年(平成15年)竣工
敷地面積: 4,377.50m2
建築面積: 2,789.42m2
延べ面積: 3,102.42m2

別府地区(大分地区)[編集]

六本松地区[編集]

キャンパス外[編集]

西新外国人教師宿舎
所在地:福岡県福岡市早良区西新2丁目16番地
もとは旧制福岡高等学校の施設。1924年に1,2号棟、1927年に3号棟が竣工。1999年に使用停止し3号棟のみ現存、福岡市指定文化財。

脚注[編集]

外部リンク[編集]