九州大学電算センターファントム墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

九州大学電算センターファントム墜落事故(きゅうしゅうだいがくでんさんセンターファントムついらくじこ)は、1968年6月2日福岡県福岡市東区箱崎九州大学箱崎地区内にアメリカ空軍ファントム偵察機が墜落した航空事故である。

経緯[ソースを編集]

事故の発生[ソースを編集]

1968年6月2日22時48分頃、アメリカ空軍板付基地第313航空師団第15戦術偵察飛行隊所属のRF-4Cファントム偵察機が、当時、九州大学箱崎地区内に建設中であった九州大学大型計算機センターの屋上に墜落。大型計算機センターは炎上し、5-6階が全壊した。ファントム機の残骸は建物にぶら下がった状態となった。当日は日曜日で建設工事は行われておらず、また、搭乗員のパイロット2名は墜落直前にパラシュートで脱出していたため、人的な被害はなかった。

墜落したファントム機が所属する部隊は、沖縄嘉手納基地に駐在していたが、1968年1月23日に起こったプエブロ号事件に対応するために韓国に展開し、その後、2月16日に板付基地に移動していた。

事故への反応[ソースを編集]

事故の翌日の6月3日には、九州大学総長水野高明が米軍及び日本政府に対し抗議声明を発表。学生や教職員約4,000人が抗議デモを行った。デモはこの後も連日続き、6月4日には総長も参加した約6,000人の市内デモが、6月5日にも総長が参加し約4,000人のデモが行われた。

残されたファントム機の残骸については、学内では大学自治の観点から米軍による撤去を拒むことでは一致していたものの、自主引き降ろしをするか、反戦のシンボルとして残すかで意見が割れた。7月9日に評議会が自主引き降ろしを決定すると、引き降ろし反対派の学生らは作業を実力で阻止し、8月1日には大型計算機センターの残骸をバリケードで囲って占拠した。

8月23日には、九州大学が残骸を保管するために機体保管庫の建設を開始しようとしたが、反対する学生と衝突。21名の負傷者を出し、建設作業は中止された。

残骸の除去[ソースを編集]

その後、大型計算機センターの占拠は膠着状態に陥ったが、1969年1月5日午前2時頃、ファントム機の残骸が何者かによって除去されるという事件が発生した。事件当時、理学部中門に駐在していた警務員は、午前1時50分頃に、ヘルメットをかぶり顔をタオルで隠した男達に脅されて中門を開けたこと、門外に待機していた十数名の男がブルドーザーで学内に入り、ファントム機にロープを掛けてブルドーザーで引きずり降ろしたことを証言している。

水野高明総長は、同日中に辞意を表明、1月23日に辞任を了承される。大学は事件調査委員会を設置し、調査を行ったが、5月2日に提出された調査報告では、学内の関与の疑いが指摘されたものの、実行者は特定されないままとなった。

ファントム機は、同年10月14日に約4,000名の機動隊によって反対する学生を排除しつつ九州大学から搬出され、板付基地に移された。

事件の影響[ソースを編集]

九州大学では学生運動が活発化し、1968年度の卒業式は中止になった。1969年5月20日からは全学的に各学部自治体が無期限スト、建物のバリケード封鎖を行い、10月14日には機動隊約4,400人が導入されて封鎖を解除する事態となった。

この間、1969年8月には大学の運営に関する臨時措置法(いわゆる大学立法)が制定された。

大型計算機センターの建築工事は1969年12月25日に再開され、1970年3月に竣工。5月8日に開所式が行われた。

その後、九州大学では箱崎地区の狭隘さだけでなく、滑走路の延長線上に位置することによる騒音や高さ制限の問題、さらにはこのような航空機墜落の再発も懸念されたことから移転することとなり、2019年には箱崎地区から完全に移転する予定である。

関連項目[ソースを編集]

参考文献[ソースを編集]

  • 九州大学七十五年史(通史)

外部リンク[ソースを編集]